FC2ブログ


ももPAPAです。


今回は音楽のみに絞った内容になります。


チューブアンプに繋いだストラトのカラっとした音をナチュラルに歪ませた音が好きで、6年ほど前、背伸びして思い切って購入 これまで練習用に使っています。


s-image202003191559126df.jpg


ストラトキャスターのピックアップとして採用されているシングルコイルピックアップは高音域でキレのよいサウンドを味わえる反面、構造上ノイズを拾いやすく、歪み系のサウンドメイクには非常にナーバスなセッティングが求められます。

言い換えると、セッティングがバッチリ決まり、特性を把握した上でプレイすると、"ストラトってこんなイイ音で鳴るんだ!"と、他でもないギタリスト自身が驚く そんなギターなんですね。

"使うギタリストの調整次第でありながら使うギタリストを選ばない"

そんな、"懐の深さ" こそがストラトキャスターというモデルが世界中で愛されている最大の理由なんでしょうね。



海外のミュージシャンで、ストラトを多用している人といえば この人
"ジョン・メイヤー"

彼はソングライターとしてのセンスと才能も高く、甘く スモーキーな歌声で愛用のストラトキャスターを弾きながら歌う曲はとても魅力的で自分も好きです。

ナチュラルに歪ませたマイルドなトーンのギターサウンドが曲と歌にとてもマッチしています。


s-john-mayer-promo_202007122223305fd.jpg


Slow Dancing In A Burning Room (Live in L.A.)



そして、前回も登場した ジャック・サマラット

彼の程よく歪ませたメローなサウンドでジワ~っと泣きのフレーズが展開していくプレイがたまらなくいい感じで惹き込まれます。


s-jack1_2020071222322002b.jpg


Jack Thammarat "Emotive Ballad"





昨日は、チヨ坊の 10回目の月命日でした。

笑顔の写真を見ていると、"チヨ坊はパパの思いをしっかりと感じてくれてたんだね。"
って改めて感じています。


s-IMG2410.jpg


もうそろそろ夏が来るね





スポンサーサイト



line


ももPAPAです。

昨夜 深夜からシトシト小雨が降る音で、また明日も雨か そういえばきのうの予報で雨マークだったな と・・

ひと晩明けて朝 窓を開けたら、予想に反して朝日が照っていました。 暑い1日になりそうです。


で、ブログ巡りをしてるとき 偶然見つけたのがこの凄い情報


s-達郎


山下達郎、初のライブ映像配信が決定 ⾼⾳質動画配信サービス『MUSIC/SLASH』のこけら落とし配信に出演(コメントあり)

MUSIC/SLASH のサイトはこちらになります。 →  MUSIC/SLASH

コロナが未だ終息の気配を見せていない中、ミュージシャンの方たちにとってLIVE活動ができない状況というのは、ファンとの繋がりや自身の活動が限られることとなって切実な問題です。
どんなにライブをやりたくてもやれない。しかも、いつまで続くかも分からない。再びリアル・ライヴができるようになるまでのあいだ、違う可能性を必死で探さなくてはならない・・

そんな状況の中、ならば、パソコン、スマホなど、ネットを介してのヴァーチャルなライブ活動を模索しよう、今までのリアルなライブ体験にどこまで⾁薄できるか、どこまで再現できるか、果敢に挑戦しようという思いから、2020年7⽉30⽇(⽊) 20時00分より、『TATSURO YAMASHITA SUPER STREAMING』と題し、ファンの中では伝説となっている⾬の中⾏われた2017年の氣志團万博での圧巻のパフォーマンスおよそ40分を配信することに加え、2018年の京都拾得でのアコースティック・ライヴから数曲を初公開

ミュージシャン・アーティスト向け業界史上最⾼レベルの⾳質による新たな動画配信サービス『MUSIC/SLASH(ミュージックスラッシュ)』初の配信となる“こけら落とし配信”に出演することが決定


