ゴールデンウィークに突入して早くも中日になっちゃいましたね。

というももPAPAは今年は家でワンコたちとおとなしくしています。

4月下旬から5月にかけてのこの時期は、天気のほうも比較的落ち着いて晴天の日も多くなってくるのですが、何だか天候が下り坂になってきている山陰地方です。

お子様連れのご家族にとっては、この連休後半の天気は気になるところでしょうね。




裏庭のツツジがほぼ満開になってきました

s-IMG_2909.jpg



話はコロリと変わるんですが・・

先日 っていうかもう10日ほど前になるのですが、中華のチェーン店 "大阪王将" が地元の街中にオープンして連日たくさんの客で大繁盛の様相を呈しています。

ももPAPAは、今日も 買い物の帰り道に、餃子をお持ち帰りするために立ち寄ったのですが・・

待たされること30分

2人前・・やっとこさ手に持って家路につきました。



s-IMG_2908.jpg


チヨも なんじゃらほい って感じで見てます

s-IMG_2906.jpg


これが、うまいんです!

s-IMG_2910.jpg

中身が見えなきゃわからないって?

もう食べちゃいました^^





さて、ミュージックのほうが・・またまた煮詰まってきて(いつも煮詰まってますが)

"ヴァネッサ嬢" の、一度上げたヤツで、とりあえずお茶を濁しておきます♪

それと
 "ルークおじさん" の若かりし頃の 例のパリ公演でのLIVEから  これも何度も上げてきました。
この頃のルークはイカシてたなぁ  あ・・いや 今も渋いですけど♪


s-ヴァネッサ




s-Steve Lukather


「Vanessa Hudgens - Sneakernight」


「Toto - Georgy Porgy (live)」

スポンサーサイト

theme : 音楽
genre : 音楽

line


続いて音楽メインな記事になりますが・・

ベースやドラムといった楽曲のビートを生み出すパートの音色(それこそビートっていったほうがピッタリきますね)も好きですが、特に曲のサビなどでその曲にアクセントを与え、曲を盛り上げていくギターの音色もまたたまらなく魅力的です。

ひと口にギターといっても クラシックギターやジャズギター またアコースティックギターやエレキギターなど
曲によって使われるギターのタイプも異なり それぞれにそれに則した奏法などがあるわけですが

ここでは、エレキギター それもロックやフュージョン スムースジャズテイストな曲で使われるギターに絞って
話を展開してみようと思います。


ロックやフュージョン系のサウンドで多用される奏法のひとつに "チョーキング" がありますが、それと同じくらいに不可欠なものとして"ビブラート" があります。

話が長くなると読みづらいので 簡単に端折って説明させてもらうと


"このビブラートをいかにうまく使いこなせるか"

これがすごく重要なポイントになるような気がします。

ロングトーンで 音の消え際 あるいは入りなどにかかるビブラートの如何は その曲の生き死にに関わっているといってもいいくらい重要なことだと感じるわけですが  これが簡単なようで実に奥が深く 難しいんですよね。

自分のお気に入りギタリストのお気に入りのフレーズをコピーする場合も、ただフレーズのみを追っかけてコピーしただけでは何の魅力もないものになるわけで チョーキングのタイミングやビブラートのかけ方 フレーズの"タメ" などといった そのギタリストの感性にギリギリまで肉薄したプレイができて 何とか聴けるものになるわけで・・

でも、コピーしたいギタリストの感性をそのまま自分のものにすることは不可能なわけで、そこは自分の感性、オリジナリティでカヴァーしていくしかないんですよね。

要は、いろんなギタリストのいろんなプレイを聴いて耳を肥やし 感性を磨いていくことがいちばん大切なことなんでしょうか。


曲間の短いギターフレーズの中で、チョーキングビブラートの絶大な効果を生かしたプレイを自在に繰り出せる "Luke"

彼はギター職人という言葉がピッタリだなって思います。

よくおじゃまさせてもらっている"Keithさん" によく突っ込まれるんですが、ももPAPAは、ルカサーのギター(ジミヘンやレイボーン ゲイリー・ムーアなどといった人は別ですが) しか感じないんです。
言葉を換えれば、ギター不感症

