上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

こんにちわ   ももPAPAです。


今回は短い記事更新となります。



アフコノさん  あと数日で迎えることとなったのですが、

悩んでいることが・・



というのは


基本 ハウスがメインといえど  伸び伸び動ける場も設定してストレス発散できるようにできたらと思っているのですが

そうなると、飛んで何かにぶつかって怪我 もしくは羽根・足などを痛めるというリスクもあるわけで・・

そこらあたりをうまくカバーできたらいいんですが なかなかいいアイディアが出てきません。


何か名案はないものかと、時間をみては情報を集めているところです。

そんな暇はないかと思いますが、どなたか いいアイディアがあったら教えていただけますと喜びます。




c0e0bc6490.jpg



data-0010174.jpg


個体は、5月生まれ とのこと   ナナもですが、成長期ということもあり 食べる量もかなりのものだということを聞いています。 


それにしても、よく首が動きます。 何だか、"ハリコの虎" みたいで吹いちゃいそうですが;^^

この動画のアフコノさんも2ケ月くらいなので きっとこんな感じなんでしょう



ここは居心地いいなぁ



こちらはまたいちだんとミニサイズで・・ 触ると壊れちゃいそうです


アカスズメフクロウ タマちゃん



こちらは・・・  ん? どっかで見たことあるような顔 気のせい?


キンメフクロウの〇〇ちゃん




置き手紙 が なぜか クリックしてもいつもタイムアウト になってログインできない状態です。
なので はずしてしまおうかとも考えています。





ということで、曲のほうですが

ミディアムスローな Fanky Smooth Jazzサウンドってことで

"THE CRUSADERS" の  "Scratch" を♪


The_Crusaders_1977.jpg



ヘッドフォン もしくはイヤホンで聴くと、より拡がりのあるサウンドで楽しめます♪

THE CRUSADERS / Scratch
スポンサーサイト
line

今日も真夏日のここ山陰です。

でも、台風の影響もあってか 午後から少し雲が多くなってきています。


まだまだ過去の出来事を振り返って感慨にふける年でもないんですが、

こうやって、たまに更新するブログをしたためていると 自然に 若かりし頃の思い出話を記事にすることが多くなってくるんですよね。

あの頃は、刺激を求めて危ない橋も渡ったり 今思えば よくあんなことをやったもんだ  と苦笑いしながら思い出すことがあるんですが ブログの記事となると そういう経験などが何故か 更新意欲を刺激してネタになることが多いです。

ブログなんて、体裁とかはどうでも 書きたいことを記事にすればいいんでしょうけど、意識的にも無意識的にも 読む人を意識して書くから オブラードで1枚包んだような表現になってしまうこともよくあります。

でも、今回はちょっと直球でいってみるか  って感じで書くこともあります。

上のような場合 ほぼストレートでいくことのほうが多いかもしれません。




あれは 大学1年のとき

校舎は静岡にあったのですが、学部生1年生全員で 遠足に山中湖方面に向かったときのことです。

途中 富士急ハイランドに立ち寄り、そこで "ジャイアントループコースター" なるものに初めて乗ることになったのですが

それまで 回転系遊具やコースター類は苦手ではなかったのが そのときの体験以後 全く搭乗できなくなるほどのトラウマを抱えることになったんです。

それは今までのものとは全く違って、桁違いのスケールで

落差がなんと 60メートル

そして、コースの途中には キリモミ状態でで突っ走る部分と、ダブルでループを描きながら疾走する部分があって

それがひと息つく暇もなく続くという まさに驚愕のコースター

P1010992.jpg


スタートしてから  カタンカタンカタン・・ と車体がゆっくりとコースターの頂点に差し掛かって トップで一瞬ストップしたかと思うと
まるで高層ビルから急降下でダイビングするかのような猛烈なスピードで 心臓が口からせり上がってくるような感覚を味わったと
思うと

そのままの勢いで後部シートへ体ごと押し付けられているような加速Gが襲い掛かり 瞬く間に上昇軌道からループ軌道へと車体は吸い込まれ もう失神の一歩手前状態で身体は硬直したまま 気付いたらスタート地点近くまで戻ってました。

コースターから降りるとき 全身の力が抜けたような状態になって、膝にも力が入らず 膝はガタガタと震え、降りてもまだ残っている浮遊感のせいか、感覚が麻痺したような状態で歩くのがやっとでした。

これに乗って キャッキャ 騒いでいる人は 神経どうなってんだよ! って思うほどの強烈な体験でした。

あれ以来 ジェットコースターなるものに全く乗れなくなった 何とも罪なコースター体験でした。



これは富士急ハイランドの最新型絶叫コースターですね
座席ごと回転しながら急降下 急上昇
それに加えて、仰向け状態でキリモミしながら垂直落下 私なら死んじゃいますね;w

