上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line
今日で2月も終わり、明日から3月

毎年のことながら、この時期 特に季節の変わり目あたりの時の経過の早さを実感します。


今朝のニュースで、午後になって寒気が入り、また冬型の気圧配置が強まって荒れ模様の天気になるとの予報が出ていました。
お気をつけください。

この時期は三寒四温を繰り返し、少しずつ冬から春へと季節が移ろっていく時期 そして1年で最も体調を崩しやすい時期とも言われています。 これに関しても気をつけたいものです。


気をつけないといけないのは 風呂上がりに1杯飲んでそのまま寝落ちしてしまうパターン

数年前、これで風邪をこじらせてしまい、5月半ば頃まで長引かせたこともあって最近は気をrつけるようにしています。



今朝のニュース記事で 信じられないような事件が報道されてましたが


ひとつは、元保育園長夫婦が 自治体からの助成金を横領していた事件

その金額たるや 1億円を超えるものだとかで 思わずのけ反りました;汗




そのお金は、毎夜 ホストクラブでの飲み食いや高級ブランドのバッグ・時計 そして よくやっていたというシャンパンタワー
などに化けていたというから驚木 桃の木 山椒の木です



シャンパンタワーというと あの  与〇 〇さんを思い出してしまうのですが・・

保育園の元園長夫婦が1億円超を私的流用か


片や、元警察官の自治会長が、250万もの自治会費を会計改ざんして着服 さらに叩けば 600万もの金額を使い込んでいた
という事件も
 

ましてや元警察官だった人が・・ 目が点です(;゚Д゚

 何でそういうことが平気でできるのか

全く理解に苦しむわけですが・・


もうその日の食事もままならなくて 明日生きていけるかどうかもわからない緊迫した状態で 出来心でやってしまったというならまだしも (って やっちゃ絶対いけませんが;^^)

空いた口が塞がらなかった天心でした。




ここのところ いつにもまして 甘えん坊になってる チヨ

呼び寄せると、うれし顔になって尾っぽフリフリ コロンと横になってお腹マッサージのおねだり
(ほんとに ニッコリ嬉しそうに笑う顔をどうにか パシャっと収めたいのですがなかなか・・)

シートの上でコロンとしてたところをスナップしてみました^^

s-IMG_4896.jpg




s-IMG_4895.jpg







というところで

今回のミュージックですが


1990年  35歳という若さで急逝した不世出のブルース・ギタリスト
  "Stevie Ray Vaughan" の曲の中から2曲 ピックアップしてみました。

その揺るぎないブルース魂を基盤に、ブルースという枠の中に収まらない規格外で奔放なプレイで聴く者を惹きつける彼のギターは、時を経るにつれてまたいちだんと鮮烈に響いてきます。




ヘッドフォンもしくはイヤホンで聴くと、より深みと拡がりのある音で楽しめます♪


The Sky Is Crying- Stevie Ray Vaughan [High Quality No vid]


Stevie Ray Vaughan & Albert King - Blues At Sunrise [HQ]


スポンサーサイト
line

そういえば、今年はうるう年でしたね。

もうすぐ2月も終わるなぁ とカレンダーを見てて、

"あれ? そうか 今月は29日まであったのか" って初めて気付いたのんき者です;^^


話は変わりますが


一人暮らしをしてると(1人と4ワンコですが)、ついつい好きなメニューばかりで、偏った食事になりがちです。

麺類や餃子 肉類など大好きなので つい その系統に走ってしまって野菜不足の傾向に陥ってしまいます。

そこで始めたのが、これなんですが・・

ちょっとお腹回りがメタボ気味にもなってきて トライしてみようと決心したんです。



o0300030013490451061.jpg

⇒ 夜トマトダイエット


問題は、これが果たして続くかどうかなんですが・・


私の場合、もはや成長ホルモンはとっくの昔に出きってますでしょうから、睡眠 起床時間はそんなに気を遣わなくてもいいとは思ってるんですが

ダイエットも兼ねてとなれば、ちょっと気にもしなくてはです。




車検の納車日が決まりました。

来月6日です。


前回、合い見積もりとらせてもらって ディーラー車検でお願いしたので 今回はホリデー車検のほうでお願いすることにしました。



"あ・・まだ電話してなかった"