"ルカサーフェチ" なんですね。

いや・・ 渋いフレーズにはスカウター反応しますよ。 いいプレイは聴く者を魅了しますね。



s-ルカサー


「TOTO - Out of Love」



では、ここでもう1曲 雰囲気を変えて

2004年にデビューシングル "Leave (Get Out)" でMTV Video Music Awards のBest New Artistに最年少でノミネートされた "JoJo" のナンバーから♪


s-Jojo.jpg



「JoJo - Leave (Get Out) Official Music Video」


theme : 音楽
genre : 音楽

line


ドラムをやってて うまくできる(できてる感覚に陥ってる?)ときと、うまく叩けないとき・・

これってドラムに限らず 他の楽器 スポーツ・・などにも言えることだと思うんだけど

そんなのに
 "シングルハンドでの16ビート" がある。

4ビート  8ビートを感じながら 強弱をつけながら  体ではパルスが出てるんだけど、叩いてるうちに手首が力んでしまってリラックスできない


何かいいヒントはないかと いろいろ探ってみるのに・・

やっぱりこの人のこの教則ビデオ

一見 わかりにくそうに感じるが よくわかるんだよね。
でも やっぱり むずかしいなぁ


s-jeffPorcaro.jpg



「Jeff Porcaro - 2」


そんな ポーカロのドラミングが冴え渡る ~  今日はこの曲で♪


s-Toto_20120429045145.jpg


「TOTO - STOP LOVING YOU」

theme : 音楽
genre : 音楽

line


いやいや・・  今日も"春" というより "夏" に近い暑い1日でした。

こういうときは、これに限る って 買ってきたのがコレ

s-IMG_2903.jpg

カリビアンラム "ロンリコ" そして シュウェップスのトニックウォーター

これを 1:7 で割って飲むと、カリビアンな風と爽やかなほんのり甘めの柑橘系トニックが絶妙な感じで混ざり合い 口の中をカリブな風が吹き渡ります。

これにクラッシュドアイスを加え、チェリーなど添えると雰囲気を味わえますね。



s-ラムベースカクテル


ももPAPA はじめこれを、焼酎のハイボール感覚で割ったところ カハァ~=3 (;☆ω☆)キタァ~!
むせました。 何せ40度ありますからね。


そして、これに合わせて調達したのがコレ

s-IMG_2904.jpg

ペッパーベーコン風味なおつまみスナック

でも、これをチビリチビリやりながらブログ書いてると、途中で心地よい眠気に誘われて・・いつの間にか夢の中になっちゃうんですよね。


今夜のチヨです

s-IMG_2873.jpg




さて、ミュージックのほうですが・・

この曲も、もう何度Upしたか覚えてません。
曲間で入る
Lukather のギターフレーズ  実は数ある彼のプレイの中で いちばん好きだったりします。

s-SteveLukather_20120428201701.jpg


「TOTO - "Without Your Love"」


続いて、今 旬なアーティストの中から2曲"Vanessa Hudgens" "Say Ok"
そして、 "Taylor Swift"  "Fifteen"

実は、ここらあたりは ももPAPAは不得意な分野なんですよね~


s-ヴァネッサ・ハジェンス


s-テイラー・スイフト


「Vanessa Hudgens Say Ok Music Video」


「Taylor Swift - Fifteen」

theme : 音楽
genre : 音楽

line


きのうも夏を思わせるような春の陽気でした。


ついにゴールデンウィークに突入しちゃいましたね。 ついこの前 正月だって思ってたのにもう・・

嘘みたいなほんとの話です。



ももPAPAは今年はあまり出歩かないほうがいいかなぁ・・ なんて思うんです。

というのも 昨年秋から運気が急下降してるようで、愛犬の不慮の事故や怪我といったトラブルに遭ってるからなんですが

あの、二黒土星の今年の運勢そのままに事が進んでいるのが不気味なくらいです。


ももPAPA 今年の運勢 → ももPAPA 今年の運勢は?