配信は今月(7月)30日

視聴するにはチケットを購入しなければなりませんが、これはめったにないチャンス と思ってトライアル視聴を試してみたところ何と視聴不可とのことらしく・・_| ̄|○ 

どうやらPCのOSが対象外  となると ワイヤレスイヤフォン装着でスマホ(iPhone)視聴がいいかなぁ 
とりあえず、e-プラスに登録だけはしておきました。







今朝、ニュースをザっと見て、その中で気になる記事があったのでシェアさせて頂きます。 
少し前のことになりますが・・


s-DSC02303-e1535601523627-550x467.jpg



中国の脅威を軽視!? 玉城知事がツイート「中国が沖縄を侵略している事実はありません」 沖縄の大手メディアが全く問題視しないワケ


これは沖縄県石垣市で、現在 地方紙「八重山日報社」編集長 仲新城誠(なかしんじょう・まこと)氏による見解です。

2012年9月の尖閣諸島国有化以降、7月2日の時点で尖閣周辺で中国当局の船が確認されるのは80日連続と過去最多となっています。7月2日には中国海警局の船4隻が航行しているのを海上保安庁の巡視船が確認しています。

"中国が沖縄を侵略している事実はありません"- 玉城知事は5月末、ツイッターでこう発信し、ネット上で波紋を広げ、"尖閣の状況については海上保安庁が我が国の領土・領海を守るため鋭意対応しています" とも強調

それも、中国公船が尖閣周辺海域に領海侵入し、地元漁船を追尾する事件があった直後のタイミングというから穏やかではありません。

5月、中国海軍の空母を含む艦隊や艦船が沖縄本島と宮古島間を通過し、太平洋へ向かう姿が確認されたときも、玉城知事は"艦船が国旗を掲げて通行する権利は国際法で認められています"と、抗議する姿勢を見せなかったといいます。

沖縄本島の主要な言論人がいまだに離島に対する "圧政の歴史"や現代に綿々とつながる "離島軽視"に向き合おうとせず、尖閣より辺野古が優先される というような現実がもしあるとしたら ゆゆしき問題であるといわざるをえません。

そんな状態を放置していたならば、チャイナは兵糧攻めのように沖縄周辺の島々から徐々に潰しにかかる可能性はゼロではありません。 離島差別の払拭に加え、そういった危機感をもっともっと、少なくとも知事という立場であるなら意識して頂きたいと切に願います。






というようなところで、今回はこの曲をピックアップしてみました。
これからの季節、この爽やかなギターカッティングサウンドを聴くだけで心地いい気分になります♪ 



s-スパークル


SPARKLE  山下達郎





そして、こちらは この曲のイントロカッティング分析動画です。


s-達郎2


山下達郎さんの「Sparkle」のイントロカッティングが大好き!【ギターカッティング.リズムギター】



line


ももPAPAです。


今日も何かすっきりとしない空模様ですが、午前中 ワンコ乗っけて買い出しに出掛ける頃は梅雨の晴れ間から暑い日が射していました。


s-IMG_5390.jpg



さて、香港での国家安全法の施行 尖閣諸島周辺での領海侵犯 インド北部カシミール地方の中国国境での両国の軍事衝突など、高圧的な行動が目立つ中国ですが、

現在の中国の、強圧的な行動の裏に隠された というより、そういった行動へと中国が動かなければならない要因の分析を、数名の名の知れたチャイナウォッチャーの視点から捉えた及川幸久氏による解説がYouTubeに公開されていましたのでここにシェアしてみました。


s-及川1


中国経済大崩壊追い込まれる習近平!!チャイナ・ウォッチャー分析

 
詳しくは動画を観て頂くとして・・

中国を取り巻く状況から、習近平としては、"台湾侵攻"ということをやってくる可能性があるということで、それに呼応するかの如く、台湾の国防部長(大臣)厳徳發氏は、中国による台湾侵略に備えて準備を行っているようです。