と思って、夕刻 ディーラーへ電話を入れたんですが なかなか気を遣うものです。


"先日、せっかく見積りして頂いたんですが 来月はやたらと出費がかさむ件がありまして・・
今回は なるべく費用を抑え気味にしたいという思いで近くのホリデー車検さんでやって頂くことにしたいんですが・・
その次はまた貴社でやっていただこうと思ってますので・・"



と丁重に電話をしました。 

何か 胸につかえていたものが降りた感じです。

もちろん 事前に 合い見積もりをとらせていただいて・・ ということは言ってましたが






さて、今回のミュージックは


"J. Geils Band" のナンバーから1曲 


"Angel In Blue" を♪

この曲は、彼らのデビューアルバム
 "The J. Geils Band"から通算して13枚目のアルバム

"Freeze Frame" に収められたナンバーで、このアルバム中 唯一雰囲気の違った作品になっています。



s-J_Geils_Band_1973.jpg



ヘッドフォンもしくはイヤホンで聴くと、より深みと拡がりのある音で楽しめます♪

J. Geils Band-Angel In Blue



サスティナーですが、

"自分は、チューブアンプでナチュラルにオーバードライブさせた音が好きだからそんなもん必要ないんだよね"

って無理矢理 理由を作って諦めの口実とすることに・・

でも、気になるのは ギター好きの性なんでしょうね。
line

ここのところPCの調子がいまひとつ

全体的にパフォーマンスが落ち気味で 起動に時間がかかったり、ソフトの立ち上がりが遅かったり

記憶を辿ってみると、以前 予期せず、強制的にOSがバージョンアップされるということがあってから何かおかしい感じはしていましたが・・そのときからのような感じ


気になるので、プロバイダーの遠隔サポートで点検してもらったところ どうやらプリインストされているソフトで、常駐ソフトのひとつが暴走しているようで、タスクマネージャーで確認してみると、それによって常時CPUメモリを70%も食っていることがわかりました。

その機種の大方のモデルには システム監視ソフトが入っていてそれが都度都度起動して、PCの状態を知らせてくれるんですが 時としてソフトが暴走するケースが多々あることがネット上でも報告されているとのことでした。


それの削除は簡単にできるのですが、それによって他のソフトに影響があったりというリスクもありうるので メーカーのカスタマーサポートにも問い合わせてみたところ はっきりとした返答はなく

"デフラグ" によって断片化されたフォルダを統合することでハードディスクのヘッドになるべく無駄な負荷をかけないようにするという処方で終わりました。


その後の様子はといえば

とりわけ変わったこともなく同じような状況だったので それによって何らかの不具合が発生するリスクも覚悟の上で思い切って そのソフトを削除しました。


そうしたところ

クロームのアイコンをクリックしても立ち上がらず、エディタを起動して文字を打ち込もうとしても文字が入らずで

"やっぱりか"

と これはもうドック入りするしかない と諦めかけていたそのとき


"もしや!?"  と思って


再度 プロバイダーの遠隔サポートをお願いし 

マウスでスムースにソフト起動やドラッグといった作業ができるかどうかやってもらった結果

"問題なくスムースに作業ができる"


とのことで 考えられるのは


"マウスが正常に動作していない"


これしかない  と直感し


新しいものを購入してセットしてみたら 


普通に、スムースに動きました ふぅ~;^^


精神衛生上 こういうのってよくないですね  
原因がわかってよかったです。


でも、まだおかしいんです。

というのは、クローム起動した状態でブログにコメント書き込もうとして、コメント欄に入力しようとすると、全く別のウインドウが開いたりで、書き込みが出来ない状態に・・

こうなったらもう 再起しかないので、いったんリセット

そうして立ちあがってシステムが落ちつくのを待つのみです。


やっぱり、監視ソフトを削った影響がどこかで出てるのかもしれません






というところで



実は 今の手持ちの "Luke BFR" にサスティナー装填しようかと画策中なんですが・・

これがけっこうするんです。 (あたりまえで・・ こんなことを考える思考回路自体がおかしいわけですが)