 
【富士急ハイランド】 「ええじゃないか」全貌  絶叫マシーン/ジェットコースター



"まる"  暑いので サマーカットにしてもらいました。
ももPAPAもカット練習するんですが、なかなか難しいです。


IMG_4736.jpg


動画も撮れました

まるちゃん さっぱりしたね~



というところで、今日も1曲

今回も、また聴いてみたい邦楽ナンバー ということで1曲
この曲も何度か紹介させていただきましたが



m_p014_img02-2b4e6.jpg


ヘッドフォン もしくはイヤホンで聴くと、より拡がりのあるサウンドで楽しめます♪

オリビアを聴きながら 尾崎亜美
line

ももPAPAです。


昨日は土用の丑の日 でしたね。


いつも立ち寄るスーパーでも、うなぎの蒲焼きが結構な値段で並んでいました。


うなぎといえば、子どもの頃

夏休みが始まるとすぐに 田舎のいとこと一緒に 近くを流れている川べりに、ウナギかご を仕掛けによく行ったものです。



一度入ったら絶対に出ることができない構造になっていて、さすがのウナギも入ったら諦めるしかありません。

a0066081_21352612.jpg




仕掛けは夕刻6時頃に済ませ、翌朝早朝に川から上げます。
このときがいちばんワクワクします。 そして・・




P1050136.jpg



綺麗に捌いたあとは 串を刺して蒲焼きに・・

photo-1220233414132925.jpg


額に汗をかきながらビール片手に、熱い油がジュっとしたたる身を口に含む

といきたいところですが ももPAPA  グっとこらえて冷奴で乾杯 といきました。

市販のウナギはこの時期高くて、額にはヒヤ汗が出ますね~


こちらは梅雨が明けて毎日うだるような暑さが続いていますが、台風(12号)の動きも気になります。

明日あたりから天気が崩れて、来週初めにはかなり影響が出てきそうです。

恵みの雨を降らせる  程度で終わってくれればいいのですが、そう簡単にはいきそうにないような気がします。






さて、

アフリカオオコノハズクさん

お迎えの日が決まりました。   来月(8月) 1日です。

来月末 ということにしていましたが また予定が早まりました。

70726f647563742f386261343865396238612e4a5047003235300000660066.jpg




この 下のサイトの中の動画に登場するのは前回の ポポちゃん です

珍獣アフリカオオコノハズク、フリーザも驚愕の第1形態から第3形態までの変身っぷりがスゴイ!


"コノハズク" にも色々種類があって、次の動画に登場するのは "スピックコノハズク"  で、いちだんとミニサイズでとってもキュートなコノハズクさんです。


o031504201303567728530.jpg



スピックコノハズク くるみちゃん



コキンメフクロウのナナを迎えての経験で、 ケージの扉を開けたとき、その隙間から出てしまうことが何度かあって 高い場所にランディングしたために捕獲にひと苦労ということがあったため 足紐を付けることも考えました。

ただ、それをした場合  ケージ内で足を絡めてしまって足を痛めたり、

飛んだとき どこかに紐を引っ掛けて宙吊りになって大事に至るケースもありうることも考え、オオコノハズクさんは、足環だけ付けてもらって紐は外しておこうと考えています。



こんな感じの足紐です これが常時付いてると・・・

(動画をひとつ拝借させていただきました)

アフリカオオコノハズクの水浴び


ワンコのように、人間と暮らすことに慣れていて それなくしては生きていくことができない動物と違って、フクロウなどの 元々野生で暮らしている動物を飼うことは、人間が思っている以上に 彼ら自身にとって危険要素は周囲にたくさんあって それを飼い主が十分に知って対処しないと 取り返しのつかないことになることをしっかり理解した上で飼育する必要があります。

それをしないと、飼い主自身が怪我をしたり、命に関わる事態に直面したり といったこともゼロではありません。

ケージ飼い の場合でも、 彼らが過ごせる適切な空間の確保以外に、外部へ出てしまったために ロストしてしまう というようなことが起きないように細心の注意を払うことが必要です。