また、すでに人民解放軍が台湾周辺に展開しつつあり、それに対して台湾軍は臨戦態勢に入っているとのことです。

習近平が台湾に軍事行動を起こした場合

アメリカが束ねている Quad(クアッド)4ケ国(米国 日本 豪州 インド) と中国が闘うことになり、戦いの場は台湾本土にまで及ぶことになるわけですが、台湾も実は、人民解放軍侵攻に対する軍事演習を既に準備していて、来たる7月16日に始まる 蔡英文総統総指揮による漢光軍事演習の開催を計画しています。

中国としては、あまり早くに行動に出ると11月にアメリカ大統領選挙が控えていて それがトランプ氏当選へと流れが行ってしまうことにも繋がりかねず、台湾周辺の小島を徐々に侵略していくという方法で奪いに来るのではと目測がされているようで、ここ最近の 台湾周辺での中国のジャブ攻撃はそれを予感させる動きと捉えることもできそうです。

中国の北京大学海洋研究所が立ち上げた航空機の動きを追跡するツイッターアカウント「SCS Probing Initiative」によれば、台湾周辺には米軍機が連日、姿を現しており、その多くが南シナ海に向かって飛行しているとのこと。

先月(6月)28日は米海軍のP8A哨戒機が台湾南のバシー海峡上空を飛行
米国国防部(国防省)はこれについてノーコメントとしつつ、台湾周辺の空海域の状況を常に把握しているとしています。


s-20200628181946_2020071022271263a.jpg

米海軍のP8A哨戒機


いずれにしても、この緊迫した西南アジアの情勢からはひとときたりとも目が離せない状況であることは確かです。






ということで、今回は 心地よいスムースジャズテイストなギターナンバーという括りで、ジャック・サマラット氏による、Bee Gees"How Deep Is Your Love" のカバー演奏を♪


s-Jack.jpg


Bee Gees - How Deep Is Your Love (Guitar Cover) Jack Thammarat

line


九州地方で大変な被害が出ている梅雨前線による集中豪雨

その前線がずっと同じ場所に停滞していて、次々と雨雲を発生させ、熊本県をはじめ、福岡 佐賀 長崎 大分 各県に被害が出ています。
雨は今後9日頃まで続く予報が出ていて 中国 四国 近畿 東海 関東 各地方あたりまで広い範囲で大雨になる可能性があるとのこと 十分気をつけてください。

このたびの豪雨により亡くなられた方のご冥福を心よりお祈り致します。





過去にも触れた記憶がありますが・・


住めば都とはよく言ったもので、学生時代 田舎に帰省したときはすぐに田舎人になるんですが、東京の学生寮に戻ると というより東京に着くや否や 都会人?に戻ってました。

学生寮時代 部屋は違ってましたが同じ学部に、"鈴木くん" って友人がいたんですが、ファッションセンスが良くて さりげない着こなしで でもどこかカッコよくて・・
週に2回くらいのペースで 寮から距離的に近い新宿のディスコに "行かない?" ってことで一緒に行って以来 けっこう足繁く通っていました。

その頃は、アルバイトも兼ねて夜間は新宿のパブでシェイカーを振ってましたが、そこは付近の女子大の学生たちも数人でよく飲みに来ていました。


s-P028226383480_20200707163208b8c.jpg


で、彼(鈴木くん)はそういうとき、チャンスを見計らって彼女たちに声をかけてディスコに誘うんです。

それがまた サラっとごく自然に・・  

で、自分はといえば そんなときは、1時間ほどあとから合流ってパターンが多かったです。

そのディスコは 当時けっこう有名だった "ブラックシープ" でディスコでした。


s-1427250915_20200707163407630.jpg


ディスコっていうと、みんな同じステップで踊ってる というところや そこはフリーでってところと いろいろありましたが、そこはフリーでお好きなように・・ ってディスコだったので気に入ってました。(^-^)

ディスコは80年代になると若者のカルチャーとして定着し、あちこちに人気店がオープンしました。その人気の基盤となる70年代のディスコシーン、懐かしいソウルを聴くとあの時のカクテルの味が思い出されませんか。



