上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line


ももPAPAです。

明け方の更新になってしまいました。


そろそろ6月も下旬にさしかかる頃

雨が降らないなぁ  と思っていたら久しぶりの雨
シトシトと程よい湿気を含んだアジサイが嬉しそうでした。

IMG_4614.jpg


前の日まで、6月に入って降った雨らしい雨は1、2度ほどでしたので 大地も 草木にとっても、命を吹き込まれるように色づいていました。


前日は、まるで7月下旬のような暑さで、ハンドルを握る右腕が日に焼けて赤銅色になりかけています。

その日は父の正月命日で、午前中お墓参りを済ませたあと、たまに立ち寄る喫茶でモーニングを摂ってひと息つきました。


実は、1昨日からきのうにかけて ある事件のため バタバタしていたのですが・・

家の横壁の中央部下に通気口があって、そこを ノラ猫がよく出入りしていたのですが、
どうやら中に入っていて出れなくなったためか

入り口部分からいちばん奥の、突き当たりの部屋の窓下に近いあたりの床下(入口からおよそ15メートルほど中に入ったあたり)で、大きなノラ猫が死んでいるのを見つけました。

この猫は見覚えがあって、精悍な面構えでどっしりとした体格の、ワインカラーがかった茶褐色ボディに、グレーの縞の入った尻尾をもった肝のすわったヤツだったのですが

"あ~! 腹を空かせて入ったのはいいが、出れなくなってしまったんだな"

と 残念な思いで複雑な心境になりました。


遺体を除去し、その部屋を閉め切って床下にバルサンを2本焚いて半日放置
その後、戸をフルオープンにして半日置いて天日で消毒し、綺麗にしました。

どうか  恨みっこなしで 成仏してくれよ

と祈りつつ  遺体はクリーンセンターへ持ち込んで処理してもらいました。

動物の遺体は産業廃棄物となり、勝手に山野に埋めるなどのことをした場合は罰せられます。




さて、 今回は このたび、発売50周年を記念したスペシャルエディションの発売が決定した、ビートルズの
"サージェント・ペパーズ・ロンリーハーツクラブバンド" ですが、

オリジナル版から タイトル曲を♪


s-foto_1490930315.jpg


The Beatles - Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band
スポンサーサイト
line


6月も半ばにさしかかりました


今のところ、雨続きな天候ではありませんが 時期的には梅雨
もうすぐ本格的な梅雨に入っていくのでしょう。

いつも立ち寄る喫茶は月曜日がお休みなので、今日はちょっと足を伸ばして たまに立ち寄る喫茶でモーニング
をオーダーしました。

そして・・

食べてる最中、慌ててもいないのに なぜか

前歯で下唇の内側を思い切り噛んでしまいましたw


s-38822450.jpg



ふつう これはありえませんが 噛み合わせが悪くなってるのかもしれません;汗

背骨の歪みは骨盤の歪みに・・    そして  ひいては噛み合わせにも影響?


もしかして、あり得るかも 汗 汗;



え?   この声は あの・・・

と思いきや  正体は

やっちゃんでしたw


今回は、邦楽ナンバーから


滲みる1曲ということで、この曲をピックアップしてみました。


これまで、洋楽オンリーだった私が 初めてLIVEを体感したいと心から思った彼女の
素晴らしいナンバーから1曲

これも素晴らしいシンガー アンジェラ・アキさんのカバー曲ですが・・


絢香 Ayaka - "手紙 ~拝啓 十五の君へ~" 音楽で遊んでみた (Studio Session LIVE)



そして、もう1曲
心の中の Favarit song です


冬 隣 / ちあきなおみ
line

気が付けば、6月もそろそろ半ばを迎える時期

玄関の隅のガクアジサイの花が5部咲きほどになりました。

s-IMG_4981.jpg


ここのところ、ほぼ毎日のように、海辺の丘でワンコたちを放牧していましたが、しばらくの間 お散歩コースを変更することに
なりそうです。

チヨですが、ここ2~3日 おしっこをしたあと ちょっぴりだけ薄っすらと赤いものが見られるので気になって行きつけの獣医さんに
様子を診てもらいました。

おしっこをためがちな傾向にあるので、できるだけ散歩ができるときは 連れて出るよう心がけていました。

抗生物質の錠剤のお薬を処方してもらって様子をみることにしました。


s-IMG_4652.jpg


本日は、こちらをメインで更新しました♪





line
本日2度目の記事更新です。

最近、腰回りと腹筋・背筋 そして脚力が随分と弱くなりました。

そうなると、当然 腰に負担がきて腰痛になります。
6月4日には町内の一斉清掃日になってるし・・

って それには間に合うわけはないんですが

無理のない範囲で筋トレしないと、この先ちょっとヤバイことになるかも・・ と危機感も感じ、あのマシーン
"ワンダーコア2" をと思ったんですが

でも、無駄に出費せず できる範囲でトレーニングでもいいんじゃ・・ とも思ってるところです。

一時期 整体治療も試してみましたが
あれは整体師さんを儲けさせるだけで、ほとんど効果なしでした。



ところで、昨年1月に記事UPしていたのが、間違って削除してしまったらしく 記事がどっかへ消えてしまってました。

それでメモ帳引っ張り出してきたところ 幸いデータを保存してたので 今回再度UPしてみました。





以前、一度取り上げたことがありますが、渋いところで1曲  


"Steely Dan" の "FM" を♪



これはFM局を題材とした映画ですが、残念ながら日本では当時も今も未公開のままになっています。

サウンドトラック盤には、スティーリー・ダンによるタイトル・トラックの書き下ろしの新曲や、フォリナー、イーグルス、ボズ・スキャッグス、ボストン、リンダ・ロンシュタット、ドゥービー・ブラザーズ、クイーンといった大物アーティストの当時のヒット曲が

