台風の影響のため、地元山陰では 夕刻から強い風が吹いています。 今後、各地に大きな被害が出ないことを願うばかりです。

先日の24日、ももPAPA 悩みに悩んで去勢手術を受けたサスケ・・

その後変わったこともなく元気に過ごしています。

ただひとつだけ 手術を受ける前 と 後 では サークルにいるとき おしっこをする場所が若干変わりました。
もっと詳しく言うと、手術を受ける前は サークルの淵に近い場所にしていたのが 淵より少し内側の場所になりました。


今までは右端の、サークルの淵に近いところ放水してたのが、このあたりになってます

s-IMG_3131.jpg


去勢手術は、発情期のストレス軽減 精巣部のガンや前立腺肥大などの病気に罹患するリスクの軽減 などのメリットがある反面  ホルモンバランスの崩れによって基礎代謝が減り、肥満になりやすい  尿失禁が見られることがある・・などなど デメリットの部分もあるようで これがちょっと気になるところではありますが

ももPAPAはやってよかった と思っています。

愛犬に避妊・去勢手術を施すかどうかについてはいろんな考えがあり メリットやデメリットについてもいろいろ言われていますが 最終的には飼い主さんがそれらをしっかりふまえて結論を出さなければなりません。

今後 モモたちの避妊手術も どうするか考えていかなければいけないことのひとつです。
病気の予防という面でみれば、手術を受けることのメリットは大きいようですが・・


夕食後のサスケ   う~ん・・まだちょっと満腹感足りないなぁ

s-IMG_3135.jpg



おととい 買い物の途中でパチリしたチヨ・・この日は暑かったです

s-IMG_3129.jpg



ところで、今朝 ももPAPA 大失敗をしちゃいました。

ワンコ部屋の掃除中 掃除機の本体を持って体の方向を変えようとしたら デジタルドラムの右端の、タムが取り付けてあるバーに当たって ジョイント部分がポキリ

隣市の楽器店に問い合わせてみたところ ジョイントの取り寄せは可能とのこと・・
値段は2千円くらいだそうです。
よく見て掃除すればよかったのに・・もう ドジふんじゃいました(ショボン)



s-IMG_3137.jpg






今日、行きつけのコンビニで発見  これ・・季節限定みたいですが
なかなかいけます!


s-IMG_3136.jpg







さて、今日のミュージックは・・ 懐かしのナンバーを1曲♪


s-Rubetts.jpg


「The Rubettes - Sugar Baby Love」

スポンサーサイト

theme : 洋楽
genre : 音楽

line


台風17号(ジェラワット)の影響で、地元山陰も 今朝からポツポツ雨が降ってきました。

このシーズンの台風は フィリピン付近の南海上で発生後、北上して偏西風の影響で途中から東寄りに進路を変える そんなパターンが多いですね。

進路予報図を見ると上陸は避けられない気配ですが、少しでもいいから進路がそれて大きな被害をもたらさないことを願うばかりです。


「台風17号 今後の進路など、気象庁が会見」



台風も怖いですが、それにともなって発生することもある "竜巻" これも怖いです。

ももPAPAは何年か前 九州方面へ行った帰り、海上に竜巻が発生しているのを見たことがあります。
そのときは幸い、距離が遠かったため 被害はなかったようですが・・

竜巻は台風にくらべて発生頻度がグっと低く 日本ではたびたび発生するということはないような気がするのですが 気象庁のデータでは 以外や以外 今年に入って "竜巻"と推定されるものが 25回も発生しているようで
これは驚きです。

「最近発生した竜巻などの突風の事例一覧(速報)」



"竜巻" は その規模によってカテゴリーがいくつかに分けられ(F0~F6)日本で発生するものはF2までのものが多いようです。

「竜巻を強度別に分類する藤田スケール」


s-竜巻


竜巻の映像
「Amazing shot of the 4-27-2011 alabama tornado」



竜巻とは違いますが、積乱雲や局地的な雄大積雲の中で発達する下降気流が地表面に衝突して四方に発散する爆発的な吹き出し風 "ダウンバースト"と言われるものもあります。

水平規模は一から数十キロメートル
大規模のものはマクロバースト、小規模のものはマイクロバーストとも呼ばれます。


s-ダウンンバースト


「ダウンバースト(下降噴流)」



「旅客機も地面に叩き落とすDownburstの貴重な映像?!」


台風から竜巻の話になってしまいましたが、17号への備え 十分気をつけて行いたいものです。
みなさん どうか十分気をつけてください。



さて、今日のミュージックは


過去記事でも数回とりあげましたが"Gary Moore" がコラシアムに在籍していたときのLIVEの中のインストゥルメンタルチューン

"Hurricane" を・・♪
速射砲のようなゲイリーのギターも迫力ありますが イアン・ペイスのドラム・ソロも圧巻です!



