オリエンティ


マイケル・ジャクソンの映画「This is it」でギタリストとして抜擢され、彼女は今や時の人となっていますね。

今年8月にロンドンで公演される予定だったマイケルのコンサート

この映画「This is it」は、それへ向けてのリハーサルの模様などを凝縮して映像化した大変貴重な、そしてファンにとってはたまらない内容になっています。

この「This is it」がブルーレイで蘇ることになり、輝々は速攻で購入してしまいました。

オリエンティは、この映像の中でも華麗なギタープレイを披露し、マイケルの志向する音へ花を添えています。


サンタナとの共演などを契機にその才能を広く世界に知らしめたオリエンティ

先日めざましテレビに生出演し、その華麗なギタープレイを披露した彼女・・輝々はそんなことはつゆ知らず、見逃しちゃいました。残念!!・o+
今後の活躍が楽しみなアーティストです。


「Orianthi shreds Michael Jackson」


サンタナも、アーティストとのコラボを数多くこなしていますね。

彼のエモーショナルなギタープレイとアーティストの個性が高い次元で融合した素晴らしいサウンドに脱帽です


「The Game of love - Santana feat. Michelle Branch」
スポンサーサイト

theme : 音楽
genre : 音楽

line


CANDY DULFER(キャンディ ダルファー)


ファンキーなプレイからメロウ&マイルドなナンバーまでこなせる幅広いプレイスタイルを持ったサックスプレイヤー

CANDY DULFER

1990年 ファーストアルバム"Saxuality"が米・ビルボード誌のトップコンテンポラリージャズアルバムチャートで4位を記録しミリオンセラーのヒットとなり、グラミー賞にもノミネートされたアーティストとしても知られています。



                一部資料引用~Wikipedia~





この曲は、ブログ仲間のオーメンまことさんが記事の中で紹介しておられ、大変気に入ったナンバーです
サックスがグルーヴしてます♪




ドラムを始めたのが昨年4月

毎年3月の初めに教室主催の発表会が行われることになっているのですが、今までここまで気にはなっていなかったのが次第にその日が近づいてくるにつれてプレッシャーになってきています。;^^

演奏する曲は、スタンダードなロックンロールナンバーになっているビートルズの「ツイスト&シャウト」です。

教室は月に2回なのですが
今まで練習用パッドとかも持っていなかったので自宅での練習が思うようにできず、思い悩んだ末、サイレントドラムセットを安価で購入しちゃいました。

深夜でも音を気にせず叩けるのが魅力です♪



「YAMAHA DTXPLORER」

theme : 音楽
genre : 音楽

line


1964年、ニュージャージー州にて、ベースのロバート"クール"・ベル、キーボードのロナルド・ベルの兄弟を中心に結成されたファンクバンド


初期のジャズ・ファンク期の楽曲より1曲

ファンキーでダンサブルなノリのサウンドが心地よいナンバーです。



               一部資料引用~ Wikipedia~



theme : 音楽
genre : 音楽

line


1954年生まれ・・


そうなんですね。輝々と同い年です。

1974年、ゲイリー・バートンの『リング』でレコーディングデビューし、翌1975年にジャコ・パストリアスを迎えて発表した初リーダー作『ブライト・サイズ・ライフ』を発表しソロ・キャリアをスタート

1978年にはキーボディストのライル・メイズらと「パット・メセニー・グループ」を結成

ジャジーでありながら幅広いプレイスタイルを持ったクリアーでナチュラルなサウンドが魅力的です。



                  一部資料引用 ~Wikipedia~



theme : 音楽
genre : 音楽

line


最近、記事UPするアーティストについて

「あれ?誰だったっけ?」

って頭からとんでしまうことがあります;^^

知っているアーティスト自体とても少ないのですが、次回はこの人(バンド)を記事にとりあげようと思い浮かんだときすぐメモしておくかしないとそうなってしまうことがあるんですよね。

