Twilight Zone: The Movie



今日から6月


6月といえば、梅雨 ジメジメ カビ・・などあまりいいイメージが浮かばない反面、紫陽花 ジューンブライドなど この月ならではの味わい深くて趣きのある言葉も浮かんできます。

気になる雨のほうですが 今年はいかがなものなんでしょう。
しっとりと適度な湿り気をもたらしてくれる そんな梅雨ならいいのですが・・




さて、今回はひと昔前に観た映画で印象に残ったものをまたひとつ取り上げてみました。


"トワイライトゾーン/超次元の体験" Twilight Zone: The Movie

これは、ロッド・サーリングが生んだ人気SFテレビドラマシリーズ『トワイライト・ゾーン』を、ジョン・ランディス、スティーブン・スピルバーグ、ジョー・ダンテ、ジョージ・ミラーという当時最も波に乗っていた4人の若手監督を起用し、ジェリー・ゴールドスミスによる重厚で壮麗な音楽とともに甦らせたオムニバス映画

日本では1984年に公開されている映画です。

撮影中の事故により、第1話に主演していたヴィック・モローの遺作ともなった映画です。
ヴィック・モローといえば ももPAPAは TVドラマ "コンバット" の サンダース軍曹 を思い浮かべるんですが・・


s-トワイライトゾーン


「Twilight Zone - The Movie [ 1983 ] - Intro」



プロローグ 『REALLY SCARY』

深夜、クリーデンス・クリアウォーター・リバイバルの "ミッドナイトスペシャル" を流しながら車を走らせる2人の男
突然カセットテープが故障し、カーラジオも壊れていたため音楽を聴けなくなって話を始めるが、そのうち音楽のイントロでTVドラマの曲当てをやり始め やがて男の1人が言う。「本当に怖いものを見たくないか?」

プロローグに続き、テレビシリーズ "トワイライト・ゾーン"(「廃墟」のエピソード)にも出演したバージェス・メレディスのナレーションとともにお馴染みのテーマ曲が流れ、オープニングが始まります。




第1話「偏見の恐怖」 ("TIME OUT")

人生のツキに見放された様な白人の男、ビル・コナー
全てに憤る彼のプライドは、他人種や異国民への酷い偏見と蔑視という形をとって表れる。
バーで友人や黒人の客を前に悪態をつき、憎悪と怒りを覚えながら店を出たコナーの目の前に、見知らぬ町並みが広がっていた。

プロローグと第1話はジョン・ランディス監督・脚本による映画オリジナル
劇中、ランディスの代表作「アニマル・ハウス」に登場したニーダマイヤーについて語られる場面がある。
撮影中に落下したヘリコプターのローターに巻き込まれるという悲劇的な事故により、主演のヴィック・モローと2人の子役が死亡
モローにとっては再起を図った意欲作であっただけに、その死が悼まれる映画にもなりました。当該シーンは本編からカットされています。
その後、子役の両親と、撮影現場での安全管理の不徹底を指弾したモローの遺族がそれぞれ訴訟を起こし、監督のランディスら5人が訴追されています。この事故からランディスが負った精神的な傷は深く、彼はこのショックを長く引きずることになりました。
テレビシリーズにも見られる "偏見に囚われた人間がトワイライト・ゾーンに落ち込む" というストーリーになっていますが、主演のモロー、そしてさらにはサーリングも出自はユダヤ系です。

第2話 「真夜中の遊戯」( "KICK THE CAN" )

舞台は老人ホーム「太陽の谷」
ここでの老人たちは全くの老人であって、未来への希望や生の喜びを失した人生を送っている。そこに新しく入居したブルーム老人が、懐からぴかぴかと光る銀色の缶を取り出し、「皆で缶蹴りをしたら、忘れていた喜びを取り戻せるかもしれない」と他の老人たちを誘う。そして真夜中、ブルームに起こされた老人たちは、規則を破って夜の庭で缶蹴り遊びを始めた。