この曲 よくかかってたなぁ(^^♪ 


s-KCSBWebsite_20200707163626248.jpg


KC & The Sunshine Band - That´s The Way I Like It. (LIVE)



こちらは、上の曲の振り付け踊りでユニークなものが出て来て、結構楽しめたりします。


s-ザッツザウェイダンス


KC & The Sunshine Band - "That's The Way" | The Parent Jam


この頃 たまたま その友人 鈴木くんと 都内の女子大との合同ハイキングの渉外を受け持つことになり、話を進めてる時期 息の合った学生さんと個別に合うことになり 誰にも内緒で初デートをすることになって・・

でも、壁に耳あり障子に目あり って諺もあるように どこで誰に知られてるかわからない って不安もあって 待ち合わせ場所は寮生の誰も知らない 吉祥寺のニッチな喫茶を選んだんです。

当時は携帯なんてなかった時代なので、待ち合わせ場所にしても公衆電話から電話してその学生さんに知らせました。

自分はそれまで、デートなんて経験なかったので 内心ドキドキモードで待ち合わせ場所の喫茶の扉を開け、待ってました。

で、無事その相手の学生さんとも会えたのですが 彼女も初デートらしく、途中話が途切れると、それを埋めるために 胸ポケットのセブンスターを取り出して火をつけて燻らしながら話ネタを探ってたのもいい思い出です。

その喫茶で流れてた曲もハッキリと覚えてます。


s-Badfinger_2020070717054555f.jpg


Badfinger - Day After Day (1971 - HQ




時代を経ても 今なお輝きを放つ曲って 歌のメロディや歌詞ももちろんいいですが、やはり何といっても歌い手さんの魅力が大きいなって改めて思います。


s-x1080-iEE_20200707171355025.jpg


藤圭子 ♪新宿の女♪


line


ももPAPAです。


九州 熊本県南部を襲った4日未明からの豪雨の影響で土砂災害が相次ぎ、河川が氾濫 道路の寸断で孤立集落も多数あるとのニュースを知り、胸を痛めています。

一刻も早く雨がやみ、安否が不明な方々の救出がされますことを心より願っています。


s-九州豪雨


熊本・未明の豪雨、孤立多数


台湾の蔡総統は7月5日夜、熊本豪雨で亡くなられた方へ日本語で哀悼の意を自身のツイッターで述べるとともに、中国の水害も見舞っています。


s-台湾総統 熊本哀悼








沖縄県・石垣島から北西へ約170キロ離れた尖閣諸島の字名を石垣市が、"登野城(とのしろ)尖閣" とすることになり、10月1日から効力が生じることになっているが、共に領有権を主張する中国と台湾が反発している。

摩擦を懸念し"無理に変更する必要はない" との意見があったのにもかかわらず、顧みられることはなかった。
専門家は"中台との緊張を高めるだけ"と市を批判

市の担当者は"市街地の字名の登野城と混同して起きる行政手続きの事務的ミスを防ぐため"と説明している。

過去を紐解けば・・

1960年代後半、尖閣諸島周辺の海域に石油資源が埋まっていると指摘され、70年代に入ると中国と台湾も領有権を主張するようになった。
そこで2012年9月 当時の民主党政権が5島あるうち魚釣島、北小島、南小島の3島を地権者から購入し国有化すると中国が強く反発、公船による尖閣沖での領海侵入を常態化させ、中国国内で日本を批判するデモが頻発することとなった。

字名変更はマイナスの側面が大きい。

ここは"日本の領土であることを裏付ける歴史的事実をはっきりさせ、各国に認識させるのが大切" まずはこれが何をおいても必要不可欠なことだろう。

中国外務省副報道局長は "中国の主権への挑発であり違法なものだ"と述べ、台湾総統府も遺憾の意を表明
石垣市と姉妹都市の宜蘭県の都市で計画されていた提携25周年を祝う交流イベントは中止になる見込みだ。
石垣に入植者が多く、歴史的なつながりが深い台湾との関係もあり、草の根レベルで交流し、蓄積してきたものが損なわれないか心配だ という声もある。