飼ってわかったことですが、なかなか大変です。

でも、それは覚悟の上で迎えたわけですから  あとは 彼らが少しでも健康で 元気で過ごせるように飼い主としてやれることは精一杯やっていきたいです。

それが飼い主としての責務でもあり 動物と暮らすことの醍醐味 でもありますから

その一方で

野生の動物は野生の中で生きているのであって、彼らを人工の環境で飼育することへの抵抗感というんでしょうか

何か、自然じゃない感覚も意識の片隅にあります。




今回は、また Funky & Cool な ギターインストナンバーを1曲

ということで、Ronny Jordan による So What  をピックアップしてみました♪


RonnyJordan2.jpg



ヘッドフォン もしくはイヤホンで聴くと、より拡がりのあるサウンドで楽しめます♪

Ronny Jordan - So What




そしてもう1曲

"もういちど聴きたい邦楽ナンバー" と題し 1曲

この曲をピックアップしてみました。


いい曲を作り、そして歌える数少ないアーティスト  また歌う姿が見たいです。



男と女 / CHAGE and ASKA
line

ももPAPAです。


梅雨明け初日の7月20日 21日と真夏日でしたが、今日は午後から雲が多くなり、途中でポツポツ降ってきました。

これから本格的に夏が始まりますが、強い日射しで熱くなった大地を潤す恵みの雨  いいタイミングで湿り気も与えてほしいところです。


さて、今回は

フクロウにまつわるお話(実話)をひとつ ご紹介したいと思います。

それは、こちらのサイトになるわけですが・・

8e06b40b.jpg



視力を失う代わりに瞳の中に宇宙を宿した。フクロウのゼウス、無事保護される(アメリカ)


生死の境を彷徨う危機一髪のシチュエーションを、おそらく 彼?が持ち合わせていた幸運で脱却し、元気が回復したゼウスくん

その瞳は、実際に巡り合った人やネットを通して彼の写真を見る人すべてに、命の尊さと 動物愛護・自然保護の大切さを心から湧き起こす魅力に満ちています。



さて、今回は、Funky Smooth jazz   とでも形容したくなるような インストルメンタルナンバーを2曲ピックアップしてみました。


1曲めは、Ronny Smith  "City Groove"


そして2曲めは

リリカルでファンキーなキーボードが印象的な Brian Culbertson  

"Do You Really Love Me" を♪ 




ronny2.jpg




Nice++Slow+cover.jpg





ヘッドフォン もしくはイヤホンで聴くと、より拡がりのあるサウンドで楽しめます♪

Ronny Smith - City Groove



Brian Culbertson- Get It On



line

ももPAPAです。


7月も下旬にさしかかってきました。

気象庁によれば きのう 7月20日に、山口県を除く中国地方、四国、近畿、東海地方が梅雨明けしたとのこと

その梅雨明け初日のきのうは ほんとに暑かったです。


写真は、 "海洋館アクアス" の遠望です

20140723_093024.jpg




この時期、ちょうど梅雨が明ける頃  土用の丑の日前後は1年でいちばん暑さが厳しいと言われますが
それを心底、実感した1日でした。

それに続いて 今日もまたきのうに負けず劣らずの暑い1日となりました。

この時期は、さすがに "夕刻のワンコの散歩" は無理で、

日中に降り注いだ太陽光線によって熱くなった地面からの照り返しで 夕刻前 午後4時くらいから 放射熱で蒸し返す時間帯でもあって、 毎日 裏庭に面する道路のアスファルトと簡易ガレージの屋根の波板 そして裏庭に打ち水をするのですが、それでかなり蒸し返しが柔らかくなります。


そんな日でも まだ6時にならない頃に アスファルトの上を歩かせているワンコオーナーさんを見かけますが、

あれはワンコにとって拷問のようなもので 特にダックスなどの体高の低いワンコにとっては お腹の部分が地面にほとんど触れているようなもので、見ていていたたまれません。

もっとワンコの目線で考えてあげてほしいなっていつも思います。


そして、ワンコオーナーの私も

"十分な水分補給  栄養補給  そして  十分な睡眠時間の確保" に気を配りながらこの暑い夏を無事乗り切っていきたいです。




前置きが長くなりましたが、


先で いつか迎えて世話をしてみたい  と思っていた "アフリカオオコノハズク"

予定より早く それが実現することとなりました。



この鳥(フクロウ) になります。


f9601888768519a3d0bc34aa39cd70da.jpg


10122229.jpg


10122187.jpg


思い出すのが フリーザの形態変化
最終形態は?  3番目かな?w



こちらは、最近 拝借させていただいた動画ですが・・   

アフリカオオコノハズク ポポちゃん


ハウスの完成が 来月後半の予定ですので お迎えはそれ以後になります。

まだまだ 先は長いですが 少しずつ 動物家族の様相を呈してきつつある ももPAPA家です^^



というところで

そろそろ・・


今回は、久しぶりに この人の刻みだすビートに浸ってみたくなって1曲ピックアップしてみました。

gadd_5687b.jpg

この グルーヴ・・
 
もう 円熟の極みというか  そのペダル捌き スティック捌きから紡ぎだされるビートがたまらなく心地いいです♪

Gad is God!
 