でもそんなことに捉われすぎてると逆にツキを逃がしてしまうので、ポジティブに・・肩の力を抜いてやっていこうと思うんですが、何か 目に見えない力(流れ?)に押されているような気もして 気持ちをふっきってやっていくってなかなか難しいことだなぁ って思います。
考えすぎですよね。

構えることをしないで自然の流れに身を任せて流されていく、但し 肝心なところは気を締めて対処していく これがベストなんでしょうね。 ってわかりませんが;^^



今日も続いてオフの日だったももPAPA

掃除 洗濯 布団干し とひと仕事終えたあと ワンズたちを連れて隣市の公園まで出かけてみました。

来月3日が平日なら燃えるゴミの収集日なのが休日とダブッってしまうため、1袋分クリーンセンターへ直接搬入して公園へ



到着したら、ゴリラさんがお出迎え  モモ・・初めはビビってました^^

s-IMG_2901.jpg


ちょっと時間がたったら 興味は他のほうへ
あれ? この子 もう怖がってくれないのね もっと怖がってよ~

s-IMG_2900.jpg


眩しくて、目が開けられないよ~
ももPAPA 早くしてね~


s-IMG_2893.jpg


ほんと 眩しいね! ほんとに4月?

s-IMG_2892.jpg


このまま夏に突入? まだ早すぎるよね;^^


今日、いつも立ち寄るスーパーでかかっていた曲  メロディラインと彼女のヴォーカルが印象的で、ググってみたらヒットしました♪
なんか 気持ちが清々しくなるような そんな1曲ですね。



s-鈴木愛理


「℃-ute 『君は自転車 私は電車で帰宅』 (鈴木愛理 Train Lip Ver.)」


そして、ここは洋楽ブログなので、洋楽で懐かしいところを1曲

スティーヴィー・ウィンウッド(vo、or)が中心となり、デイヴ・メイソン(g)、ジム・キャパルディ(ds)、クリス・ウッド(sax、fl)の4人により結成され、ブリティッシュ・トラッドからブルース、ジャズまで幅広い音楽を融合、独特の音世界を築いたバンドのひとつ TRAFFIC のナンバーから

"Dear Mr.Fantasy" を ♪



s-Traffic.jpg



「TRAFFIC Dear Mr.Fantasy」






theme : 音楽
genre : 音楽

line


"ぷぅ" を失った痛手からリカバードしていくのはまだまだ時間がかかりそうです。

ここのところ 日中の気温が25度前後にまで上がる日が続いていて 春を通り越して もう夏? っていうような天気が続いているここ山陰です。

この陽気で、裏庭のつつじの蕾もいっきに開いてきました。


s-IMG_2887.jpg



s-IMG_2888.jpg



s-IMG_2889.jpg


昨日オフ日だったももPAPAは、

"お! 今日も布団干しに絶好の天気だ"

と張り切って車のルーフとノーズに布団を干そうと持っていったのですが・・

前日の夜の強風で降ってきたのか ルーフとボンネット フロントウインドウの表面は花粉やらホコリやら何やらでいっぱい

ほんのり湿らせた布巾でしっかりふいてようやく天日に



s-IMG_2890.jpg



昨日のチヨです

s-IMG_2884.jpg


ここでひとつ 動画を・・

"まる" だいぶ上手に歩けるようになりました(パートナーはサスケです)

う~ん もう少しだなぁ




話はまたコロっと変わるのですが・・

ブログの記事の更新を続けるって 考えてみればかなり大変なことですよね。

2~3日前まで "ぷぅ" をなくした寂しさから 日に2回 3回と記事UPしていましたが、さすがに息切れしてきました。

何でもそうですが 

まず、それをする時間を確保できないことには始まりませんが、これが 特に一人暮らししててあれやこれや一人でこなしながらやってる自分にとって "ブログを更新する時間を確保する" ことはかなり大変なことで
ブロガーさんのブログを訪問しながら 一方で更新となると 日が変わって夜中の2時 3時とかになってしまうこともこともあります。
なので、ほぼ毎日更新されているブロガーさん よくやっておられるなぁ っていつも感心するんですよね。



そしてまた話は変わるのですが

今週末からゴールデン・ウィークに突入するんですね。

ももPAPAは、ここ3年 東京メインでLIVE参戦してきましたが ガレージ屋根の修理やその他で諭吉さんや英世さんと何人もおさらばし、もうそれをするお金もないので今年は家でおとなしく、ワンコのお世話にいつも以上に精を出すことにしています。