本作の脚本にも名を連ねているジョージ・クレイトン・ジョンソンによる "Kick the Can :真夜中の遊戯" をもとにした、スティーブン・スピルバーグ監督、ジョージ・クレイトン・ジョンソン、リチャード・マシスン、それに"ジョシュ・ローガン"のペンネームで参加したメリッサ・マシスンが脚色した一編

本作のオリジナル音楽は全てジェリー・ゴールドスミスの作曲なので、スピルバーグ監督映画としては2本しかないジョン・ウィリアムズ以外の作曲家による作品でもあります。(もう1本は "カラーパープル")
ブルーム老人役のスキャットマン・クロザースは1984年度のサターン・アウォーズ最優秀ホラー・フィルム助演男優賞にノミネートされました。

第3話 「こどもの世界」( "IT'S A GOOD LIFE" )

平凡な人生に変化を求める教師のヘレンは、道に迷い立ち寄った食堂で1人の少年と出会う。
誤って少年の乗る自転車に車をぶつけたヘレンは彼を家まで送るが、アンソニーと名乗る少年の家族はとても奇妙だった。

ジェローム・ビクスビー脚本の "IT'S A GOOD LIFE:こどもの世界" を、ジョー・ダンテが監督、リチャード・マシスンが脚本を書いた一編
この作品でアンソニー役のジェレミー・ライトは1984年度のヤング・アーティスト・アウォーズ 優秀助演男優賞にノミネートされています。
アンソニーの暴走する希求により実体化するアニメのモンスター達の造形は、ダンテ監督の"ハウリング" でも特殊メイクを手がけたロブ・ボッティン(2人はロジャー・コーマンのスタジオで同僚だった)が担当
ボッティンといえば あのジョン・カーペンター監督の "遊星からの物体X" に出てくるクリーチャー製作にもその手腕を発揮している天才としても知られている人です。

第4話 「2万フィートの戦慄」( "NIGHTMARE AT 20,000 FEET" )

飛行機恐怖症のジョン・ヴァレンタインは、飛行中の旅客機内でパニックに襲われていた。気遣うスチュワーデスに大丈夫だと言ったものの、恐怖感は鎮まらない。落ち着くための喫煙は咎められ、新聞を開けば見出しは「史上最悪の飛行機事故」
周囲の客は彼の神経をいら立たせ、外では雷鳴が轟き、稲光が走る。気分転換に窓の外を覗いた彼は、異様なものを目にする。

エピローグ

ヴァレンタインを病院へ搬送する救急車の運転手はサイレンを止め、音楽を流し始める。曲はクリーデンス・クリアウォーター・リバイバルの "ミッドナイトスペシャル"
そして運転手が言う。「本当に怖いものを見たくないか?」

テレビ版のオリジナル・エピソード "NIGHTMARE AT 20,000 FEET:2万フィートの戦慄" を手掛けたリチャード・マシスンが一部設定を変えてリライトし、ジョージ・ミラーが監督した1編(エピローグはミラーがオーストラリアに帰国していたため、ジョー・ダンテが監督)
主演は1984年度サターン・アウォーズ最優秀ホラー・フィルム助演男優賞受賞したジョン・リスゴー
乗客の少女を演じたクリスティナ・ニグラはヤング・アーティスト・アウォーズ優秀助演女優賞にノミネートされました。エピローグに出演した(直接の絡みは無い)ダン・エイクロイドとドナ・ディクソンは、本作での共演が縁で1983年に結婚しています。



では プロローグ(REALLY SCARY)と第3話 「こどもの世界」( "IT'S A GOOD LIFE" )の1場面から

こちらは吹き替え版のものです

「TWILIGHTZONE OP JP」


こちらは字幕はありませんが

「Twilight Zone: The Movie (1983) Part 5」




さて、今回のミュージックは

"Steve lukather" の最新アルバムからまた1曲・・

"Can't Look Back" を♪

s-ルカサー



ヘッドフォンで聴くと、より深みと拡がりのあるサウンドで楽しめます♪

「Steve Lukather - Can't Look Back」
スポンサーサイト

theme : 音楽
genre : 音楽

line

comment

Secret

No title

こんにちは。

私もDVD持ってますよ!
中学の時、映画館でも観ました。

CCRのミッドナイトスペシャル、いいですよね。
今でもドライブ中、夜になると流したくなります。
オムニバスとはいえ、スピズバーグ作品としては数少ないジョンウイリアムス以外の音楽ですよね。
ジェリーゴールドスミスのキックザカン、今でもめっちゃ好きです。
サントラ、カセットテープですが持ってました~。