ヘッドフォン もしくはイヤホンで聴くと より拡がりのあるサウンドで楽しめます。

Chega de Saudade - Steve Gadd 


line

ももPAPAです。


地元 山陰ですが、台風が直撃コースを辿りながら接近中です。

島根県では、小中学校149校が、台風の影響がピークになると推測される17日 休校措置をとっているようです。



コースにあたる地域 そしてそれに近い地域の皆様 十分にお気をつけください。



岩手県矢巾町の中学2年生 村松亮くんが いじめを受けて自ら命を絶った事件

自分も長年 教職の身にあったこともあって 胸が詰まる思いで受け止めました。

そして、最悪の事態になるまでに 彼の思いを受け止め、力になることが、担任 そして学校になぜできなかったのか

ほんとうに残念でなりません。


亮くんは、担任教師に いじめを受けていることを繰り返し ノートを通して訴えることでSOSを出していたといいます。
先生を信頼していたからこそ 力になってほしいと訴え続けたのでしょう。

先生も、クラスの いじめを行っている生徒に やめるよう注意をした ということですが でも、それはなくなることはなく
継続して続いたために

亮くんは どうすることもできなくなって、死 を選んだ・・

まだ14歳という年齢で それはあまりにも辛い選択です。 あまりにも過酷すぎます。


そこまで追い詰められていた彼の思いに心を馳せると、胸が割けそうになるほど辛くなります。


自分は わけあって独り身になりましたが 世界でたったひとりの息子がいます。

今は親権はもうありませんが 血を分けた かけがえのない肉親です。

連絡をとりあうことは ほとんどないですが、 親として思うことは 彼が元気で頑張っていることがいちばん嬉しいです。 

息子さんである 亮くん を亡くされたお父さんの心中を思うと 言葉がありません。


先生は どうして他の先生や教頭先生や校長先生に亮くんがいじめを受けていてことを伝えなかったのでしょうか

そして、全校体制で そのことについて対処できなかったのでしょうか

それとも、伝えたにもかかわらず、学校全体で解決すべきこととして認識しなかったのでしょうか


命はたったひとつしかありません。 かけがえのない命です。


今、自分にできることは 亮くんのご冥福を祈り ブログを通して 

全国の小中学校のクラスにいじめがあるのであれば、担任の先生 そして先生方 校長先生・教頭先生方が それぞれその責務を果たす中で

いじめは絶対に根絶する  という強い決意で 子どもたちの 

" 心の痛みに共感し、いじめを許さない人権意識を育む" 教育活動の実践を切に願い 呼びかけることです。



この曲は、エリック・クラプトンが、1991年に、まだ4歳だった彼の最愛の息子 コナーくんがアパートの53階から転落して亡くなったとき その悲しみを歌詞に綴った曲です。

img9d839a45zikazj.jpg



Eric Clapton - Tears in Heaven

~Ryrics~

Would you know my name
If I saw you in heaven
Will it be the same
If I saw you in heaven
I must be strong, and carry on
Cause I know I don't belong Here in heaven

もし天国で会ったなら
僕の名前を憶えていてくれるかい
もし天国で会ったなら
前と同じようにいられるかな
僕は強くならなければいけない 生き続けなくては
だって僕はわかっているから
自分が天国にいるべき人間ではないってことを


Would you hold my hand
If I saw you in heaven
Would you help me stand
If I saw you in heaven
I'll find my way, through night and day
Cause I know I just can't stay
Here in heaven

もし天国で会ったなら
手を差しのべてくれるかい
もし天国で会ったなら僕を支えてくれるかな
僕は頑張って生きるよ 昼も夜も
だって僕は わかっているから
自分が天国にはいられないってことを


Time can bring you down
Time can bend your knee
Time can break your heart
Have you begging please
Begging please

生きていれば,つらい事もある
生きていれば,神様にひざまずきたくなる事もある
生きていれば,悲しみにくれることもある
神様に懇願したくなることもある

(instrumental)

Beyond the door
There's peace I'm sure.
And I know there'll be no more...
Tears in heaven

ドアの向こうの天国には
きっと安らぎの世界がある
そして僕は知っているんだ
天国には涙なんてないってことを

Would you know my name
If I saw you in heaven
Will it be the same
If I saw you in heaven
I must be strong, and carry on
Cause I know I don't belong
Here in heaven
Cause I know I don't belong
Here in heaven

※ 繰り返し





"フクロウの ナナ" 短いですが、動画が撮れました


こちらは体重測定中の ナナちゃんです

IMG_4723.jpg


動画です♪

ナナちゃん 手乗り 上手になったね

 



line

暑くなってきました。


朝起きて、ワンコ部屋 そして、ナナのいる部屋の境をオープンにして掃除をするのですが

午前6時半頃 もう気温は28度を超えていて 7時前にはエアコンを27度設定にして入れています。


お見苦しい部屋ですみません

IMG_4714.jpg

ワンコがいませんが、ワンコ用サークルは、手前側向かって左に、サスケ用
手前通路側に、モモ・まる用 があります。

チヨは常時フリーでサークルなしです。


掃除 洗濯 そしてワンコの散歩  ご飯に洗い物 などなど ひと通り終わると大体8時半頃になるわけ
ですが、 私が仕事オフのときは 夕食の買い出しなど 午前中にすませるようにしています。