s-garymoore_20120929150520.jpg



ヘッドフォンで聴くと、より深みと拡がりのある音で楽しめます♪

「Gary Moore - Hurricane」

theme : 洋楽ロック
genre : 音楽

line


大型で 非常に強い台風 17号(ジェラワット)が近づいていますね。

気象庁による 台風の予想進路によれば、ちょうど 30日の "中秋の名月" の頃 ももPAPAの地元 島根は
予報円の範囲にすっぽり入ってしまいそうです。

いっぽう、台風18号は 直接本土上陸はなさそうな気配ですが、こちらも油断できませんね。


このジェラワット 何だかあの 平成3年のスーパー台風 19号(ミレーレ)を思い出すのですが・・

19号のときは、山口県沖を通過し ももPAPAが当時住んでいた浜田市でも瞬間風速 55メートルを記録しています。夜間が風のピークで 家が吹き飛ばされるんじゃないかと思うくらいの凄い風でした。

当時勤めていた小学校のプレハブ校舎の屋根が吹き飛び 玄関のガラスが何枚も割れて砕けたのを思い出します。
また、鹿児島県下甑島の航空自衛隊ヘリ基地の観測では、その年の9月27日の午後1時過ぎに最大瞬間風速88m/sを記録したそうです。


平成3年台風19号



台風情報 - 日本付近




ひさびさに  またきました  あ れ が・・


      



何とも言いようのない感覚

深夜、起きてトイレに行こうとして上体を起こそうとすると・・

ん??  また何かが凄い力で・・押さえつけてる 

それは・・夢の中で覚醒しているような あの何ともいえない不思議な感覚

体の上に、何かがのしかかって ググ~っと押さえつけられていて・・ 耳元に吐息がかかってくるような あの不気味な感覚

s-金縛り


ヤバイ!! まただ!

 朦朧とした意識の中で 目を見開いて胸のあたりに目をやると

そこには
・・

またサスケが乗っかっていましたw


s-IMG_1006_20120225045832.jpg

やっぱり  サスケ・・ またおまえだったのか


それはまだ子どもだった頃

夏休み  田舎のいとこの家の離れにある二階建ての別棟で寝ていた深夜 トイレに行きたくなったときのこと

トイレは階段を下りたあと いったん外に出て トイレがある小屋に入らないとならなかったのですが
それが怖くて・・

トイレも小さな電球が隅っこにひとつだけ灯った薄暗い場所で、戸を開けるとき ギギ~~・・と不気味な音を
たてるのもまたさらに怖さを倍化させていたわけですが・・

ドキドキしながらその戸を開けてみるとそこには


ぼんやりと薄暗い空間のなかに トイレにしゃがんでいる黒い人影が浮かび上がり その頭の部分がゆっくりとこっちのほうを振り返り 浮かび上がったその顔は・・

恐怖のあまり トイレを済ますこともできず  二階の部屋の窓から屋根瓦へ放水したことは今でも語り草ですw




さて、今回は久々に JーPOPから2曲  懐かしい曲になりますがピックアップしてみました。


s-八神純子


"八神純子"・・ 

彼女が20歳のとき プロのシンガーとしてデビューした曲

ももPAPA 学生生活が終わって、職につくちょっと前の頃でした。
何回聴いたことでしょう。 
彼女の伸びやかな歌声もさることながら、間奏で入るギターのフレーズも好きで、コピーもしたりしたものです♪



ヘッドフォンで聴くと、より深みと拡がりのある音で楽しめます♪

「思い出は美しすぎて (八神純子)」


そして もう1曲は
あの "チャゲ & 飛鳥" のデビュー曲

彼らは あの名曲 "万里の河" でブレイクしてから 今に至るまで 素晴らしい曲を数多く放ってきたユニットですね。
万里の河も好きですが、この曲も 味わい深くて ググっと滲みてきます♪



チャゲアス


「オープニング~ひとり咲き 熱風Live CHAGE and ASKA」
 

ん? これ どっかで書いたような・・

theme : 音楽
genre : 音楽

line


9月の下旬から 10月へ向かうこの季節

秋の行楽にもいいシーズンですが 長い夜をじっくりお酒でも味わいながら音楽を聴きながら過ごすのもまたいいものです♪

音楽の好みって 年を重ねていくにつれて変化していくものですね。 あ 自分の場合に限ってですが・・

若い頃は メロディアスで美しい曲も聴くのは好きでしたが、ガツンとくるハードなロックナンバー たとえば、フリーとか パープルとかをメインで聴いていたような気がします。