それに、3月は車検でスっ飛ぶしで これはしばらくお預けしなきゃ 1日1食、たまごかけご飯で  ってことになりかねません。
それに、今更 人様の前で演奏したりするわけでもなく、趣味でいじるくらいなことで散財する必要もないわけで
でもなぜか気になったり・・

こんなことやってて、老後破産街道まっしぐらってことになるのは目に見えてますから  ここは "忍" の字でいこういかと思います。




Steve Lukather demos his Ernie Ball Music Man LUKE III BFR Electric Guitar




Steve Lukather demos his Sterling by Music Man LK100D Electric Guitar



ここで1曲ピックアップしてみました

"Luke"による サンタナのあの名曲 "Black Magic Woman" のカバーバージョンを♪
グレッグ・ローリー そして リンゴ という異色の顔合わせでのLIVE演奏です。

ローリーは元サンタナバンドのキーボーディストでもありVocalistでもあったので、この曲にほんとにマッチした渋いVocalを聴かせてくれてます。

Lukeの、歳を重ねてますます磨きがかかってきたそのプレイにはただただ脱帽!

でも・・ リンゴってどこにいる?  はて?? 



ヘッドフォンもしくはイヤホン装着で聴くと、より深みと拡がりのある音で楽しめます♪

Gregg Rolie & Steve Lukather & Ringo Starr - Black Magic Woman
line

2月も下旬にさしかかり 少し春が近づいてきたかも・・

ここ数日、そんな感じの天気です。


この時期は、もう 毎年感じるんですが
   "春はもうすぐかな"・・ って期待させて

またグっと冷え込みが戻ったり 気を揉ませられる時期ですね。



実は、この3月に車検がせまってて、日曜日 その見積もりをしてもらいに行ってきました。

車は消耗品ですが、街乗りで買い物に行く程度で、1日の走行距離は10キロ程度なのに、見積り費用は前回よりも5割増しくらい高くなっていました。泣;

車乗るのやめて自転車で買い物というわけにもいかず 街までいくにも相当距離があるので車はなくてはならないのですが それにしても年間の維持費は痛いです。


そんなこんなで、ここのところプライベートな面で忙しく なかなか更新ができずにいましたが、このままズルズルと時間が経ってしまうといっきに春を過ぎたあたりでようやく更新

ということにもなりかねませんので、ここらでちょっと気合い一発入れてみました;^^




今日は朝からお日様の柔らかな陽射しが心地よい いい天気

掃除・洗濯を済ませて ザっと車を水洗いし、この時期メッタに天日に当てての布団干しができないのでチャンスとばかり 午前中布団を干しました。

やっぱり布団は天日に当てないと ですね。 お日様のいい匂いがして夜はぐっすり眠れます。



20140223065016ffe_2016022323255188a.jpg


朝、布団で気持ちよさそうに横になってるチヨ 
お~い もう起きるよ~

20140223072204299_20160223232841319.jpg




まるちゃんは もう起きて 朝ごはんスタンバイOKです^^

2014022307243708c_201602232330076ea.jpg



ご飯はまだかと もう頭の中はゴハンしかないサスケどん

20140223072718f4a_201602232331338bf.jpg


やっちゃんの食欲もいっそうパワーアップしています;^^

いただきま~す♪

ん? この写真 どっかで見たような・・ それもそのはず

なかなか頃合いのスナップや動画が撮れずに過去のものを使い回しております


ここ数日の陽気で、まだ小さかった裏庭のツバキの蕾が大きくなっていました

2014022306490054d_2016022323325128a.jpg


全豪オープン そしてメンフィスに続いて、来月 4日から始まるテニス フェドカップ

今回は あの マレー率いる 対英国戦です。

勝敗の鍵を握るのは、錦織とマレーとの対戦になることは必至ですが、大きく負け越している強敵だけに、盤石の体勢で勝利に向けて突き進んでほしいところです。

s-113968.jpg


テニス デビスカップ、2016年は日本がイギリスと対戦

関連記事⇒ CHAD WACKERMAN "My two worlds"