話が横道に逸れますが・・

仕事は週3で 今は今月末に行われる体操競技会の運営業務の詰めを行っています。

これまで何度か審判講習も行い、最終的な確認の打ち合わせも定期的にやってきました。


中学校の場合、まだ体も完成していない発達途上にあるため、

技の難易度より、一連の技の 入りから週末局面に至る "全体的な美しさ" に採点の重点が置かれます。

フリー演技では、いわゆる 学校体育で扱う技の内容から さらに高い難易度の技も入ってくるので、難易度も
付加点にはなります。

地元は非常に体操が盛んなところで 親御さんの影響を受けて小さい頃から体操に親しんでいる子どもたち
も多いです。
この中から、時代を担う選手が育つといいな と願いながら指導に、競技会の運営にあたっているところです。


この大会が終わると、ももPAPAも 少し時間が空くのでゆっくりできると思います。



頭のほうですが

昨日、大事をとって 念のため 頭のCT検査と首のレントゲンを撮ってもらいました。

頭の方は、特に異常はないです とのことで安心しました。


"首ですが、軽度の捻挫だと思います。"

との診断で、日が経てばよくなります とのことで これもひとまず安心しました。


ただ、首筋から肩にかけて 凝りが出てくるので 筋肉を弛緩させる薬剤とシップ薬を処方してもらいました。


"スポーツか何かで無理をされましたか?"

と質問されたのですが

現役のとき、練習中に技を失敗して首からマットに落ちることもけっこうあったりしますので そういうのが重なって
くると 見えないところでダメージは受けてるんでしょうね。

頸骨の間隔がきれいに揃っているところと 少し間隔が狭くなっているところがある

とのことでした。



ナナちゃん だんだんと警戒心もとれ

ももPAPAの手に乗ってくれるようになりました。

IMG_4721.jpg






さて、今回のミュージックですが

この時期にぴったりの 爽やかで 熱い1曲を♪


lee_ritenour_by_pop73-d5vpi8h.jpg



Lee Ritenour - Rio Funk











line

ももPAPAです。


台風の接近による影響で、今日はこちらも朝から雨模様の天気です。

ニュースによれば、宮崎県ではもの凄い雨が降っているとのこと どうかお気をつけください。

こんな時期に とんでもない台風です。

一刻も早く消え去ってほしいところです。


今朝明け方、ナナちゃんのハウスを綺麗に掃除しようと、タオルをかけた状態で前面扉を開けて
ハウスの床面を拭いていたら

ナナちゃん 突然、ハウスから離陸し 大空へスカイダイビング!


そして

ワサワサと羽ばたきながら、窓際のカーテンレール上の棚の部分にランディング;^^


こりゃいかん   すぐにレスキューをと ももPAPA

足場のないところへ、ドラムチエアーを踏み台に上って 棚に手をかけ、ナナちゃんに手を伸ばそうとした
瞬間

メリッ!!  バキ

おぉぉ~!

そのまま フロアーに前頭部からももPAPA 胴体着陸   じゃなく

前頭部で不時着

目から一瞬 火花が出ましたw



ここへ、ランディングしちゃったナナちゃんです

IMG_4697.jpg



そこで、ドラムチエアーに乗っかったあとの足場として、右側にある棚にいったん上がって、それを蹴って上の棚に手をひっかけようと試みたわけなんですが・・

ももPAPA 学生時代 体操をやってたんですが

ちょうど 

"鉄棒で離れ技を行うとき、鉄棒の位置を先読みして鉄棒のバーに手をひっかける局面で
掴み損ねて、落下する"

あんな感じで、棚のふちの作りが弱い部分に体重が一気にかかったため、その部分の合板が外れてめくれ落ちたと同時に
体もフロアーに叩きつけられてしまったというわけです。

体操の場合は下にマットがありますが、このたびは硬いフローリングなのでたまりません;^^

IMG_4706.jpg


しかし 額の骨って頑丈にできてるんですね~

強烈に痛打したのも何のそので  無事 ナナちゃんレスキュー  一件落着でした はふぅ~



ももPAPA~
だからやめときなさいって言ったのに・・

全く やってるときは年なんて頭にないんだから

IMG_4665.jpg

って サスケどん  そこはクッションじゃないったらw



 


本日の ナナちゃん アップです

IMG_4710.jpg

アップしすぎちゃいましたw  ちょっと怖いですね;^^

フラッシュがオートになってて、ナナちゃん おったまげ です



それにしても ナナちゃんの食欲は凄いです!

