TOTO "Out of Love"



続いて音楽メインな記事になりますが・・

ベースやドラムといった楽曲のビートを生み出すパートの音色(それこそビートっていったほうがピッタリきますね)も好きですが、特に曲のサビなどでその曲にアクセントを与え、曲を盛り上げていくギターの音色もまたたまらなく魅力的です。

ひと口にギターといっても クラシックギターやジャズギター またアコースティックギターやエレキギターなど
曲によって使われるギターのタイプも異なり それぞれにそれに則した奏法などがあるわけですが

ここでは、エレキギター それもロックやフュージョン スムースジャズテイストな曲で使われるギターに絞って
話を展開してみようと思います。


ロックやフュージョン系のサウンドで多用される奏法のひとつに "チョーキング" がありますが、それと同じくらいに不可欠なものとして"ビブラート" があります。

話が長くなると読みづらいので 簡単に端折って説明させてもらうと


"このビブラートをいかにうまく使いこなせるか"

これがすごく重要なポイントになるような気がします。

ロングトーンで 音の消え際 あるいは入りなどにかかるビブラートの如何は その曲の生き死にに関わっているといってもいいくらい重要なことだと感じるわけですが  これが簡単なようで実に奥が深く 難しいんですよね。

自分のお気に入りギタリストのお気に入りのフレーズをコピーする場合も、ただフレーズのみを追っかけてコピーしただけでは何の魅力もないものになるわけで チョーキングのタイミングやビブラートのかけ方 フレーズの"タメ" などといった そのギタリストの感性にギリギリまで肉薄したプレイができて 何とか聴けるものになるわけで・・

でも、コピーしたいギタリストの感性をそのまま自分のものにすることは不可能なわけで、そこは自分の感性、オリジナリティでカヴァーしていくしかないんですよね。

要は、いろんなギタリストのいろんなプレイを聴いて耳を肥やし 感性を磨いていくことがいちばん大切なことなんでしょうか。


曲間の短いギターフレーズの中で、チョーキングビブラートの絶大な効果を生かしたプレイを自在に繰り出せる "Luke"

彼はギター職人という言葉がピッタリだなって思います。

よくおじゃまさせてもらっている"Keithさん" によく突っ込まれるんですが、ももPAPAは、ルカサーのギター(ジミヘンやレイボーン ゲイリー・ムーアなどといった人は別ですが) しか感じないんです。
言葉を換えれば、ギター不感症

"ルカサーフェチ" なんですね。

いや・・ 渋いフレーズにはスカウター反応しますよ。 いいプレイは聴く者を魅了しますね。



s-ルカサー


「TOTO - Out of Love」



では、ここでもう1曲 雰囲気を変えて

2004年にデビューシングル "Leave (Get Out)" でMTV Video Music Awards のBest New Artistに最年少でノミネートされた "JoJo" のナンバーから♪


s-Jojo.jpg



「JoJo - Leave (Get Out) Official Music Video」


スポンサーサイト

theme : 音楽
genre : 音楽

line

comment

Secret

No title

うわ~ すっごくいい曲
確か知ってる曲だと思うけど、
なんか初めて聴いた気分です
ギターにしびれるぅ~

今日も暑かったですね
暑くなる時って一気に暑くなるからちょっとあせります

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

小夜さん


こんばんわ♪

もう初夏の雰囲気ですね。
でも、梅雨は必ずやってくるんでしょうけど・・
泣かせるプレイには 泣いてしまうもんですね~

って あたりまえか;^^

No title

おはようございます。

GWはいかがお過ごしですか?
30日は曇りで。。。雨が降るみたいです。

ドラムは最近、叩かれてるんですか~?
楽器が演奏できるのは素晴らしいですね。。。
私は、もう縦笛もふけませんよ。。。

ふんっ!

お早うわんこ      ももPAPAさん

(≧ω≦ )ププププッ、ギター不感症だって。あ~可哀想なことよのぉ~。ったく1人の女しか満足できない誰かさん見たいよのぉ~。

私の左手には、数本の指が・・・あわわ危ない、危ない。

JOJOは、ボズ・スキャッグスの曲が一番いいんだわさ。

No title

トトパパさんへ


GW・・今年はおとなしく、ワンコの子守りに清を出そうと思ってるももPAPAです。

ドラムは中学生の頃からこそこそいじってはいたんですが、本腰入れて始めたのは3年前からです。
初心者のひよっこドラマーです。



No title

こんにちわ^^ 輝々さん

エレキは良いよね♪
私も好きですよ~
Out of love
聴いたことあるような・・(^^)
jojo初めて聞いた曲だけど
凄く良いね♪
何回も聴いちゃったよ~♪


No title

こにゃにゃちわんにゃんこ  Keithさん♪☆


ギター不感症ってか、琴線に全く触れないギターって雑音にしか聴こえないんだわさ
なんて生意気なこと言ってるけど・・

一人の○しか満足しないって ダレダレのことよ!?

あ~たの左指って小指ばっかりあるんじゃ・・
そのうち右手も小指だらけになって
クワバラクワバラ・・

No title

あめしすとさん


いつもありがとうございます。

ちょい理屈っぽい記事になっちゃいました。
ギターって、聴くのは好きですが やるとなると難しい楽器だなぁ~ っていつも思います。

jojoってアーティスト、いることさえ知らなくて・・
jojoの奇妙な冒険なら知ってますが;^^
曲 気に入っていただけてよかったです♪
line
line

line
プロフィール

ももPAPA

Author:ももPAPA
ももPAPAのブログへようこそ
写真はチヨ(チワワ&ヨーキー)です



おきてがみ 設置しました
ポチっとしていただければ、のちほど必ずうかがいます

おきてがみ


初めまして

ももPAPAと申します。


1953年生まれの獅子座(乙女座に近い獅子座です)

さすがに体力の低下は否めませんが、気持ちはまだまだ20代のつもりです。

血液型 O型

年はとっても気持ちは若く、ハートは熱いです。

大らかな面と、これは! とこだわる面もあって 部屋が散らかっていると気になって1日に2回は掃除をしています。
(ワンコの毛が舞い落ちることもあって そうしています。)

もともと好きだったことと自分の健康維持も兼ねて、4年ほど前にワンコを迎え、毎日元気と癒しを分けてもらっています。

"成せばなる 成さねばならぬ 何事も!"

"自分を信じ、未来を見据え、ブレない心で取り組めば、結果は必ずついてくる"
ももPAPAのモットーです。

line
最近の記事
line
最近のコメント
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
フリーエリア

現在の閲覧者数: アクセスカウンター blogram投票ボタン

line
フリーエリア

line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
sub_line