この人については過去もう何度も記事UPしましたが、ネタに行き詰るとまた彼を・・となってしまってます。

無限ループですね

スピリチュアルでパワフルでありながら繊細なギタープレイが光るギタリストです。




「Gary Moore: End of the World」

theme : 音楽
genre : 音楽

line


「プリズム」

「カシオペア」を初めて聴いた頃とほぼ同時期・・輝々は「sunset cluise」という曲で彼らの名を知ることになります。

20年くらい前になりますが、広島で彼らのLIVEがあったとき初めてその演奏を生で体感しましたが、中でもギタリスト和田アキラ~彼のギタープレイが凄かったのを今でも鮮烈に覚えています。

この曲はTVで放映されたので、ずいぶん前になりますが録画して今でも大切にとっています。


「PRISM 「SUSPENCIBLE THE FOURTH」」

theme : 音楽
genre : 音楽

line


就職したての頃・・ふりかえればもう30年も前の頃になります。

それまではほぼ洋楽オンリーで聴いていましたが、この曲で彼らの音に魅せられました。

日本のフュージョン系バンドといえば、「スクエア」 「プリズム」などスーパーなユニットの名前が浮かんできますが、中でも、この「カシオペア」はフュージョンの草分け的な存在ともいえるバンドですね。

野呂一生・・彼の歯切れのいいギターのカッティングで始まるこの曲

通勤途中の車の中でよく聴いたものです。





 

~Midnight Rendezvous~

この曲で彼らの名を知り、速攻でアルバムを購入したくらい・・そんな思い入れの強いバンドです。

元カシオペアのドラマーとして在籍し、現在はフリーで精力的に活動を続けている 神保 彰  
彼のワンマンライブがこのたび3月16日、地元で開催されることになり、こちらもまたとないチャンスなので楽しみにしているところです。


theme : 音楽
genre : 音楽

line


ギター侍・・といってもあの波田陽区ではありません;;^^

アイルランド出身のギタリスト ロリー・ギャラガー

チェックのシャツにジーンズ ロングヘアー そして使い込んだ愛用のストラトキャスター

ギターサウンドが好きな輝々の好物ギタリストのひとりです。
エフェクターはいっさい使わないストレートでブルージーなロックフレーズが魅力のギタリストですね。

アイルランドといえばあのゲイリー・ムーアもそうですが、ロリーとゲイリーは親交があり、ロリーはゲイリーのプレイに惹かれ、またゲイリーはロリーのギターにも興味を持って楽器の貸し借りもしていたようです。


ジミヘンやレイボーンがそうであったように彼も若くして急逝してしまいます。しかし、彼の残した名演と功績は後世のギタリストに確実に継承されていっています。








theme : 音楽
genre : 音楽

line


「あし@あと」のことですが・・

現在、「あし@」登録している2つのブログを1台のPCから、異なるID(ひとつは諸星輝々、ひとつはももPAPA)で同時ログインしているわけですが、これを2台のPCでそれぞれログインしたらもしかして大丈夫かも・・ってふと思いました。
実際、その都度一方をログアウトして足跡クッキーを再発行するのはいささか不便さを感じます。


年末、大晦日の夜、デスクトップPCが動かなくなり、1月2日にドック入りしてまだ帰ってきてないので何とも言えませんが・・
PCが帰ってくるのはあと1週間ばかりかかりそうです。



Brecker Brothers Band

ランディ・ブレッカーとマイケル・ブレッカーによるクロスオーバー・ジャズ・フュージョンバンド
2007年マイケルが急逝し、バンドとしての演奏は見ることができなくなってしまいましたが、その圧倒的な演奏テクニックと高い音楽性で、多くの名演を残していったユニットです。






theme : 音楽
genre : 音楽

line


以前にも書きましたが、このブログへ訪問してくださるブロガーさんの足跡を辿って、「もっとみる」で検索すると
別ブログ(愛犬もものPAPA日記)への訪問ブロガーさんの足跡が表示される現象・・


「もっとみる」以前の段階での訪問ブロガーさんの、このブログへの足跡表示はされてるんですが・・

その場合・・このブログから、訪問してくださったブロガーさんのブログへ訪問した私の足跡は「愛犬ももの・・・」のブログ管理者名「ももPAPA」で表示され、そのHPアドレスも「愛犬もものPAPA日記」のものになってるんじゃないかと思います。