もともとあまりジャンルにこだわるほうではなくて、いろんな曲を聴いて いいな! って感じたものはリピートして聴いたり アルバムで深く聴きこんだり そんな感じでした。

で、今はどんな曲をメインで聴いているかといえば スムースジャズテイストな曲 でしょうか。

"さぁ これから聴くぞ" って構えて聴くような曲じゃなくて 肩の力を抜いて リラックスして聴き流せるような それで心地よい余韻が残るような そんな曲ですね。


今夜は "MARIBU" を トニックウォーターで割って
この曲を聴いています♪


s-IMG_3123.jpg


傍らには チヨが・・ チヨ ちょっと太った?

s-IMG_3124.jpg






リチャード エリオット

 

ヘッドフォンで聴くと、より深みと拡がりのある音で楽しめます♪

「Richard Elliot - Moomba」

theme : 洋楽
genre : 音楽

line


9月も残すところあと4日

今年もあと3ケ月ちょっとで終わっちゃうんですね。 ビックリ! そんな思いです。

今までも記事で書いたことですが、昨年秋からつい先日 今年の8月の終わりにかけて ももPAPAにとっては
今までの人生の中で 1か2 くらいの重さに匹敵するくらい 忘れることのできない大きな出来事が続きました。

ももPAPAが初めて 室内犬としてワンコを迎えたのが 今から4年ちょっと前・・平成19年5月21日
隣市から 両親が住んでいた家に移り住んで1年後のことでした。

少しでも気持ちの癒しと自分自身の健康のためになれば と思い迎えたのが 今いる "モモ" です。

モモと暮らし始めて、もうひとり遊び相手になれるワンコがいたらモモも退屈しないかも って思って迎えたのが
マルチーズ&コッカーの "Q" でした。 

活発だけどナイーブな面もあるモモ と 愛らしさと大胆な面をもった Q 
ほんとにいいコンビでした。

あとになって チヨ(チワワ&ヨーキー) と サスケ(ダックス)も家族になるわけですが・・

Qとは、昨年10月25日まで 2年と少しいっしょに過ごしました。
2歳と6ケ月でした。

そのQ は お星様になって今はいませんが、でも今でも生涯忘れることのない 心の中での大切な 大切な家族です。

Qからは "命の尊さ" "重さ" "かけがえのなさ" "感謝" "思い出"・・ いろんなことを教えてもらいました。

モモを迎えて間もなく・・ パピーの頃に迎え、優しく穏やかな面とちょっと天然で大胆な面が同居してたような
Qだけのキャラクターが大好きでした。


もうひと月で Qの1周忌を迎えます。



2010年 1月18日 撮影

s-IMG_0219_20120926180114.jpg



s-IMG_0216.jpg




s-IMG_0218_20120926180229.jpg


お別れの2日前に撮った写真です

s-IMG_2475_20120126161002[1]


過去にすがってばかりいるんじゃなくて 前向きにいかなきゃだけど  でも、思い出はいつまでも大切にしまっておきたいももPAPAです♪





さて、今日のミュージックは・・

過去1度?(いや 2度かな)取り上げたベーシストですが、ファンクなベースチューンを1曲

"Level 42" のリーダーでもあった "Mark・King" のチョッパーベースが凄まじい " Mr. Pink" を♪


20120508024402a4b_20120926183413.jpg



ヘッドフォンで聴くと、より深みと拡がりのある音で楽しめます♪

「Level 42 - Mr. Pink - Live at Reading - 2001」


theme : 洋楽
genre : 音楽

line


夕方、ふと空を見上げたら まだ薄明るい空に くっきりと月が見えました。

今日の月齢は "9"


s-IMG_3120.jpg



30日は15夜

天気がよければ 満月の "中秋の名月" が見られることになっています。


月を見よう


今までずっと迷っていたサスケの去勢手術  今日 無事終わりました。

病気でもないのに、体にメスを入れることが自然に反することじゃないか などいろいろなことを考えるとなかなか決心がつかないでいました。

でも、モモたちのヒート時のサスケのストレスなどのこと  そして、手術を受けることで、それが少しでも病気の予防などの面でメリットにつながることなどを考えて決心したことでした。