というところで、今回のミュージックを♪


ギターメインではなく、Vocal メインのナンバーを2曲ピックアップしてみました。

選曲は懐かしのポップバラードソング といったところで ベタですが・・



雰囲気的には、"ビージーズ" "ブレッド"的な味わいを醸し出している柔らかで美しいVocalハーモニーが印象的なユニット 

"Player"

"Baby Come Back" 



そして、"Bee Gees" の1977年のヒット曲

"How Deep Is Your Love" の2曲をどうぞ♪


s-cool.jpg




s-bee-gees_20160223233535c45.jpg


ヘッドフォンもしくはイヤホンで聴くと、より深みと拡がりのある音で楽しめます♪ 

Player - Baby Come Back



Bee Gees - How Deep Is Your Love

line
節分を過ぎて、少しずつまた日が長くなってきました。

1月半ばくらいまでは、夕方5時を過ぎた時間 街中ではヘッドライトを点灯して走る車がほとんどでしたが、
今はスモールで走っている車を多く見かけます。

まだ少し早いですが、これから "三寒四温"を経て季節は冬から春へと移り変わっていくことでしょう。

春が待ち遠しいです。


先日の2月2日 とっても悲しい事故のニュースを知りました。

数年前まで、自分も時々行っていた県境(芸北)のスキー場で、スキー教室で滑っていた小学校6年生の女の子と、スノーボードで滑っていた男性が接触し、女の子が亡くなるというショッキングなニュースでした。

そのときのニュースによれば
女の子は付近の小学校(芸北小学校)の6年生 近藤江里菜さんで、衝突時 胸を強く打ったことによる急性大動脈解離による心タンポナーデによって心肺停止状態に陥り、2時間後に 運ばれた病院で亡くなり ボードの男性は首の骨を折り 脊椎を損傷する重傷で、四肢麻痺状態に陥っている というものでした。

自分も30年の教師生活の中で、冬季シーズンのスキー教室において子どもたちを引率して指導に当たった経験が何度もあるので、このニュースを知ったときは 身がつまる思いでした。

参考資料
心タンポナーデとは


事故時の状況はわかりませんが、

記事によれば、女の子(近藤江里菜さん)がコースを下っているところへ、スノーボードの男性がぶつかって事故が起きた
というような印象を受けました。

<芸北国際スキー場>小6女児死亡 スノボ男性と衝突

事故に関するニュースや情報は、程度の多少はあっても 真実とは異なってそれが歪曲され、周囲に拡散されていくというケースが非常に多いです。
今回の場合、亡くなった江里菜さんが滑っていたグループにいた児童や引率教員 インストラクター そして事故時、周囲に居合わせた人など 広く情報を集め、それらを元にできるだけ正確に情報発信をしていくべきですが、

TVや新聞などは、情報伝達のスピードも要求されるため、事が起こってすぐは概略的な情報になりがちなのは致し方ないことでもあります。

大切なことは、どういう状況で事故が発生したか を時間経過に沿ってその要因を拾い上げていくことで明らかにし、二度とこのような事故が起きないように、スキー指導に際しての安全管理の在り方を見直し、指導に生かすことだと思います。

