スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

考えさせられること



パートナーの命を最後まで守り通すことを心に誓って日々接していても 何らかの事情ができて それを続けていくことができなくなったとき 周囲に誰もその命を引き受ける受け皿となる人がいない場合どうすればいいか

その子のオーナーが今元気でも 先で何が起こるかは誰もわからない

そんなことを考えたとき、ペットと暮らしている周囲の人とのネットワークをふだんから築いていくことも大切なことだって感じます。

愛するパートナーとずっと暮らしていくのがいちばんの理想ですが、それができなくなる可能性はありえることだから・・

ももPAPAは過去、愛するワンコと暮らし続けることが不安になり 気持ちが定まらないまま保健所に出向いたことがあります。
でも、翌日 そうしたときのこの子たちの運命を思ったとき、とてもできることじゃないと お願いして連れ帰りました。


ここ近年 その数は減少傾向にあるといわれてますが、途中で飼い続けていくことができなくなって飼い主によって保健所に持ち込まれる犬・猫たちが 保健所で引き取られる数の上位を占めているという現実

"行政は持ち込まれた犬や猫を拒むことなく引き取らなくてはならない" と法律で明記されていることが大きな前提としてあるわけですが 持ち込まれた場合 その多くは殺処分されることになります。
譲渡会を通して里親に引き取られることもあると聞きますが その数は 殺処分される犬や猫にくらべると圧倒的に少ないのが現実

飼い主の都合で 生死を分けられる動物たちが今もたくさんいる この悲しい現実を少しでもなくす方向へもっていくことはできないのでしょうか

自治体によっては 飼い主が持ち込んだ場合、引き取らないで自分で里親になれる人を探すよう指導しているところもあると聞きます。

利益追求のために様々な犬種が作り出され それを買い取って販売するペットショップの存在 そしてそれを安易な一時的な欲求で買い求める自称 飼い主
それで飼えなくなったからと 保健所に持ち込んだり 捨てたり・・

その 悪の連鎖をどこかで断ち切ることはできないのでしょうか


ももPAPAも ブリーダーさんから迎え入れたワンコたちと暮らしているので こんなことを言っても説得力はゼロですが 

保健所の管理室で "死" を待っているワンコやニャンコたちの中から伴侶を見つけ、迎えることも 微々たる数ではあっても 命を救う手立てになることと思います。

また、ブリーダーやペットショップは、終生飼育できない飼い主には生体の販売はしない

特に下記のほうについては それが法律化でもされると今の現状よりも少しでも状況がよくなってゆくのでしょうか そのためには今の現状を少しでも政治家たちに目を向けてもらうように働きかけていくことも大切なことだと思うのです。

人間も ペットたちも 命の重さは同じ
人間が彼らの命を奪っていいわけがありません。生きていく権利があります。


今回もちょっとシビアな内容の記事になってしまいました。




では、気分を変えて 今回もまたスムース・ジャズテイストなサックスの音色を♪


s-リチャード エリオット


ヘッドフォンで聴くと、より深みと拡がりのある音で楽しめます♪

「Richard Elliot - Boom Town - from In The Zone」



スポンサーサイト

theme : わんことの生活
genre : ペット

line

comment

Secret

No title

おはようございます
いつも、どうもありがとうございます♪

お彼岸の入りですね
時間見つけて、自分もお墓参りにいきたいと思ってます。

ももPAPAさんとはもちろん環境も境遇も状況も
異なってるため、考え方も違ってきますが
それぞれの考え方でいいのではないかと思います、
自分もまた然りです・・・

またよろしくお願いいたします

No title

こんにちは。

難しい問題というか。。。
切り離す事が出来ない問題ですね。
自分のしてることがこれがいいのか。。。
ともふと考えたりもしますすが。。。
自分の出来る事はなんなのか。。。
とか、考えたりしますね。
でも、今はうちのいる子たちをいっぱい愛してあげることでしょうかね。。。

No title

こんにちは
私の母は愛犬を73歳の時に亡くして、それからもう何も飼ってません。
もし、母さんが先に死んでも、俺が後を見るからと言っても、飼おうとはしません。
癒し効果とか、お散歩とか健康にいいのですけどね。
息子には迷惑かけられないという気持ちが強いのでしょう。

法律では家畜、ペットは”物”ですよね。
確かに法律で厳格にすると人はそれに従うでしょうけど、ペットと実験・食用家畜の境界。
ペットとはどこまで、(魚類、は虫類、昆虫も?)という問題とかあってなかなか難しいらしいです。
ただ虐待虐殺に関しては、法律を厳格にして欲しいです。
もちろんペットを遺棄する人、企業、団体もこれに準ずるようにすべきでしょうね。

ただね~、今の政治家がね~f(^ー^;