飼い主目線ではなく サスケの立場になって考え 悩み 決心したことなので後悔はしていません。


朝 10時に病院へ
そして 夕方4時前に迎えに行きました。

その間  "大丈夫だろうか・・今 もう手術に入ったのかな" など心配な気持ちがよぎったりもしましたが 迎えに行ったときのサスケの顔を見て 安心したと同時にジワっと涙がこみ上げました。


"よく頑張ったね サスケ  帰ったら また大好きなゴハン 食べようね"

ひと声かけたサスケの顔はとっても嬉しそうでした。


夕食後のサスケです  
ももPAPA ゴハン おいしかったよ~^^


s-IMG_3122.jpg

でも、ももPAPA 僕は何をされたの? って言ってるような そんな気もします





今夜のミュージックは、再び サックスのムーディ & メロディアスなサウンドを♪

20120519064718111[1]



ヘッドフォンで聴くと、より深みと拡がりのある音で楽しめます♪

「Dave Koz - I'll Be There」


「Dave Koz - Together Again」

theme : 音楽
genre : 音楽

line


日ごとに秋が深まって 秋晴れの下で散歩するのが気持ちいい季節になりました。

もう1週間もすれば10月  年間でいちばん天気が安定しているこの時期は、行楽にももってこいの時期ですね。
ももPAPAも 子どもがまだ小さい頃(小学校中学年の頃まででしょうか) いろんなところへ行きました。
もっぱら運転手役 渉外係といった感じでしたけどね^^

熊本県の阿蘇のペンションまで車で行ったのが 最長時間・最長距離の運転経験でしたが あれはさすがに疲れました。
高速を走るとはいえ 慣れない一般道もあり、そのうえあの頃はナビもつけてませんでしたから頼りになるのは地図と口です。
途中 わからなくなったら 近くを歩いてる人に聞く・・これで何とかなるもんです。
片道で7~8時間はかかったと思います。 距離にして600キロ弱・・

今乗ってるのはターボ車で燃費が悪いので これで行ったらガソリン代もハンパじゃないでしょう。でも それだけ運転する気力と体力がまず持たないでしょうね。


s-阿蘇 ペンション


今はワンコたちがいるので なかなかどこかへ・・ってことができないですが 昨年・1昨年・その前の年 と東京までLIVE参戦に行きました。
そのときは、近くのペットサロンに預けて行くのですが 何せ4頭となるとお金がかかって・・

昨年9月末の "TOTO" の金沢公演のときは 終わって帰る頃ちょうど台風が近づいていて飛行機が飛ばず、予定より2日足止めをくらって帰りました。

結局ワンコたちは5泊になって、財布がすっからかんになっちゃいましたから

周囲に預かってもらえる知り合いとかあればいいんでしょうけど もしあっても 4頭はちょっと・・;^^
ってことになるでしょうね。 となるとサロンしかないんですよね(泣 笑)



10月で3歳になる "サスケ" ですが 明日 去勢手術をしてもらうことになりました。
もっと早い時期にしてもらおうと思っていたんですが 獣医さんが "十分大丈夫です" と言われたので意を決しました。
ちょっとの間 エリカラつけることになるんでしょうけど サスケ 大丈夫かなぁ・・



手術はメリットのほうがデメリットにくらべてグッと多いと言われるていますが いっぽうではこんな情報もあったり・・
こんなの見ると 手術したほうがいいかどうか 直前になってまた悩んでしまうのもまた事実です。


ただ、本当のところ 真実はどうなのか・・は自分はわかりません。

「不妊去勢手術に対する5つの疑問」


s-IMG_1006_20120924142051.jpg
 


今日のミュージックは


映画 "プラダを着た悪魔" の挿入歌 としても取り上げられた "K.T Tunstall" の "Suddenly I See"

そして "TOTO" の グレッグ・フィリンゲインズのヴォーカルと スティーヴ・ルカサーのギターが冴える名曲 "Out of Love" の2曲を・・♪


ベースやドラムといった楽曲のビートを生み出す楽器の音色(それこそビートっていったほうがピッタリきますね)も好きですが、特に曲のサビなどでその曲にアクセントを与え、曲を盛り上げていくギターの音色もまたたまらなく魅力的です。
自分がルカサー好きだからということもありますが、曲を盛り上げるフレーズ展開のセンスが実に彼はうまいなって思います。



s-KT[1]





20120429212403b18[1]