事故直前の状況について気になって検索してみたところ、現場に居合わせた人が見た状況が掲載されている次のような記事がありました。

芸北国際スキー場 事故の状況


推測の域を出ませんが、

この状況から推測できることは

近藤さんは、アルペンタイムアタック記録大会に出場するほどの技量を持った児童で、3日後の2月5日に予定されていた大会にも参加することになっていた

そんなことも胸中にあってかどうか

彼女を含め、何人かの児童は、チャンピオンコースから滑降し その勢いで初心者コースに入ってしまった その中途で、ターンしてきたボーダーの男性と接触した

というのが大方の状況のように見てとれました。


いくら技量の高い児童でも、相当な速度で滑降している状況で、ターンしてきた男性を発見して衝突を回避するということはほぼ
不可能です。

ボードの男性も 上方から滑り降りてくる近藤さんを目視できる状況ではなかった  あるいは寸前に確認できたとしても、衝突は避けれなかったのかもしれません。

引率の先生のほかに、インストラクターの人たちもいて安全管理と指導に当たっていたとのことですが

いったん滑り出すと、その最中ずっと付きながら児童管理することはとても難しくなります。


安全管理の体制はどうだったか  

"最悪" を予想し 起こりうることを念頭に入れていたとしても その場で突発的に起きることに即座に対処することは状況によっては難しい場合もあるでしょう。

今回の事故は、まさにそうしたケースかもしれません。

江里菜さんの死をムダにしないためにも、このことは スキーを学習カリキュラムに組み込んでいる学校すべてが、安全管理の見直しを細部にわたって行わなければなりません。


ほんとうに こんな事故が起こるなんて、誰も思っておられなかったことでしょう。

子どもさんが亡くなる事故はほんとうに辛いです。

ご両親 そしてご親族 学校関係者の方々 地域の方々の思いはいくばくのものかと察します。

江里菜さんのご冥福を 心よりお祈りします。 

そして脊椎損傷の重傷を負ったボードの男性の1日も早い回復を祈るばかりです。


この 芸北国際スキー場は、若い頃 週末 勤務が終わって直行でナイターでよく滑りに行っていたスキー場でもあり、私はコースの状況はよく知っています。
チャンピオンコースは、リフトから降りて下を見下ろすと 膝が震えるほどの急斜面で、途中にコブがいくつもあって初心者が滑り降りるのはまず無理です。

そこからグっと下に下ると、中級コース 初心者コースへとつながっていくわけですが

 私も一度だけ、今回の近藤さんたちと同じような状況で、滑降途中 若いボーダーが左側面から前を横切るようにカットインしてきて足元を払われ、背中から転倒して肋骨を骨折した経験があります。

ナイターの場合、日中より気温がグっと低く 日中滑って固められた雪面が半ばアイスバーンに近い状態になっているためエッジが効きにくく 板のコントロールもしにくい状況になるんですが、逆にそれがまた魅力だったりします。

スキー場では、直滑降は危険なので、コースを横切るように滑るのが安全 とよく言われますが またそうすると 上から滑ってくる人との衝突の危険性もあり、実際難しいです。

なので、常に周囲の状況にいつも気をつけながら安全に滑ることがいちばん重要なことだと思います。

line
line

line
プロフィール

ももPAPA

Author:ももPAPA
ももPAPAのブログへようこそ
写真はチヨ(チワワ&ヨーキー)です



おきてがみ 設置しました
ポチっとしていただければ、のちほど必ずうかがいます

おきてがみ


初めまして

ももPAPAと申します。


1953年生まれの獅子座(乙女座に近い獅子座です)

さすがに体力の低下は否めませんが、気持ちはまだまだ20代のつもりです。

血液型 O型

年はとっても気持ちは若く、ハートは熱いです。

大らかな面と、これは! とこだわる面もあって 部屋が散らかっていると気になって1日に2回は掃除をしています。
(ワンコの毛が舞い落ちることもあって そうしています。)

もともと好きだったことと自分の健康維持も兼ねて、4年ほど前にワンコを迎え、毎日元気と癒しを分けてもらっています。

"成せばなる 成さねばならぬ 何事も!"

"自分を信じ、未来を見据え、ブレない心で取り組めば、結果は必ずついてくる"
ももPAPAのモットーです。

line
最近の記事
line
最近のコメント
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
フリーエリア

現在の閲覧者数: アクセスカウンター blogram投票ボタン

line
フリーエリア

line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。