字名変更を求める声は3島の国有化以前からあり、尖閣諸島に本籍を置く人や、"尖閣諸島を守る会"元顧問の片山さつき参院議員ら保守系の国会・地方議員らが "日本の領土だと明確にするため、尖閣と分かる住所にしてほしい"と要望
中山市長も16年の市議会で字名変更は"非常に意義深い" "国内外にPRする手段"と答弁していた という経緯もある。


s-尖閣諸島


ここ近日の チャイナによる尖閣諸島界隈での領海侵犯の多さは、このことが要因のひとつとしてあることは間違いないですね。

ただ、こうやって "ここは日本の領土だ" とはっきり行動で示していくことこそが チャイナや台湾などの国からの横槍をかわしての大きな防御になることは間違いないです。

この強気の攻めで政府も、厚顔近平に対抗していってほしいですね。

間違っても 野蛮な国の野蛮人を それも国賓どころか餓鬼畜生にも劣る無礼漢を来日させるなんぞ 言語道断です。 
  
二階さん あんたはもう政界から降りてくれ"



こちらは、外務省のHPにある尖閣諸島についての解説動画です。


s-尖閣諸島とは


尖閣諸島について


これを観ればわかるように、尖閣諸島は我が国固有の領土です。



少し古い資料になりますが、こちらは近年における尖閣諸島付近における中国の動きを示した動画です。

s-尖閣諸島問題2


アジア太平洋地域における中国の海洋活動と日本の対応







ってところで、今回は ちょっと前にピックアップした サンタナ と、 もうひとつ マイク・スターンバンドの曲を♪
2曲続けてどうぞ



o0320022113991426892_20200704175710e96.jpg





s-マイクスターンバンド



Santana - The Game Of Love ft. Michelle Branch (Official Video)



Mike Stern, Didier Lockwood, Dave Weckl & Tom Kennedy - KT - LIVE





最後に・・

これは少し前 一度ピックアップした POPPIN JOHN   SOLT 両氏によるダンスパフォーマンスですが・・
何度観ても SOLT氏のアイソレーションと、マトリックスダンスが凄いです。


s-恐るべきダンス



重力を超越した世界最高峰のダンス




line


ももPAPAです。


朝のうち、雲が多く 今日は降るかな? と思ったら 出る頃には日が射して 7月のこの時期らしい天気になりました。


s-IMG_5389.jpg


4月半ば頃届いた狂犬病予防注射の案内ハガキを保管してた場所を忘れてて、ついうっかり・・

思い出して慌てて 午前中 サスケどん  まる  2ワンコ連れて行きつけの病院まで行って接種してもらいました。( ̄д ̄)=3 フゥ


s-IMG42672018083117444032f201906292347290d020200309091436c3c.jpg




s-IMG425820190712192410362.jpg

向こうに写ってるのは チヨ坊です^^

何か忘れてるような感じでいたんですが、肩の荷が下りたようです。(^.^)





あのむくみ厚顔男がとうとうやってくれましたね。


そいつの名は、習近平    強欲 傲慢 嘘つき 無礼 厚顔無恥  これらの言葉はすべてこの男に当てはまる 

今や、共産圏を除いて世界の国々の敵だ。


s-CyFicMWVQAAWvmw.jpg




香港への"国家安全法"導入方針を決めた中国政府が28日から全国人民代表大会(全人代)常務委員会を開き、6月30日法案を可決

香港には中国直結の"国家安全維持公署"が新設され、中国共産党の影響力が圧倒的に強まることになる。

1984年12月19日 イギリス 中国両国が署名した英中共同声明が発表され、イギリスは1997年7月1日に香港の主権を中華人民共和国に返還し、香港は中華人民共和国の特別行政区となることが明らかにされた。
そのとき約束された香港の"高度な自治" を認める"1国2制度"は、わずか36年で崩れようとしている。