あし@のシステム上、複数のブログを管理している場合、いちばん最近発行した足跡クッキーのみ残ることによる現象で、「音楽との出会い」よりあとに開設した「愛犬もものPAPA日記」が最近のものになってるためです。

プロフィールに、@あし の管理者名が「諸星輝々」から「ももPAPA」に変わったと表記していますが、正確には変わったのではなく2つの管理者名が並存してるわけです。
2つのIDで同時ログインしてるため、最近の「ももPAPA」の足跡クッキーのみが生きているというのが正確な表現ですね。

「愛犬ももの・・・」のほうをログアウトして、「音楽との出会い」のみログイン状態にして足跡クッキーを再発行すればこの問題は解消されるのですが・・・

そのたびに一方をログイン、他方をログアウトというように切り換えるのも不便で何かいいアイディアはないものかと思案している輝々です。


theme : 音楽
genre : 音楽

line


Orianthi


時代が80年代から現在へといっきにすっとんじゃいますが;;^^

彼女の曲については、最近になって別ブログのほうで取り上げたことがありますが、輝々がその存在を知ったのはつい最近のことです。ブログ仲間の流れ星さんが記事の中で紹介しておられ、そのギタープレイに一発で惚れ込んじゃいましたね。

15歳のとき、スティーヴ・ヴァイのコンサートでステージに立ち、18歳にしてカルロス・サンタナとの共演を果たしているというのですか凄いです。

その後、プリンスとの共演やエリック・クラプトンが主催したクロスロード・ギター・フェスティバル(Crossroads Guitar Festival)への参加などの実績を積み重ね、「12人の偉大な女性エレキギタリスト」のひとりに名を連ねているギタリストです。

マイケル・ジャクソンのコンサート、THIS IS IT・・6月25日にマイケルが急死したことでコンサートは行われないことになったものののリードギタリストに起用され、リハーサルを記録した映画、「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」ではコンサートにおける主要なメンバーのひとりとしてプレイしています。



                 資料一部引用 ~ Wikipedia ~






theme : 音楽
genre : 音楽

line

80年代のロックシーンを振り返ってみると・・

と大上段にふりかぶっても、何せ引き出しの狭い輝々の場合、おのずと浮かんでくるアーティストはごくごく限られてくるのですが

前の記事でも書きましたが、この年代からはロックとかジャズとかの垣根を越えて、色んなジャンルの音楽の要素を取り込みながら、それでいてオリジナリティに溢れたサウンドを作り上げたバンドの台頭が見られたように思います。

先の記事で取り上げたヴァン・ヘイレン

彼らはアメリカン・ハードロックバンドでありながらその立体感溢れるサウンドは斬新で、アイデアに富んだ音作りが光るバンドのひとつとして挙げられます。



彼らとほぼ時を同じくして衝撃的なデビューを果たしたバンド 「TOTO」

全員が、元スタジオミュージシャン・・音の職人たちがひとつのユニットとして作り上げたその音の世界は

スティーヴ・ルカサーの、シャープで、かつしなやかなギターと立体感のあるサウンド、心地よいヴォーカルハーモニーがひとつに溶け合って素晴らしい音空間を生み出していました。







theme : 音楽
genre : 音楽

line

まだ学生だった頃・・1970年代後半の頃です。

その頃はディスコの全盛期で、自分自身も何度か入ったことがあります。

最初に目にした光景は・・




踊っている人みんなが同じステップ、同じ動きで・・その状況になじむまでしばらく時間がかかったのを覚えています。
それぞれ自分の好きなスタイルで踊っているのが自然なのに・・何か変!!って思った自分が変だったのか・・・

まあ、そんなことはいいとして

60年代後半から70年代といえば、ロックムーヴメントの時代・・この頃、あのクリームやフリー・・ツェッペリン、パープルといった時代を担うハードロックバンドが数多く誕生し、それと合わせて今も光り輝く名曲も多く生まれました。

中でも、エリッククラプトン、ジンジャーベイカー、ジャックブルースの3人で結成されたユニット「クリーム」の存在はひと際異彩を放っていました。





この頃、アメリカンのミュージックシーンに目を向けてみると、目指す音楽の路線は違えど、シカゴ  グランド・ファンク  CSN&Yなどといったバンドの台頭が見られ、こちらも名曲が数多く誕生しました。