 
ヘッドフォンで聴くと、より深みと拡がりのある音で楽しめます♪ 

「KT Tunstall  Suddenly I See」


「Toto - Out of Love」

theme : 洋楽
genre : 音楽

line


今日は近くの小学校が運動会でした。 全国的に今日あたりが運動会って学校 多かったんでしょうね。

この時期って 台風が到来するシーズンで、自分も現職の頃(つい5年くらい前)実施か延期か判断を下さなければならない状況に何度かたたされました。

小学校の1年間の行事っていろいろある中で 運動会は2学期が始まって最初の大きな行事なので、学校運営側にとっても保護者にとっても、子どもたちにとっても 予定通り実施できてそれが無事終わるとホッとしますね。

ももPAPAが住んでる山陰地方は若干風が吹いていましたが、朝から秋の太陽が降り注ぐ秋晴れで、絶好の日和でした。


話は変わりますが、人生って一寸先もわからない
ここ数年はそれを痛切に感じた年でした。  人生の大きな転機でしたね。

ももPAPAは3年ほど前 病気休職を経て退職 その間 離婚という大きな痛手も経験しました。
気をつければ防げたことだとも思うのですが、そういう運気の流れもあったんでしょうね。
もう過去のことなので これでよかったんだってポジティブに考えてますけどね。

そして今は隣市にあった一戸建ての建て売り住宅を手放して 空き家状態だった両親が住んでた家に3年前移転しそこで一人と4ワン生活をしています。

ひとり暮らしって気楽な反面 何かと気にかかること(たとえば古くなってる家の管理 将来の生活 ワンコの世話のことなど)もいろいろあって大変な面もあります。

でも今は自分が健康であることのありがたさに感謝しながら ワンズたちのためにもこれからもずっと元気でいなければならないって思っています。



今日のミュージックは また Steve Lukather の パワフルなヴォーカルとギターソングを・・♪


news_photo2[1]


201205160336007a4[1]



ヘッドフォンで聴くと、より深みと拡がりのある音で楽しめます♪

「Steve Lukather "Ever Changing Times"」  


「Steve Lukather - Brodie's (Studio version)」

theme : 洋楽
genre : 音楽

line


きのうは暑かったです。

季節は秋へと移り変わっていっているものの まだ夏が去ってゆくのを惜しむかのように土俵際で踏ん張っている
そんな感じですね。


季節にも移り変わりがあり、感情にも変化があるように 運気の変化というものもあるんでしょうね。

ももPAPAは あまり占いとかに興味や信心はないのですが、今年 2012年の運気は "▲凶" らしく そんなときには思い切ったことや新しいことへのチャレンジみたいなものはしないほうがいいとのこと


ももPAPA 今年の運勢 → 「ももPAPA 2012年の運勢やいかに」


確かに、昨年末から今年 今までに 怪我や事故 愛犬との別れ などの出来事が続いて気持ちがMAXまで凹んだのも事実です。
最近では "ふぅ" との別れが辛いことのひとつでした。

来年 2013年は運気が上昇していくとのことらしいですが、そんなことには捉われず、地にしっかりと足をつけて 今を大切に過ごしていきたいですね。



さて、今回のミュージックは・・


これも、もうすでに記事Upしたものになりますが、ドラム ベースといったリズムセクションメインでの楽曲をまたピックアップしてみました。

天才ドラマー "Dave Weckl"   そして こちらも日本が誇る天才ベーシスト "須藤 満" 氏 と天才ドラマー則竹裕之" 氏 によるリズムアンサンブルを・・♪


20120612221744e99[1]



s-sutoh_20111204002156[1]


ヘッドフォンで聴くと、より深みと拡がりのある音で楽しめます♪

「Dave Weckl (feat. Walfredo Reyes Sr.) - I witness」


「須藤満 「則竹裕之とのアドリブセッション」

theme : 音楽
genre : 音楽

line


9月ももう半ばを過ぎて下旬にさしかかろうとしてるこの頃

今まで暑かった夏 そして残暑がほんの数日前まで続いていたのに 何だか秋の気配が急に色濃くなってきてる
そんな感じのここ山陰です。

夏生まれだけど暑さに弱いももPAPA
 
過ごしやすくなる一方で、過ぎ行く夏への名残り惜しさと寂しさでセンチメンタルな気分に浸ってしまう時期でもあります。



前回 前々回 そしてその前の記事で 何だかいっきにエネルギーを使い果たしてしまったので 今回は 曲のみで・・

ルカサーフリークでもあるももPAPA
毎度 このブログではもうおなじみの曲になりますが・・

スティーヴ・ルカサー  彼の熱いヴォーカルとギターを聴くと、今でもハートを強く揺さぶられてしまいます♪
 



ルカサー



ヘッドフォンで聴くと、より深みと拡がりのある音で楽しめます♪


「STEVE LUKATHER & Los Lobotomys - Never walk alone」


「Toto Georgy Porgy LIVE」



Never walk alone ~Lyrics~

Keep searchin' for someone to tell me the truth
It seems like the longer I wait
Hesitate, it comes down to you
Time won't heal
Love ain't real anymore