"これでもか"というくらい収録されており、その結果、サントラ盤は、当時全米5位という大ヒットになっています。



img_0_20160114191852e6f.jpg


その内容は、次のようなとても豪華なリストになっています。



1. FM (スティーリー・ダン)

2. ナイト・ムーヴス/Night Moves (ボブ・シーガー&ザ・シルヴァー・ブレット・バンド)

3. フライ・ライク・アン・イーグル/Fly Like An Eagle (スティーヴ・ミラー・バンド)

4. つめたいお前/Cold As Ice (フォリナー)

5. ブレイクダウン/Breakdown (トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズ)

6. バッド・マン/Bad Man (ランディ・マイズナー)

7. 駆け足の人生/Life In The Fast Lane (イーグルス)

8. ドゥ・イット・アゲイン/Do It Again (スティーリー・ダン)

9. リド・シャッフル/Lido Shuffle (ボズ・スキャッグス)

10. 宇宙の彼方へ/More Than A Feeling (ボストン)




ディスク:2

1. ダイスをころがせ/Tumbling Dice(Live) (リンダ・ロンシュタット)

2. 私はついてない/Poor Poor Pitiful Me (リンダ・ロンシュタット)

3. リヴィングストン・サタデイ・ナイト/Livingston Saturday Night (ジミー・バフェット)

4. ギャンブラー/There's A Place In The World For A Gambler (ダン・フォーゲルバーグ)

5. 素顔のままで/Just The Way You Are (ビリー・ジョエル)

6. イット・キープス・ユー・ランニン/It Keeps You Runnin'(ドゥービー・ブラザーズ)

7. きみの笑顔/Your Smiling Face (ジェイムス・テイラー)

8. この人生に賭けて/Life's Been Good (ジョー・ウォルシュ)

9. ウィ・ウィル・ロック・ユー/We Will Rock Yo (クイーン)

10. FM(リプリーズ)/FM Reprise (スティーリー・ダン)




当時、主題歌を書き下ろしたスティーリー・ダンは、自らのオリジナル・アルバムに「FM」を収録しなかったことから、スティーリー・ダンのファンからも「唯一FMが聞けるアルバム」として高い評価を得ていました。(現在は、ベスト盤に収録されています。)


img_1.jpg



img_2.jpg


そして、

この曲では、あの ジェフ・ポーカロ がドラムを叩いています。 


完璧なまでに練り上げられた曲構成のもとに繰り出されるビート、そしてサウンド 

ミディアム・スローなビートに乗ってかぶさっていくギターリフ そしてサックスの音にVocalがかぶさっていく様はゾクっとするほど魅力的で、じっくりと聴き込んでいくうちに、いつしか彼らの音空間に惹き込まれていく そんな曲です♪

201505032034462b9_20160114225217b81.jpg



ヘッドフォンもしくはイヤホンで聴くと、より深みと拡がりのある音で楽しめます♪

Steely Dan  FM



そしてここでもう1曲

あの ポーカロが、ハーフタイムシャッフルビートを生み出すヒントにもなった曲で、彼が最もリスペクトしていたドラマー "バーナード・パーディ"のドラミングが聴ける 隠れた名曲 "Home at last" を♪


ヘッドフォンもしくはイヤホンで聴くと、より深みと拡がりのある音で楽しめます♪

Steely Dan Home at last

line
line

line
プロフィール

ももPAPA

Author:ももPAPA
ももPAPAのブログへようこそ
写真はチヨ(チワワ&ヨーキー)です



おきてがみ 設置しました
ポチっとしていただければ、のちほど必ずうかがいます

おきてがみ


初めまして

ももPAPAと申します。


1953年生まれの獅子座(乙女座に近い獅子座です)

さすがに体力の低下は否めませんが、気持ちはまだまだ20代のつもりです。

血液型 O型

年はとっても気持ちは若く、ハートは熱いです。

大らかな面と、これは! とこだわる面もあって 部屋が散らかっていると気になって1日に2回は掃除をしています。
(ワンコの毛が舞い落ちることもあって そうしています。)

もともと好きだったことと自分の健康維持も兼ねて、4年ほど前にワンコを迎え、毎日元気と癒しを分けてもらっています。

"成せばなる 成さねばならぬ 何事も!"

"自分を信じ、未来を見据え、ブレない心で取り組めば、結果は必ずついてくる"
ももPAPAのモットーです。

line
最近の記事
line
最近のコメント
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
フリーエリア

現在の閲覧者数: アクセスカウンター blogram投票ボタン

line
フリーエリア

line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。