No title

SFのような、ホラーのような
それぞれ結末が気になるストーリーばかりですね。
これは、見たい映画のリストに追加です。
第一話にまつわる悲劇は…悲しいです。

梅雨が来ますねー。
あまりひどく降るのも困りますが
空梅雨だと夏に困るので、適度に降ってほしいですね。

No title

今日わんわんこ   ももPAPAさん

これだけ詳細なブログ記事作りおって。

私は言う、I SAY、そんなに時間あるなら、オナゴさ見つけ

に外に出ろっつぅ~の。 The Night is Young!。

No title

こんにちわ^^ 輝々さん♪

トワイライトゾーンのイントロ
懐かしいですね♪
何年振りに聴いたのでしょう・・・
ジェリー・ゴールドスミスは天才ですね(^-^)
氷の微笑も好きでしたよ

TWILIGHTZONE OP JP
最後びっくりしちゃったけど
面白かったですよ♪

Can't Look Back
スカっと良い曲ですね♪

No title

こんにちは
懐かしい映画ですね~。
スピルバーグ監督がポルターガイストを制作した後で、注目作でしたよね。
見たはずなんですが、しっかりと覚えているのは「2万フィートの戦慄」だけです。
今日の音楽は、マンハッタントランスファーだと思ったら・・・(^^ゞ

No title

kikiさん、こんばんは
文字がたくさんですね
曲いいなあ
ほんとにすごく好きだなあ
私、他のも聴きましたよ

今日は午後から曇ってきましたけど、
梅雨前に干して片づけるものをしまいました

No title

トトパパさん


いつもありがとうございます。

この映画・・オムニバスとはいえ それぞれの作品がとてもよくできてて、惹き込まれたものです。

"KICK THE CAN" この作品も魅力あるものでしたね。
映画館でこの映画を観ると、また格別なものがあるでしょうね。

No title

せぴあんさんへ


いつもありがとうございます。

オムニバスでもそれぞれの作品が質が高くていっきに最後まで惹き込まれて観た映画でした。
ビック・モロー 好きな俳優さんでした。

ほんとに、適度に降る・・そんな梅雨であってほしいものですね。

No title

こんばんにゃんこ Keithさん♪☆


そうしたいんだけど ワンズたち放って出てくわけにもいかないし・・ 
それに ここは夜出ても ももPAPAと似たような年代のおっちゃんばっかなんだよね~

No title

あめしすとさん


いつもありがとうございます。

ジェリーゴールドスミス・・ほんとにシネマミュージックの天才ですよね。
トワイライトゾーンのあのイントロを聴くと、思わずその世界に入ってみたくなります。

プロローグ "REALLY SCARY"
最後はかなりビックリでした;^^




No title

kuroさんへ


いつもありがとうございます。

「2万フィートの戦慄」 はこの映画の中でも インパクトのある展開で自分もいちばん記憶に焼きついています。

何だかまた観たくなってきました^^


No title

小夜さんへ


ちょっとごちゃごちゃ書きすぎて・・
もう少しスッキリさせたかったんだけど

Lukather 彼は音作りが上手いってつくづく感じます♪
このアルバムも非常によく出来てますね。

そうそう 天日で乾かしておかないとカビちゃうから・・
ももPAPAもやっておかなくちゃ・・




No title

kikiさんおはようございます
そろそろ梅雨入りしそうな気配です

youtubeを長く聴いてパソコンが暖かくなってくるとシャットダウンします
青い画面で白文字の英語がたくさんでてきて…
メーカーに聞いたら初期化か、保証があったら修理と言われました
修理に出しても初期化って言われたらお金かかるから
戻してもらってサポートに聞きながらやります
今年の初めからその症状はあったのですが、保証にあるうちに修理に出してみようかなって思います
なんか作動しないファンがあるみたいです
2週間帰ってこないけど長い~