"親中派"は昨年11月の区議会選でボロ負けした。

そんな中、香港の議会である立法会選挙の立候補届け出が7月半ばに迫っていることもあって立法会選挙でも敗北すれば、中共の威信は決定的に傷つく。その前に「民主派」を圧殺したいという意図もあって法案の採決を急いだこともあるんだろう。

これに対し、民主派は集会やデモで対抗してきたが、残念ながら中共を翻意させるほどの力はない。

頼みの綱は、"国際的な中国包囲網" である。
米国英国オーストラリアカナダの4カ国は共同声明を出して中国に翻意を求めた。欧州連合(EU)も同様だ。日本を含む主要7カ国(G7)"重大な懸念"を表明した。

鍵を握るのは米国だ。

米国議会・共和党は先月(6月10日)、約150人の下院議員が参加した研究会の報告書を発表し、新たな中国制裁を提言した。
香港問題については、中共最高幹部である"チャイナ・セブン"の1人で、中央政治局常務委員の韓正氏と、中国・駐香港連絡弁公室主任の駱恵寧氏の2人を名指しして、制裁を求めた。

 さらに、香港マカオ事務弁公室主任の夏宝竜氏や、公安部部長の趙克志らも制裁対象に挙げている。

 個人を制裁対象にするのは一見、遠回りのように見えて、実は大きな効果がある。なぜかと言えば、制裁によって、彼らが海外に蓄えてきた秘密資産が凍結され、米国に入国できなくなれば、本人に強烈な打撃になるからだ。

 多くの共産党幹部たちは「将来の逃亡」に備えて、米国など西側各国に秘密資産を隠し持っている。習近平国家主席も例外ではない。習近平が大阪のデパートで30億円のダイヤの原石を買ったということも言われている。
海外資産が泡と消え、かつ本人も入国できないとなったら、元も子もない。

制裁は本人だけでなく、家族も含めている。そうなると、留学のような形でいち早く米国など西側に逃しておいた子弟や愛人の暮らしも危うくなってしまうことになる。

こうした圧力はすぐ効果が表れなくても、ジワジワと真綿で首を締めるように、習近平体制に打撃を与えるだろう。「オマエのおかげでオレの将来が危うくなる」と習への反対派が怒り狂うからだ。すでに習政権の足元は揺らいでいるという観測もある。

米国には"香港ドルと米国ドルの交換停止"という切り札もある。民主派にとって、ここはしばらくの辛抱だ。




 

というようなところで  今回はこの曲を♪

この人のギターナンバーは過去いくつかピックアップしてきましたが この曲って既に上げたかどうか・・
もし重複していたらご容赦を・・

スーパーテクニカルなフレーズの中にもメロディアスなフレーズを織り込んでいくプレイが素晴らしいです。



s-グズマンさん


Alejate de Mi - Camila | Leonardo Guzman

line
line

line
プロフィール

ももPAPA

Author:ももPAPA
ももPAPAのブログへようこそ
写真はチヨ(チワワ&ヨーキー)です。




おきてがみ 設置しました
ポチっとしていただければ、のちほど必ずうかがいます

おきてがみ


初めまして

ももPAPAと申します。


1953年生まれの獅子座(乙女座に近い獅子座です)

さすがに体力の低下は否めませんが、気持ちはまだまだ20代のつもりです。

血液型 O型

年はとっても気持ちは若く、ハートは熱いです。

大らかな面と、これは! とこだわる面もあって 部屋が散らかっていると気になって1日に2回は掃除をしています。
(ワンコの毛が舞い落ちることもあって そうしています。)

もともと好きだったことと自分の健康維持も兼ねて、4年ほど前にワンコを迎え、毎日元気と癒しを分けてもらっています。

"成せばなる 成さねばならぬ 何事も!"

"自分を信じ、未来を見据え、ブレない心で取り組めば、結果は必ずついてくる"
ももPAPAのモットーです。

line
最近の記事
line
最近のコメント
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
アクセスカウンター
line
sub_line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
sub_line