数年前まで、ゴールデン・ウィークといえば、元奥と息子 そして じいさん・ばあさんを車に乗せて

浜田から高速に入り、広島のアルパーク(じいさんいわく 金なくなるパーク) そして広島そごうへ日帰りで買い物していました。
早朝早めに出て、基町クレドの駐車場へイン
時間が遅れると満車になるので、ほんと 早く出てました。

広島へ到着後 昼食をみんなで食べて、その後 元奥 じいさん・ばあさんグループ とは 息子 ももPAPAそれぞれ別行動

ももPAPAは、ソフマップやデオデオなどPC関係の店に入って時間をつぶし 貰った少ないお駄賃で必要なものがあれば買い足しを  そんな感じでしたね。




さて  今夜のミュージックは


久々に、スクリーンミュージックから・・
これも既出ものですが ご容赦を

映画の面白さ アイディア エンターティンメント性  どれをとっても自分の中ではいちばんの映画です



s-バック・トゥー・ザ・フューチャー
 


「Back To The Future Part1: The Power Of Love」  


「Johnny B. Goode - Back to the Future


最後に、殿方限定で18禁Sexy Dancing なクリップをひとつ・・
ただ、見所は前半部分のみでしょうか・・あくまでもももPAPA個人的な見解ですが^^


「Teach me how to Dougie Sexy versionLil'sAc」

theme : 音楽
genre : 音楽

line


気がつけば4月も残りあと1週間
 

世間ではいよいよゴールデン・ウイークに突入へのカウントダウン そんな感じですが

ここのところ、またいちだんと気温が上がり 4月下旬というより 日中は5月下旬並みの温かさ(暑さ?)になってるここ山陰です。

また 先週の土曜日の深夜から明け方にかけて、ものすごい強風が吹いて この時期にこんな風?
これも今まで記憶にないです。




話はコロっと変わるんですが


ワンちゃん  ニャンちゃんを飼ってらっしゃる方 ペットの名前はどんな感じで命名されてますか

ももPAPAの場合は 見た目や性格などを含めた "イメージ"  "直感"です。


チヨ → チワワ&ヨーキー だから じゃありません。  この子から感じたイメージ が "チヨ" でした^^

ぷぅ も・・ ほんとに "ぷぅ" だったからです。

決して  プードル&マルチーズ だったからじゃありませんw


人間も そして動物も・・
一人一人 またその子それぞれに その人(動物)だけが持っている個性がありますよね。
地球上でただひとつのオンリーワンの存在

だから 命って かけがえがないんですよね。




ひと仕事終わって 今日もワンコを乗せて買い物に

s-IMG_2877.jpg

一見 おとなしそうにしてるように見えるサスケですが、いやいや・・車の中ではあっちへこっちへと動き回っています


乗ると、すぐ膝の上にチョコンと乗っかるチヨ

s-IMG_2878.jpg


いつも立ち寄るコンビニの前で1枚撮りました

s-IMG_2880.jpg



裏庭のツツジの花がだいぶ開いてきました。(ちょっとピンボケになっちゃいました)

s-IMG_2882.jpg





ぷぅ 今までほんとに ありがとう そしてこれからもずっとずっと・・ぷぅのこと 心から 心から愛してるよ
ぷぅ(向かって右) と チヨ


s-IMG_2539.jpg



先日の記事にも載せましたが、永久保存版のたったひとつだけの動画です

"ぷぅ(向かって左) と まる"




またSaxの音が聴きたくなりました。
なぜか、この楽器の音を聴いていると 気持ちが安らかになるんです。


s-リチャード・エリオット


ヘッドフォンで聴くと、より深みと拡がりのあるサウンドで楽しめます♪


「RICHARD ELLIOT - I'm Not In Love」


そして、過去3年間 ももPAPAがこのブログで取り上げた曲の中で、ベストなナンバーを1曲
これほどハートに滲みるギターは後にも先にも聴いたことはありません。



s-garymoore_20120424053246.jpg


同じく、ヘッドフォンで聴くと より深みと拡がりのあるサウンドで楽しめます♪

「Gary Moore - Still Got The Blues (Live)」


そして、これももう何度もUpしてきた曲ですが、ハードで押しまくりなナンバーを・・
元 あのパープルの黄金期を支えたドラマー イアン・ペイスのドラム ソロも圧巻です