No title

諸星輝々さんの日記
5月末からのカウントダウンが続いておりましたが
6月・・・凄く楽しみなのかと思いきや
やっぱ、いいイメージのない苦手な月ですか。

トワイライトゾーン面白そうですね。
観てみようかな~

こんにちわ^^

いよいよ梅雨ですよね~
ジトジトはイヤですが、紫陽花とか
この時期の花は好きです^^

トワイライトゾーン、だいぶ前に
TVで見た事があるような???
あまり覚えてはいないんですけど・・・^^;

Can't Look Back 、素敵なロックですね^^
とても、情緒的で気持ちが入りますね!

No title

初めまして。
読み逃げで失礼しておりました。

いつも遊びに来て下さってありがとうございます。
昨日はブライヤーの誕生日にお祝いのコメントを下さって本当にありがとうございました(^_-)-☆
とても嬉しかったです♪

これからもどうぞよろしくお願いいたします★

そうですね!

こんばんわ、諸星輝々さん。。

ほんま、あっという間に6月になりましたね。
そう、6月と言えば梅雨ですよね。。。。
あんまり好きでない季節です。。。。。。。。
でも・・
お花たちは綺麗ですよね。
その中でも紫陽花は、一番すきですよ!!

No title

小夜さんへ


たぶん、確認ずみだと思うけど、意外に目を落としがちなのが ファン通風孔のホコリ・・

これがなかなかやっかいで たまってくると放熱効果が妨げられ PCがシャットダウンしたりって症状が表れてきます。

ファンが作動してないようならドック入りして修理してもらうしか方法はないかな。

No title

tori さんへ


いつもありがとうございます。

そういえば、去年の梅雨は長引いて いつ明けたのかわからないような そんな感じでした。
セミの声も聞こえなくて・・

トワイライトゾーン・・オムニバスとはいっても なかなか見応えのある作品ばかりです♪

No title

たえさんへ


ありがとうございます。

梅雨の湿気と雨は苦手ですが、この時期の花 特に紫陽花は大好きです。

トワイライト・ゾーン 懐かしい映画なんですが、また観たいって思わせる不思議な魅力があります。

"Can't Look Back" 醸し出す雰囲気に惹かれる曲です♪

No title

ブーくんさんへ

ご訪問・コメント ありがとうございます。

ブーくん 可愛らしいですね^^
これからもステキな思い出たくさん作ってくださいね。

こちらこそ 今後ともよろしくお願いいたします。
  

No title

さすらいさんへ


いつもありがとうございます。

なかなか遊びに行けなくてすみません。
この時期は雨と湿気が苦手ですが 花・・特に紫陽花 大好きです。
雨上がりの花の色あいは何ともいえないくらい綺麗で・・惹かれます!
line
line

line
プロフィール

ももPAPA

Author:ももPAPA
ももPAPAのブログへようこそ
写真はチヨ(チワワ&ヨーキー)です



おきてがみ 設置しました
ポチっとしていただければ、のちほど必ずうかがいます

おきてがみ


初めまして

ももPAPAと申します。


1953年生まれの獅子座(乙女座に近い獅子座です)

さすがに体力の低下は否めませんが、気持ちはまだまだ20代のつもりです。

血液型 O型

年はとっても気持ちは若く、ハートは熱いです。

大らかな面と、これは! とこだわる面もあって 部屋が散らかっていると気になって1日に2回は掃除をしています。
(ワンコの毛が舞い落ちることもあって そうしています。)

もともと好きだったことと自分の健康維持も兼ねて、4年ほど前にワンコを迎え、毎日元気と癒しを分けてもらっています。

"成せばなる 成さねばならぬ 何事も!"

"自分を信じ、未来を見据え、ブレない心で取り組めば、結果は必ずついてくる"
ももPAPAのモットーです。

line
最近の記事
line
最近のコメント
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
フリーエリア

現在の閲覧者数: アクセスカウンター blogram投票ボタン

line
フリーエリア

line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
sub_line