Halfway to daylight
And my heart is open wide
It seems like the time that we shared
When we cared
It has passed us by
Life ain't fair, when I stare
At this picture of you

I feel the touch of your hand
And the look in your eyes
Oh! Don't ya know I feel just like dying
When the tears start to fall
And my heart turns to stone
I'm tellin' you baby
I never walk alone

Life ain't fair, when I stare
At this picture of you
I still feel the touch of your hand
And the look in your eyes
Oh! Lord I feel like dying
Cause when the tears start to fall
And my heart turns to stone
I never walk alone


theme : 洋楽
genre : 音楽

line


パートナーの命を最後まで守り通すことを心に誓って日々接していても 何らかの事情ができて それを続けていくことができなくなったとき 周囲に誰もその命を引き受ける受け皿となる人がいない場合どうすればいいか

その子のオーナーが今元気でも 先で何が起こるかは誰もわからない

そんなことを考えたとき、ペットと暮らしている周囲の人とのネットワークをふだんから築いていくことも大切なことだって感じます。

愛するパートナーとずっと暮らしていくのがいちばんの理想ですが、それができなくなる可能性はありえることだから・・

ももPAPAは過去、愛するワンコと暮らし続けることが不安になり 気持ちが定まらないまま保健所に出向いたことがあります。
でも、翌日 そうしたときのこの子たちの運命を思ったとき、とてもできることじゃないと お願いして連れ帰りました。


ここ近年 その数は減少傾向にあるといわれてますが、途中で飼い続けていくことができなくなって飼い主によって保健所に持ち込まれる犬・猫たちが 保健所で引き取られる数の上位を占めているという現実

"行政は持ち込まれた犬や猫を拒むことなく引き取らなくてはならない" と法律で明記されていることが大きな前提としてあるわけですが 持ち込まれた場合 その多くは殺処分されることになります。
譲渡会を通して里親に引き取られることもあると聞きますが その数は 殺処分される犬や猫にくらべると圧倒的に少ないのが現実

飼い主の都合で 生死を分けられる動物たちが今もたくさんいる この悲しい現実を少しでもなくす方向へもっていくことはできないのでしょうか

自治体によっては 飼い主が持ち込んだ場合、引き取らないで自分で里親になれる人を探すよう指導しているところもあると聞きます。

利益追求のために様々な犬種が作り出され それを買い取って販売するペットショップの存在 そしてそれを安易な一時的な欲求で買い求める自称 飼い主
それで飼えなくなったからと 保健所に持ち込んだり 捨てたり・・

その 悪の連鎖をどこかで断ち切ることはできないのでしょうか


ももPAPAも ブリーダーさんから迎え入れたワンコたちと暮らしているので こんなことを言っても説得力はゼロですが 

保健所の管理室で "死" を待っているワンコやニャンコたちの中から伴侶を見つけ、迎えることも 微々たる数ではあっても 命を救う手立てになることと思います。

また、ブリーダーやペットショップは、終生飼育できない飼い主には生体の販売はしない

特に下記のほうについては それが法律化でもされると今の現状よりも少しでも状況がよくなってゆくのでしょうか そのためには今の現状を少しでも政治家たちに目を向けてもらうように働きかけていくことも大切なことだと思うのです。

人間も ペットたちも 命の重さは同じ
人間が彼らの命を奪っていいわけがありません。生きていく権利があります。


今回もちょっとシビアな内容の記事になってしまいました。




では、気分を変えて 今回もまたスムース・ジャズテイストなサックスの音色を♪


s-リチャード エリオット


ヘッドフォンで聴くと、より深みと拡がりのある音で楽しめます♪

「Richard Elliot - Boom Town - from In The Zone」



theme : わんことの生活
genre : ペット

line


ふぅ のこと 記事にするまでは自分の心の中にだけしまっておこうと思っていました。

初めて "モモ" を迎えたときは 4頭のワンたちをパートナーとして迎えることになることは思っていなかったのですが・・

よく 多頭飼い といわれわれますが メリットもある反面 またデメリットもあることは確かです。

犬はもともと 群れの中で生活し そこでリーダー的存在が誰かを認識し いろいろなことを学んでいくと言われます。 
個々のワンたちがともに過ごしていく中で、いろんな経験の中から その子の個性がはっきりと出てくるのを見ているのも楽しいものです。 これはメリットの部分でしょうか。