「Gary Moore - Hurricane」


☆ 昨夜(4月25日)は、体調を崩してご訪問できず、すみませんでした。
いろいろあって 疲れがたまっているようです。




 

theme : 音楽
genre : 音楽

line


悲しくて そして気分がむしゃくしゃしてます。


こんなときは 記事Upは控えたほうがいいんですが


ぷぅ の あの 何ともいえない顔   しぐさ
   
ゴハンのあと、水を飲ませてあげるためにキッチンへ行くときの "欲しい" サイン のキュンキュンっていう鳴き声 そして おいしそうに 喉をキュンって鳴らしながら水を飲んでる姿

今いるワンコたちの中でも、とりわけ体が小さかった ぷぅですが  そんなぷぅの

すべてが大好きでした。

今でも ぷぅのこと 心から愛してるももPAPAです。




そして・・

ぷぅ のことがあったので 頭から飛んでしまってたのですが  大切なことを忘れてました。




"チヨ" 先週の金曜日(4月20日)  3歳になりました♪


"お誕生日おめでとう チヨ"
ももPAPA Qちゃんや ぷぅちゃんのこと しっかり胸に抱いて
チヨたちのために頑張るから、これからも元気で過ごしていこうね



s-IMG_2371_20120423041158.jpg






そして、ミュージックは 心から愛しているギタリスト "Steve Lukather" のナンバーからまた数曲 ピックアップしました
もう何度も取り上げてきた曲ですが そこはご容赦を♪



s-Steve Lukather




「Steve Lukather Live91 Little Wing」


「Steve Lukather "Ever Changing Times"」


「Steve Lukather & Los lobotomys - Never walk alone」

theme : 音楽
genre : 音楽

line


気持ちを切り替えることは今の段階ではなかなか難しいことですが、

"ももPAPA いつまでもメソメソしてちゃダメ  前を向いて歩んでいってね。
あたしは短い期間だったけど幸せだったよ"



って "Q" と "ぷぅ" が言ってるような気がして・・

今回は、こんな動画を発見したので載せてみました。



って 無理やり空元気だしても なんか違和感あるなぁ

超手抜きな記事になりました。 ゴメリンコです



s-IMG_2870.jpg



s-IMG_1615_20120421213114.jpg





「Johnny Neon 'Hearts'」


「Titannica」


theme : その他
genre : その他

line


いくら悲しんでも、思いを巡らしても ぷぅ はもう還ってはこない・・


わかってはいても、辛い思いは湧きあがってきます。

"Q"を失った悲しみが少しずつ癒え始めてきた矢先のことで 今は ぷぅ のことがそれを包み込んでしまっています。



"人の心は悲しみに対して折れやすく、またいつかそれを乗り越えていく力も持っている"

ぷぅ を亡くした悲しみを乗り越えるには、時間がかかるとは思いますが 挫けることなく前を向いて 今いるワンコたちのためにも できることを精一杯やっていきたい そんな思いです。


そんな思いを抱きつつ、今回は
今まで上げてきた曲の中から、favoriteなナンバーを、ランダムに数曲 ピックアップしてみました。




s-音楽



ヘッドフォンで聴くと、より深みと拡がりのあるサウンドで楽しめます♪


「I'M NOT IN LOVE - 10cc」


「Richard Elliot - In The Groove」


「TAXI DRIVER」






 

theme : 音楽
genre : 音楽

line


他のことを書いて気持ちを紛らわしたい


そんなことをふと思いながら  でも ぷぅが亡くなったという現実は変えようもなく 今、その悲しみに心は包まれています。

"何かよくない運をしょいこんでるんじゃないだろうか" "我が家へ迎えることをしなければ、ぷぅは命を落とすことはなかっただろう"

などと思いはネガティヴなほうへほうへといってしまいます。


"生と死" は紙一重の距離を隔てて向き合っている

ほんの一粒のフードが、ほんの一瞬のはずみで ぷぅの命を奪ってしまった
"天命" とか "運" というだけでこれを見つめるのはあまりにも虚しい気持ちになって

目に見えない何かが働いた  そんな気がしてならないのです。

明白に原因があって必然的に起きることも多いですが、これは 今回の "ぷぅ" のことに限らず 世の中で起きていることの中にも、そのケースによっては言えるんじゃないか そんなことを思います。