No title

諸星輝々さん   おはようございます♪

いつもありがとうございます♪

わんちゃんと猫ちゃんなどを飼っていると自分に何か
あったらと考えますね。
こちらは保健所から引き取って里親探しをされている
NPO法人などがあり時々わんちゃんと猫ちゃんなどを連れて
きて見に行ったことがありますがそれでもすべてのわんちゃん
を引き取れませんので心が痛みます。
私も5歳以上のわんちゃんの里親を考えましたが入院など
しましたので身体は大丈夫と言われたら考えたいと思って
います。
我が家の柴も最後に飼える犬で長生きしてほしいです。

No title

スーパーサイドバックさん


いつもありがとうございます*

記事に書いたことは、何かすれば解決するような簡単な問題ではないですが 考えさせられる内容ですね。

家族として迎えたからにはずっと一緒にいてあげたい その気持ちはずっと持ち続けながら過ごしていこうと思っています。

No title

トトパパさんへ


こちらにも ありがとうございます*

記事に書いた内容は 以前から思っていたことなのですが
なかなか難しい問題ですね。
自分は すべてブリーダーさんから迎えたワンコと過ごしているので 特にこのことは切実なことととして感じてしまいます。

この子たちとは 愛する家族としてずっとともに過ごしていくつもりですが 将来 自分が彼らと一緒にいられなくなるようなことになったら・・
そんなことを考えると 不安な気持ちに駆られます。

今はとにかく この子たちのために私自身が健康であること
そして 1日1日 しっかりスキンシップをとって見守ってあげることを続けていこう その思いでいっぱいです。


No title

kuroさんへ


いつもありがとうございます*

自分も リタイヤして気持ちの癒しと健康 潤いある日々などのことを考えて モモ を迎えました。
それが 今では4頭のワンたちと一緒の生活になっています。
たしかにペットとなると範囲が広くなりますね。
自分としては保健所に持ち込まれる犬・猫の場合に限定して述べたのですが
彼らを保健所に持ち込むということは 言葉を換えれば 飼い主が自分ができないから 処分されるのを了解のうえで持ち込む また言葉を換えれば 自分に代わって処分してもらうために持ち込む
理由は様々だとは思いますが、辛い現実です。

虐待・遺棄は論外で、これらを罰する法整備もより厳しいものであってほしいと自分も思います。
ただ 言われるようにこれも政治家の意識の問題と関わってくるので・・
少しでもいい方向へいけばと思うのですが、変わらない現状を見ると何とも歯がゆい思いがしますね。



こんにちは。

ご無沙汰しています。
コメントありがとうございます。

この問題を聞く度にいつも胸が痛みます。
ペットも飼われた家によって幸せな毎日を送れるか
否かになりますね。
少しでも多くのペット達が愛されて過ごせることを
願わずにはいられません。

No title

マーシャさんへ


コメント ありがとうございます*

家族として迎えられた動物たちの命は、飼い主の手に委ねられています。
みんな愛され、生きていく権利があるのにって思います。
自分もその原点に立ち返って 今いる子たちを 精一杯の愛情をもってこれからも見守っていきたいって思っています。

No title

柴犬ケイさんへ


いつもありがとうございます*

迎えられたワンちゃん 猫ちゃんたちすべてが 家族の一員として幸せに過ごすことができたら こんなにステキなことはないのですが・・

一方で自分の身に何かあったらって思うと不安がよぎるのも事実です。
そして、この子たちのために健康であらねばっていつも思います。
保健所にいるワンちゃん 猫ちゃんたちが1頭でも多くレスキューされ、少しでも状況が変わってゆけばっていいなって思います。



 
line
line

line
プロフィール

ももPAPA

Author:ももPAPA
ももPAPAのブログへようこそ
写真はチヨ(チワワ&ヨーキー)です



おきてがみ 設置しました
ポチっとしていただければ、のちほど必ずうかがいます

おきてがみ


初めまして

ももPAPAと申します。


1953年生まれの獅子座(乙女座に近い獅子座です)

さすがに体力の低下は否めませんが、気持ちはまだまだ20代のつもりです。

血液型 O型

年はとっても気持ちは若く、ハートは熱いです。

大らかな面と、これは! とこだわる面もあって 部屋が散らかっていると気になって1日に2回は掃除をしています。
(ワンコの毛が舞い落ちることもあって そうしています。)

もともと好きだったことと自分の健康維持も兼ねて、4年ほど前にワンコを迎え、毎日元気と癒しを分けてもらっています。

"成せばなる 成さねばならぬ 何事も!"

"自分を信じ、未来を見据え、ブレない心で取り組めば、結果は必ずついてくる"
ももPAPAのモットーです。

line
最近の記事
line
最近のコメント
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
フリーエリア

現在の閲覧者数: アクセスカウンター blogram投票ボタン

line
フリーエリア

line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。