マウスも、うずらも、ヒヨコも 跡形もなく胃袋に・・


あげると あげただけ食べるので きのうから若干量を抑えめにしています。

写真はフラッシュの関係で ちょっと怖い感じで写ってますが
実際は もっと ずっと可愛いです(親バカですみません)

何かに似てるなぁ と思ったんですが

そう  あの  大トトロ に何となく感じが・・

トトロって フクロウが元イメージになってるんですね。


さて、今夜も ナナちゃんの華麗な止まり木ダンスが間もなく始まります♪






さて、今回は渋めのところで1曲♪


1401x788-74297238.jpg



HOME AT LAST- STEELY DAN

line

ももPAPAです。


今日は7月10日

7月もそろそろ半ばにさしかかり、本格的な夏の到来が間近になりました。

少し気になるのは、台風が接近していることですが、進路は少し逸れそうな感じです。

この時期の台風が怖いのは、前線を刺激して大量の雨をもたらすことですが、それが唯一心配です。


コキンメフクロウのナナですが

ハウスを製作していただいた Owl Shop の店長さんからのアドバイスで

昨日夕方、ハウス前面の上半分くらいタオルで覆って ご飯を用意してみたところ、

翌日朝には、ほぼ全部 食べていました。


ハウスの中の掃除も、初めの頃は 扉を開けると部屋に出ていましたが 今朝はそれもなく
中で待機していました。

とりあえず ホっとしているところです。

250グラム前後の体重の割合からすれば、量的にはかなりの量になりますが、 1日 1回

ホッパー(マウス)1羽  雛うずら 1羽  ヒヨコ 1羽  冷凍したものを解凍した状態でほぼ完食します。

今 育ちざかりなので、いちばんよく食べる時期ですね。

ナナちゃんを手のひらに乗せると、見た目より重く感じるので、納得しています。


今日、食事が終わって、ハウスの中でひと休みしているナナです。

IMG_4692.jpg

まだ見られると恥ずかしいのでしょうね。体の半分ほど隠してこちらを
見ています^^


深夜、私はテニス中継を観てるんですが、電気を消して物音がしなくなると
何やらゴソゴソとしきりにハウスの中でやっています。

"トン トン!" っと止まり木の上に飛び移ったり、下に降りたりと活動的です。

初めの頃は、ハウスの中を見ると 奥のほうにいましたが、

前の方にも出てくるようになりました。


そして、私がもう少し顔を近づけると、 目をまん丸くして ググっと頭と体を伸ばしたり 縮めたり

ほんとに 表情と動作がユニークなナナちゃんです。 


部屋は、今 温度26度設定で 朝から夕刻までエアコンを入れています。



最近、よくお邪魔する喫茶に 午前中行くことが多いのですが、

喫茶の向かい側に かかりつけの動物病院があって そこの院長先生が亡くなられたことをママさんから聞いて ビックリしているところです。

ひと月ほど前、 モモがワクチン注射でお世話になったばかりで そのときは先生とも話し、元気そうだったのですが わからないものです。

おん年は まだ66歳ということでまだまだ現役でやられる年齢でした。 とてもいい先生でしたので残念でなりません。


ご主人が隣市で 本院を開業されているので これからはそこでお世話になることになります。



今夜は ウインブルドン いよいよ男子の準決勝ですね。


男子では ジョコビッチ選手 VS ガスケ選手    マレー選手 VS フェデラー選手

ここまで来れば、誰が優勝してもおかしくない そんなメンバーが揃いました。


昨日の ガスケ選手 の  ワウリンカ選手とのバックハンド合戦は壮絶でした。

あの 世界一とも言われるワウリンカ選手のバックハンドに打ち勝つ勝負強さは半端じゃないですね。

また今夜も眠れそうにありません。




とぃうところで

今夜は スカっと爽やかウエストコーストサウンドで1曲♪


初めて彼らを知ったのはこの曲でした。


Doobie-Brothers1.jpg



The Doobie Brothers Listen to the Music





line

ももPAPAです。


ここ2~3日 雨続きで 洗濯物も乾ききらない日が続きましたが

明け方頃には雨もあがって 今日はスッキリ晴れた好天となりました。


もう 夏間近だね!

s-IMG_0126_20150709173323be0.jpg





フクロウに惹かれたのは

ずいぶん以前、少年時代まで遡りますが とてもスピリチュアルな体験をしたことがきっかけになります。

それは

月が夜空を照らす夏の夜

神社の境内付近で、雲間に隠れていた月が顔を出した瞬間

付近の木々の間から

"ホー ホー"

というフクロウの鳴き声を間近で聞いたのですが・・

それからすぐ 飛び立つ羽音がして

でもそれは 普通の鳥の羽音と違って

ゆったりとした     "サワ!  サワ!   サワ!