地球上にあるすべての生物に対して、与えられている命はただひとつ

ほんのわずかなタイミングのズレ や 軌道からの逸脱がとりかえしのつかない結末へ繋がっていく

今回の ぷぅ のことは・・何かそんな思いを強く感じるのです。




沈み込む気持ちを束の間 ふっきろうとYou-Tube検索してて・・
あの "Jorian Ponomareff" の動画がヒットしたので掲載しました


「Jorian Ponomareff VS Bboy Keemo」

theme : わんことの生活
genre : ペット

line


"ぷぅ" のことでブロガーさんからたくさんのお言葉をいただき、ほんとうにありがとうございます。


ぷぅは、我が家に今まで迎えたワンコの中でも生後6ケ月を経過した時点で いちばんあどけなさが残ってて そのしぐさがたまらなく愛らしいワンコでした。

柔らかな毛並みとちょっと下ぶくれした体がまた可愛くて・・

ワンコたちは、どの子も自分の分身のような存在  我が子と同じ命の重さです。



息がなくなったあとの ぷぅの まだぬくもりのある体が次第に冷たくなっていくのがたまらなく辛く、悲しく思いましたが、天国に召された ぷぅ の顔が、安らかな表情へ変わっていったような そんな感覚でした。

何度も何度もあの子の体を撫でてあげて・・そのぬくもりが残っている感触はずっとずっと 忘れることはないと思います。

海の見える広い丘の上に、その体を 優しく そっと埋めてあげたとき その眠っているような顔を見て、涙がとめどなく溢れて止まりませんでした。

この世に生を受けて6ケ月半という短い生涯でしたが、"ぷぅ" の生きた証は 決して消えることはありません。


あの子の 死 を目の前にして 

悲しみや辛い思い が自由に自分の心の中から リセット そして 想起できるように自己コントロールできたら
どんなにかいいだろう って思いました。

この辛い思いが いつしか 何物にも代え難い思い出に変わるまで 時間を要すると思いますが 今はただただ、ぷぅ が安らかに眠ることができることを祈りたい その一心です。



"ぷぅ" 1月24日 撮影

s-IMG_2511_20120420194501.jpg



「Eric Clapton - Tears In Heaven (lyrics y subtitulos en español)

theme : わんことの生活
genre : ペット

line


思いを胸にしまっておくと苦しくていたたまれない気持ちになって こうして記事にしておきたい

その思いがこみ上げて・・ 読まれる方も悲しい思いをされるとは思いますが、そこはどうかご容赦ください。


人間でも、動物でも
 "そのとき" "今" が何事もなくて過ごしていても

"一寸先のことは目に見えない"

そのことを 今回の "ぷぅ" の急逝で身に滲みて感じました。


命あるものはいつかは・・・
とはわかっていても あまりにも早すぎて  "ぷぅ" のことを思うと 悲しみの気持ちよりも "不憫でならない" その思いを強く感じます。

"Q" の急逝のときも深い悲しみを味わい それがまだ癒えない状況での今回の出来事 


ぷぅが苦しんでいる状況を見ながら適切な対処ができなかった自分が情けなくて・・
かけがえのない命を救うことができなかったことが残念でなりません。





湧き上がる思いを切り換えて気持ちをポジティヴに持っていくことは今の段階ではとても無理なのですが、束の間でも気持ちを紛らわせることができたら

そんな思いで、今回は音楽ではなく ちょっと目に止まった動画をUpしてみました
これを観て気持ちが紛れるわけでもないのですが・・



ジョリアン・ポノマレフというライダーがコーンで作られた幅の狭い コース上を見事なコントロールによるドリフト走行で駆け抜けていく、神業の領域ともいえる超絶的なライディング映像です

s-jorian・ponomareff



「Drifting Motorbike - Drift Gymkhana - Jorian Ponomareff」


「Stunt Riding Life Motorbike - World Training - Jorian Ponomareff」



theme : わんことの生活
genre : ペット

line


"Q" のときもそうでしたが、"ぷぅ" にこれからしてあげられることは、"あの子といっしょに時間を共有できたことへの感謝" をひとときも忘れることなく 大切に胸にしまっておくこと

悲しみはそれを丸ごと受け止めて、いっぱい涙を流し 在りし日の姿を思い浮かべて "ありがとう" って感謝し続けること・・

ハロルド・シャープ という人が書いた著書に
 "ペットたちは死後も生きている" という本があります。

この本を読むと、


"肉体は無くなっても 愛するペットたちと今も繋がっている"