80年代は、ロックとかのカテゴリーを越えて、より拡がりのある立体的な音空間を作り上げ名曲を残したバンドも見られ、音作りの多様化が進んでいった時期だったように感じます。


「VAN HALEN JUMP」


「VAN HALEN   Eddie's solo」

この2曲は過去記事でも取り上げさせていただいたものですが、彼らの足跡も凄いものがありますね!

theme : 音楽
genre : 音楽

line


昨年、12月12日以来、記事更新がストップしていました。

別ブログのほうばかりに気をとられて、メイン(?)の音楽ブログのほうがおろそかになってしまっておりました。

ここのブログを通して交流を続けてくださっているブロガーさんとの繋がり・・これからも大切にしていきたいと思っています。 本年もよろしくお願いいたします。

複数のブログをうまく使い分けて記事更新しておられるブロガーさんもたくさんいらっしゃることと思いますが、輝々はそのへんの対処が下手というか・・それなのに欲張って;;^^気ばかりが多い輝々です。


別ブログ(愛犬もものパパ日記)のほうは、もも(カニンヘンダックス)をメインに、Q(マルチーズ・コッカーのミックスちゃん)・チヨ(チワワとヨークシャーのミックスちゃん)との暮らしのひとコマを切り抜き記事UPしていますが、そちらも楽しいブログにしていきたいと思っています。気軽にご訪問くださいね^^

ところで、こちらの音楽ブログは、あし@のシステムに登録させていただいていますが、同じ「あし@」へ登録されているブロガーさんがここのブログへ訪問されたあしあとを辿って訪問させていただこうと思い、「もっとみる」をクリックすると、「愛犬もものパパ日記」へ訪問されたブロガーさんのあしあとが表示され、「音楽との出会い」へ訪問されたブロガーさんの過去の訪問履歴が表示されないので不思議に思っていたのですが

あし@の 足跡クッキーは複数ブログに対応してなくて、複数でブログを管理している場合、いちばん最近登録したブログの足跡クッキーのみ反映されるようで、ここ「音楽との出会い」へ過去訪問してくださったブロガーさんのあしあとを見るためには、いったん「愛犬もも・・・」のブログ管理画面からログアウトし、「音楽との・・」のブログ管理画面にログインし、足跡クッキーを再発行する~ 

この手順を踏んで足跡を確認する必要があるということが最近になってわかりました。;^^

ほんと・・ブログに関しては(その他もですが)初心者の輝々ですみません。



それから、昨年末くらいから調子がよくなかったデスクトップPCが昨夜、ついに動かなくなり、サブのノートPCから記事更新しています。
思うに、デスクトップPCのキーボードにくらべキーが小さくて誤爆の繰り返しで、そのうえXPを使い慣れてきてウインドウズ7はまだまだ当分慣れるまで時間がかかりそうです。


line
line

line
プロフィール

ももPAPA

Author:ももPAPA
ももPAPAのブログへようこそ
写真はチヨ(チワワ&ヨーキー)です



おきてがみ 設置しました
ポチっとしていただければ、のちほど必ずうかがいます

おきてがみ


初めまして

ももPAPAと申します。


1953年生まれの獅子座(乙女座に近い獅子座です)

さすがに体力の低下は否めませんが、気持ちはまだまだ20代のつもりです。

血液型 O型

年はとっても気持ちは若く、ハートは熱いです。

大らかな面と、これは! とこだわる面もあって 部屋が散らかっていると気になって1日に2回は掃除をしています。
(ワンコの毛が舞い落ちることもあって そうしています。)

もともと好きだったことと自分の健康維持も兼ねて、4年ほど前にワンコを迎え、毎日元気と癒しを分けてもらっています。

"成せばなる 成さねばならぬ 何事も!"

"自分を信じ、未来を見据え、ブレない心で取り組めば、結果は必ずついてくる"
ももPAPAのモットーです。

line
最近の記事
line
最近のコメント
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
フリーエリア

現在の閲覧者数: アクセスカウンター blogram投票ボタン

line
フリーエリア

line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
sub_line