しかし 頭数が多い分 それぞれのワンたちに手をかけてあげる時間はそれだけ時間的に少なくなるわけで、均等に同じようにじっくりしっかり それぞれの子と向き合っているつもりでも 1頭その子だけというような場合と違ってきます。

そしていろんな面で 頭数分経済的に費用がかかること

デメリットといわれるものは 主にこの2点でしょう。


パピーの時期は なおのこと細やかに目を向け 愛情をしっかり注ぎながら接してあげることが大切なので そういうことを考えれば 他に犬が何頭かいるような環境より その子だけにしっかり目を向けることができるような状況がいいかもしれません。

でも、小さいうちから他のワンコたちと接しながら社会性を身につけていく という点では 多頭飼いしてる環境の中に迎えることもいいことだ とも思います。

ただ、それは 自分以外に家族がいる状況の中で 複数の目で見守ってあげられる環境があってこそできることでもあるので ひとりでそれをしていくのはかなり難しいことも生じてきます。

パピーの時期はフードをお湯で柔らかくふやかして 1日に3~4回食べさせてあげる必要があるし、ウンチやおしっこも成犬にくらべて多く 1歳近くまではテンヤワンヤな状況になるので それらを他のワンたちの世話と並行してこなしていくことは やってできないことはないのですが 毎日となるとかなり大変なことです。

そういうことを思ったとき、成犬の場合 4頭というのは一人で掌握できるワンコの頭数の限界かな とも感じています。


我が家の個性ゆたかな4ワンズたちです

写真 上から 
"まる" "チヨ" "サスケ "モモ"


s-IMG_3108.jpg



s-IMG_3095.jpg



s-IMG_3116.jpg



s-DSC00402_20120918180914.jpg

"まる" は 今月12日に 1歳の誕生日を迎えました☆

"サスケ"   あと3週間で 3歳の誕生日を迎えます☆




今夜のミュージックは "Stuff" のナンバーから あの "My Sweetness" を・・


s-スタッフ


ヘッドフォンで聴くと、より深みと拡がりのある音で楽しめます♪

「Stuff - My Sweetness」

theme : わんことの生活
genre : ペット

line


記事にすることをとても悩みましたが、自分ひとりだけで抱え込んでいるととても苦しく辛いので 思い切って書くことを決心しました。

昨年末、家族にと迎えた愛犬 "ぷぅ" が今年の4月 予期しない事故で亡くなって ももPAPAはずっと悲しみにくれていて ぷぅのことが1日も心から離れず ぷぅの育てのブリーダーさんともそのことで胸の内を何度も話したこともありました。

そして、思い悩んだ末 亡くなった ぷぅ との別れの寂しさと感謝の思いを大切に心の中にしまいながら 新しく家族として ぷぅ の兄弟犬(異母兄弟になるのですが)を迎えることになり この7月半ば我が家に迎えました

名前を "ふぅ" と名づけました。犬種はマルプー(MIX)です。

ぷぅ とお父さん犬が同じということもあって しぐさなどもとってもよく似た子でした。
可愛くて、他の子たちといっしょにこの子を最後まで守り通す ことを心に決めてともに過ごして ひと月ちょっと過ぎた あるときのこと

ときどき弟が訪ねてきてくれるのですが


ももPAPAひとりでワンたちの世話をすることが 今後のことを考えたとき 体力的・精神的に負担がかかりすぎるんじゃないか 見てて辛いよ
一人身で これから年を重ねていくと それは今以上に大きくなってどこかで行き詰ってしまう そうなるとワンコにとっても ももPAPAにとってもいいことじゃない 


ふだん彼が思ってた胸の内を 彼はそのとき話してくれました。

でも 何とかなるさ 迎えた子たちは我が子といっしょだから
体力的にきつくても最後まで見守っていかなければ それは飼い主として自分が最低限この子たちにしてあげなければならないことだよ


と ももPAPAは彼に話しました。

でも 彼は
 

兄貴が倒れたらこの子たちはどうなる? そうなる前に せめて この まだ生後4ケ月足らずの ちびだけでも誰か最後まで見守ってくれる人を探したほうがいいんじゃないだろうか と・・

いや 何とかするから大丈夫  と彼には言いましたが

今まで持っていた思いがこのときはじめて揺らぎ ほんとに思い悩みました。

弟以外の人とも相談しに行きました。(保健所に勤務してる人で 飼育相談も担当されてる人です)