というような感じで


そのとき 見上げると


飛び立つ フクロウの影が 夜空の月の明かりにクッキリと浮かび上がって

それは 得も言われぬ幻想的な雰囲気でした。

may_owl_flight-widescreen_wallpapers.jpg


そのとき以来

他の鳥にはない 独特のオーラを持つ フクロウの不思議な魅力が

体の中に宿ってしまったようです。


それから今まで 実際にフクロウを 見た経験はなく

自分の中では 一度でいいから世話をしてみたい という思いはあったのですが

ただ、 それは 自分の中で

何か 禁断の世界に足を踏み入れるような感覚があって なかなか実現に至りませんでした。


ナナちゃんを見ていると、

ジっと 自分のことを見つめていて その力強い眼力に惹き込まれていくような
そんな感覚になります。

体を右に寄せれば、そのほうへ視線と体の向きが変わります。


ときどき、首をグっと持ち上げて背伸びするような恰好をしたり  低くしたり  何ともユーモラスなしぐさをします。


そんなナナちゃんですが

心配なことがひとつ


それは 迎えてからまだ ご飯を食べていないこと


元いた所では、 冷凍の餌(雛うずら)を 夕刻 2羽 ケージに入れておくと 翌朝は全部食べていた

とのことですが そのようにしてもまだ口にしてくれません。


フクロウは、犬や猫などと違って、元来 人のいない山里で、外敵から身を守りながら生活している
動物なので、人や他の動物などの姿を見ると やはり警戒するのでしょうね。

夜間のテレビや居間の物音、隙間から漏れる照明なども気になるのかもしれません。

今は 1日も早く ひと口でも ご飯を食べてもらえるよう願っているところです。



今回も動画をひとつ お借りしました。

ここまで慣れてくると もうしめたものですね。
それにしても よく撮れてます


Meal of the owl




さて、今回は  あの Shakatak の名曲

"Night Birds" のナイスなカバーバージョンがUpされていましたので、ちょいと
拝借させていただきました♪



f0000655_831360.jpg


Night Birds -Extended 12inch Dance Mix- Shakatak
line

ももPAPAです。


今日は7月7日

子どもがまだ小さい頃 笹飾りに願い事を書いた短冊をつけて飾り 川面に笹を浮かべたのが懐かしいです。

もうあれから随分経ちましたが、ほんのこの前だったような感じもします。


今日はこちらはあいにくの雨模様で、夜空に星のまたたきが臨めるかどうか 微妙なところですが・・


七夕





さて、初めて生活を共にする フクロウさんですが

いよいよ本日 迎えることになりました。


それに先立って オーダー製作していただいたOWL HOUSE が先日届きました。


IMG_4677.jpg


フクロウさんが快適に過ごせるよう、細かなところまで配慮がされた オリジナルのハウス

きっと 気に入ってもらえるものと思っています。


インプリントされた個体ということで、野生のフクロウのように人を警戒することはほぼない

ということのようですが、

今までと環境が変わるので、慣れるまではいくらか時間がかかると思います。


フクロウは暑さに弱いので、これからの時期 特に換気や温度設定などに気をつけながら、元気に過ごして
いけるよう見守っていきたいと思っています。 


迎えましたら、また写真や動画など 紹介させていただこうと思っています。



コキンメさんもですが、ももPAPAが密かに想いを寄せている この南アフリカオオコノハズク

将来 また家族として迎えることができたら・・などとよからぬ妄想を抱いています。


南アフリカオオコノハズク

写真では、見た感じ 大型で堂々とした風貌のようですが
実際は、成鳥で250グラム前後という コキンメフクロウとほぼ同じ
くらいの小型のフクロウとのことです


IMG_4678.jpg




コキンメフクロウさんの部屋です

今までワンコ部屋でしたが、ワンコたちは、手前のリビングで過ごしてもらうことにしました。

IMG_4682.jpg



ももPAPA  何か寂しいけど・・

う~ん・・  でも、リビングだと チヨちゃんたちともっと近くで
いられるから いいと思うんだけど  どう?


それならいいんだけど・・ 何か気になるなぁ


IMG_4679.jpg


もううっすら 感づいているんでしょうね。 ちょっと心配そうなチヨ坊です。


みんな家族だもん もっともっと 今まで以上に仲良く 楽しく過ごそうね♪



そして・・

七夕の夜  我が家の新しい家族として  コキンメフクロウの  "ナナちゃん" を無事迎えることができました。

実は、つい先日まで 名前が決まらなくて   思案の結果


7月7日 七夕の夜 巡り合えたことから

"ナナちゃん" が いいかも!