悲しみの気持ちの中に そんな思いがフっと湧き上がってきて、いつまでもメソメソしてたら天国に行った愛犬に心配をかけるから・・

そんな気持ちになれるようで その間だけは気持ちが少し落ち着くような そんな感覚になります。




s-ペットたちは死後も生きている


いつも、ゴハンのときには "Q" へお供えをしてお線香を炊いて、"ありがとう"って祈ったあと ワンコたちが食べるのをじっと見てるのですが

"ぷぅ" が亡くなったその日のゴハンのときは、おいしそうに食べているのを確認しながらPCを起動した・・その直後のことでした。


PCと"ぷぅ" がいたサークルの距離はわずか3メートルほど


"喉に詰まらせた" ことがすぐわかったので、じっと見ていたとしてもおそらくそれは避けることはできなかったのでは と思います。

"まる" もですが "ぷぅ"はときどき 過呼吸のような
 "ハーフー" というような呼吸をすることがあったので、それがたまたま食事中に起きて、食べ物を気管に吸い込んでしまったのか
そんなことも思ったりするのですが 

どんな状況が作用して "ぷぅ" を死に至らしめたのか

推測すればするほどまた胸が詰まるような思いになります。 どんなことを思っても、あの子とはもう会うことができない わかっていてもそのことを考えてしまう自分がいます。



ぷぅ(右) と チヨ  :2012年 2月2日撮影

s-IMG_2539.jpg



ぷぅがお散歩の練習をしてた裏庭の花の蕾・・だいぶふくらんできました。

s-IMG_2869.jpg


theme : わんことの生活
genre : ペット

line


今回の"ぷぅ" のこと 亡くなってまもなく半年になる "Q" のこと


身体的にそれまで全く異常がない状態で元気そのものだったワンコが・・

たて続けに2つの尊い命を失ってしまったことに対するショックは言葉にできません。 言葉を選びながら書いていても うまく言葉が見つかりません。


健康には十分気をつけてワンコに接していて、それでもこんなふうに突然起こる事態



なぜこんなことが起きるのか

もし 神が存在するなら、無慈悲すぎます。

時間を取り戻せることができたらどんなにかいいだろう

亡くなった "ぷぅ" "Q" のためにも 今いるワンコたちのためにも  もう二度とこんな悲しみは味わいたくない
思いはただ、それだけです。

いただいたコメントに対する返信が個別にできなくてほんとうにすみません。
思いはしっかりと受け止めさせていただいています。

気休めになるだけかもしれませんが、近いうちに
"お祓い" をしてもらいに行ってこようと思っています。


飼い主のもとに預けられている命を亡くすということは、どんな理由があるにせよ 飼い主に全責任があるわけですから
他力本願であってはならない そう思う気持ちも強く持っています。

命を守りきれなかった原因は、つきつめるところ 自分にあるわけですから・・




theme : わんことの生活
genre : ペット

line
line

line
プロフィール

ももPAPA

Author:ももPAPA
ももPAPAのブログへようこそ
写真はチヨ(チワワ&ヨーキー)です



おきてがみ 設置しました
ポチっとしていただければ、のちほど必ずうかがいます

おきてがみ


初めまして

ももPAPAと申します。


1953年生まれの獅子座(乙女座に近い獅子座です)

さすがに体力の低下は否めませんが、気持ちはまだまだ20代のつもりです。

血液型 O型

年はとっても気持ちは若く、ハートは熱いです。

大らかな面と、これは! とこだわる面もあって 部屋が散らかっていると気になって1日に2回は掃除をしています。
(ワンコの毛が舞い落ちることもあって そうしています。)

もともと好きだったことと自分の健康維持も兼ねて、4年ほど前にワンコを迎え、毎日元気と癒しを分けてもらっています。

"成せばなる 成さねばならぬ 何事も!"

"自分を信じ、未来を見据え、ブレない心で取り組めば、結果は必ずついてくる"
ももPAPAのモットーです。

line
最近の記事
line
最近のコメント
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
フリーエリア

現在の閲覧者数: アクセスカウンター blogram投票ボタン

line
フリーエリア

line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
sub_line