そして この子の里親になってくれる人を探してもらうことになり その人に預けたのですが・・
個人情報として その里親になってもらえる人のことは話せないけど 最大限 善処させてもらいましたので安心してほしいです。とのことでした。

後悔の気持ちはまだ今でもあります

大変だけど ふぅ を幸せにしてあげようという思いで迎えたのですから・・

あれから 何も手につかず ふぅ の可愛い目やしぐさを浮かべては涙がこみ上げる毎日です。

ももPAPAは ふぅ をずっと手元において あの子の成長を見守っていきたかった
それは今でも心の中に強く思っています。  でも ふぅ のことを考えたとき 今の状況で暮らしていくよりも誰か 最後まで愛情を持って迎えてくれる人のもとで暮らすことがあの子の幸せを考えたとき それがいちばんいいんじゃないか そう思って 辛かったですが 今回の選択を選びました。

ふぅ と遭うことはなかなかできないことだけど あの子の幸せを願いながら これからも今いるワンたちに愛情を注いで成長を見守っていきたいと思っています。



迎えた頃の ふぅです
  
s-IMG_3092.jpg



s-IMG_3093.jpg


「7月19日 撮影の動画」


「7月19日 撮影の動画 2」


ふぅ より先に迎えた兄弟犬 "ぷぅ" のことについては 4月16日前後の記事の中で書いています 


前にも挙げた曲ですが ふぅ とのお別れの日 前後に この曲がTVを観ててもよく流れていて聴くたびに熱いものがこみ上げてきます。

二番煎じですみません。


新しい飼い主さんとの出会いが ふぅ にとって 新たな "The Biginnig" となることを祈ってやみません。
 

20120707222141ae9[1]


ヘッドフォンで聴くと よりいっそう深みと拡がりのある音で楽しめます♪

「絢香 The beginning12 キミへ」

theme : わんことの生活
genre : ペット

line


ひと月半ぶりの更新です

9月になって1週間が経とうとしていますが、日中はまだ30度以上まで気温が上がって暑さが体にまとわりついてくる そんな感じのここ 山陰です。

でも、夜になって耳をすますと 秋の虫たちの鳴き声が聞こえてきて 少しずつ季節は夏から秋へと移ろいでいってるんだなって感じます。

夏の真っ盛り 連日 猛暑日が続いていた頃は 暑さでバテ気味だったももPAPA

夏が来るまでは買い物に一緒に連れて行っていたワンズたちも さすがに車に乗っけて行くのは無理なのでその間は エアコンを28度設定にしてお留守番 でした。

 

ブログを休止してすぐ "まる" をトリミングしてもらったのですが あれからまた毛が伸びてきたので自分でカットしたところ タイガーカットになってしまいました。

すそをちょこっと刈るのと違って 全身カットとなると素人ではなかなか難しいものです。

"まる" ごめんね~

s-IMG_3097.jpg


おなか なでなでしてほしいポーズの チヨ

s-IMG_3094.jpg


ぼちぼち マイペースでのんびり更新していけたらと思っています。


今夜のミュージックは


お気に入りのサックスの曲の中から・・♪

"Richard Elliot"

1997年に発表されたアルバム "Jumpin' Off" に収められた珠玉の1曲を

s-リチャード エリオット


ヘッドフォンで聴くと さらに拡がりと深みのある音で楽しめます♪

「Richard Elliot - In The Groove」

theme : 今日の1曲
genre : 音楽

line
line

line
プロフィール

ももPAPA

Author:ももPAPA
ももPAPAのブログへようこそ
写真はチヨ(チワワ&ヨーキー)です



おきてがみ 設置しました
ポチっとしていただければ、のちほど必ずうかがいます

おきてがみ


初めまして

ももPAPAと申します。


1953年生まれの獅子座(乙女座に近い獅子座です)

さすがに体力の低下は否めませんが、気持ちはまだまだ20代のつもりです。

血液型 O型

年はとっても気持ちは若く、ハートは熱いです。

大らかな面と、これは! とこだわる面もあって 部屋が散らかっていると気になって1日に2回は掃除をしています。
(ワンコの毛が舞い落ちることもあって そうしています。)

もともと好きだったことと自分の健康維持も兼ねて、4年ほど前にワンコを迎え、毎日元気と癒しを分けてもらっています。

"成せばなる 成さねばならぬ 何事も!"

"自分を信じ、未来を見据え、ブレない心で取り組めば、結果は必ずついてくる"
ももPAPAのモットーです。

line
最近の記事
line
最近のコメント
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
フリーエリア

現在の閲覧者数: アクセスカウンター blogram投票ボタン

line
フリーエリア

line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
sub_line