と ももPAPA  思い立ち  早速ナナちゃんの了解を得て

無事 名前も決まりました♪


何だか ちょっとこじつけ気味ですが;^^


ナナちゃんです♪

IMG_4688.jpg


"コキンメフクロウ" の名は、両目の白目の部分が金色に発色していることによるものですが、
幼鳥の段階ではその発色がまだ出てなくて、ほぼ白目の感じになっています。




初めのうちは、今までと急に環境が変わったこともあって

"え?  ここはどこ?   私はどうなるの?


みたいな感じで、緊張した様子のナナちゃんでしたが、 両手で優しく包み込むように抱いて
そっと撫でてあげているうちに 緊張が少し ほぐれた様子で目を細めていました。


ご飯の時間になると、ケージの前面にある扉を開けて ご飯を差し入れるのですが

まだ慣れていないこともあって、開いた扉の隙間から、空中へダイビング!

そのときは、慌てずにすぐカーテンを閉めて、窓への衝突を防ぎます。


そして、優しく 素早く両脇から抱きかかえるようにホールドし 頭を優しく撫でてあげると
体の力がフっと抜けて、目をパチパチさせながらこっちを見ています。

そのときの動画が どうにか撮れたのでアップしました。

ナナちゃん 大丈夫だから 安心してね♪



チヨちゃん も興味津々で、何とか接近遭遇をと ナナちゃんへのコンタクトにトライしようと試みましたが

ナナちゃんは 身の危険を感じ 羽根を拡げてヒラリと部屋のカーテンの上の棚上に身をかわしていました^^


慣れるまでは、あまり刺激を与えずにケージの中メインで 安心して過ごせるよう配慮していこうと思っています。


というようなところで・・




本日の1曲は・・


アンディ・フレイザーとポール・ロジャース共作による 3作目のスタジオ・アルバム『ファイアー・アンド・ウォーター』(1970年)
からの先行シングルとしてリリースされ、フリーにとって初のシングル・ヒット曲となった


"Alright Now" を♪



free.jpg



FREE - Alright Now




  
line

ももPAPAです。


7月に入りましたね。


きのうは雨が降ったりやんだりの天気でしたが、

今日は朝から快晴で、ほぼ真夏を感じさせるような暑い1日となりました。



今、ロンドンでは、ウインブルドンテニスが開催されていますが きのうは歴史上最も暑い日となったようです。


ふくらはぎの痛みが増してきたために、1回戦を終えて途中棄権した錦織選手
賢明な判断だったと思います。

8月に開催される ワシントンでのシティ・オープン  それに続いてのグランドスラム 全米オープンに向けて リハビリをしっかり
と行って調子を回復することに専念してほしいところです。




今 フクロウ用のハウスをオーダーで製作してもらっています。


今まで飼った経験もない まして 飼育のためのマニュアル本も少ない動物を飼う ことは、何とも表現しようのないくらい
魅力的である反面、不安な思いも感じます。

特に、フクロウ については、今まで肉眼で;見たことはなく  

鳥 というより、 夜行性の猛禽類  神秘的  独特な鳴き声  などのイメージが先行してしまいます。


"テリトリーの中でフクロウがストレスを感じることなく生活できるように 飼い主がそこに居させてもらう"


そんな感じで 愛情を注ぎながら関わっていると いつしか 飼い主を 

"自分の味方だ" と捉えるようになって 寄ってきたり、体に乗っかってきたり


距離がだんだんと縮んでくる ということのようです。



フクロウの動画を2つ お借りしてきました




  








さて、今回は この曲を♪

これも、今まで 何度か貼らせていただいた曲ですが・・

ドゥービーのナンバーの中でも 特に思い入れのある曲です。



Doobie Brothers Dark Eyed Cajun Women


line
line

line
プロフィール

ももPAPA

Author:ももPAPA
ももPAPAのブログへようこそ
写真はチヨ(チワワ&ヨーキー)です



おきてがみ 設置しました
ポチっとしていただければ、のちほど必ずうかがいます

おきてがみ


初めまして

ももPAPAと申します。


1953年生まれの獅子座(乙女座に近い獅子座です)

さすがに体力の低下は否めませんが、気持ちはまだまだ20代のつもりです。

血液型 O型

年はとっても気持ちは若く、ハートは熱いです。

大らかな面と、これは! とこだわる面もあって 部屋が散らかっていると気になって1日に2回は掃除をしています。
(ワンコの毛が舞い落ちることもあって そうしています。)

もともと好きだったことと自分の健康維持も兼ねて、4年ほど前にワンコを迎え、毎日元気と癒しを分けてもらっています。

"成せばなる 成さねばならぬ 何事も!"

"自分を信じ、未来を見据え、ブレない心で取り組めば、結果は必ずついてくる"
ももPAPAのモットーです。

line
最近の記事
line
最近のコメント
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
フリーエリア

現在の閲覧者数: アクセスカウンター blogram投票ボタン

line
フリーエリア

line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。