スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

Richard Elliot "Move On Up"



今回は ちょっと専門的な記事の内容になるので、興味のない方は 読みとばしてくださいね。



昨日も午後、体操部の指導に出かけたのですが


ある一人の生徒が どうしても自分が納得するレベルまで技が仕上がらない ことで悩んでいました。

後方宙返り(バック宙) のさばきがよくわからないということなのですが

つまづいている大きな要因として

ロンダートから入ってバック転からバック宙へともっていく際の "蹴り" と "体のさばき" がありました。


"バック転" は次の技へとつないでいく技でもあって、その場合 床に着いた両手を突き放しながら 着手していた両手の間に近い位置に両足を入れるようにして後方へ踏み切る 蹴りになるわけですが

バック転からバック宙へともっていく際の 2つの技の
 "体のさばきと蹴り" が大きく違うため ここでつまずくことが多いんですよね。

バック転は上体を後ろに倒しながら後方へ蹴り、その勢いで低く転回していくわけですが 次のバック宙へ移るためには
 "体を高く引き上げる蹴り" を経て体をさばいていくために その 質の異なった2つの蹴りを瞬間的に使い分けることができないわけです。


「ロンダート⇒ バク転⇒ バク宙」


バック宙における "体を引き上げる蹴り" が 引き上げよりも転回することへ意識が先走ってしまうために 踏み切った瞬間 すでにあごが上がり、上体が後ろにのけぞって 後方へ流れた転回になる

陥りやすいところです。

また、低く、スピードのあるバック転ができてその勢いで次のバック宙へともっていけるわけで、バック転の完成度が不十分だと次の "バック宙" は不成功に終わってしまいます。

意識としては、バック宙の体のさばき場面では 上方へ瞬発的に蹴り出したあと体を引き上げ "両肩" を回転の軸として回転する感覚 がイメージできればそれを何度も実際に試してみることで向上は図れると思うのですが

他のスポーツでも言えることですが、実際の技を何度も見ることと その演技を自分の中でイメージしながら練習することも向上の大きなポイントになります。


それをサポートするために 試技者の腰あたりに伸縮性のあるチューブを巻いて固定し マットを走る試技者と同じスピードで両側から補助者がチューブの端を持って走りながら ポイントで "あごを引いて高く" などと声がけしながらサポートしていく
そんな方法で 体のさばきを体で覚える ことができるようにサポートしています。

勿論 着地箇所に1枚 そして壁に2枚重ねでセーフティマットを立てかけて 空中でバランスを崩した際の事故防止にも十分配慮しながら行っています。

自分も辿った道のりですから  よくわかります。


体操をやっている人は、言わんとしていることが何となくわかっていただけると思いますが いかがでしょう?

今回は体操に限った 少し専門的な記事になってしまいました。




さて 音楽のほうですが・・


またまた Smooth Jazz テイストな心地よいサックスの音色を♪


s-エリオット




ヘッドフォンで聴くと、より深みと拡がりのある音で楽しめます♪

「Richard Elliot - Move On Up」
スポンサーサイト

theme : 洋楽
genre : 音楽

line

comment

Secret

No title

体操の事はわかりませんが(^^;;
音楽とてもイイですね♪
こんな曲を聞きながら、優雅に1日過ごしたい♪o(^▽^)o

No title

こんにちは。
いつもありがとうございます。

寒くなりましたね。
もう半パンTシャツ、裸足では無理になってきました。。。

なるほど。。
なんでも、ある段階までいった先を超えるのが大変ですね。それを超えるとまた上野レベルの壁が。。。
それを乗り越えていかないといけないですね

No title

アクア君さん


ご訪問・コメント ありがとうございます!

今回は ちょっと(っていうかかなり) 専門的な内容の記事になってしまいました。

最近 さぁ、聴くぞ!って構えることなく気軽に聴けるこの手のスムース・ジャズ系サウンドをよく聴くようになりました♪

No title

こんにちは
いつもどうもありがとうございます♪

すっかり秋も深まってまいりました
野菜も美味しい季節!
そしてそろそろ鍋の季節にも♪

バック転
自分はたいそう全くダメですが、嫁が高校まで
器械体操部でした。
子供がバック転できるようになたら
ジャニーズに入れたいです(爆)

またよろしくお願いいたします♪

No title

こんにちわ^^

頭では理解しているつもりでも、なかなか思うように
出来ないことってありますよね
やはり練習あるのみでしょうかね(^-^)
私もそんなときありました(;^_^A

Move On Up
雨降りのカフェテラスで国道を行き交う車を眺めながら
聴きたくなりますね(^-^)

頑張ってほしいですね!

こんばんわ、諸星輝々さん。。

スポーツって、いろんな難関がありますよね。
ひとつひとつの壁を自分で乗り越えていかなあかんし・・
くじけることなく、頑張ってほしいものですね。
出来た時の喜びを信じて・・

お互いに、また一週間頑張っていきましょうね!!

No title

トトパパさん


いつもありがとうございます。

今回はすごく読みにくい 専門的な分野の記事になりました。
スポーツに限らず、何でも やってると必ず壁に突き当たりますね。 
それを克服するのは、やってる本人なわけですが その過程で指導者は何をすべきか
言葉での説明と並行して 大切なポイントを 練習を通して伝え、感覚としてつかめるところまでサポートしていく

そして わずかな進歩でもそれをしっかり認めてあげて励ましてあげる・・ 自信を持たせる
難しいですが 力量を問われるところですね。

No title

スーパーサイドバックさん


いつもありがとうございます!

ほんとに 秋真っ只中 そんな季節になりましたね。
鍋物がほしくなるのももうすぐって感じですね。ほんとに早いものです。
奥さん 体操やってらしたんですね。

自分は子どもの頃 マット遊びや鉄棒を使った遊びが好きで
その頃から体操への興味が湧いていきましたね。

息子さん ぜひ ジャニーズへ入れてあげてください♪



No title

あめしすとさん


いつもありがとうございます♪

もしかして あめしすとさんも 体操を?

克服スポーツとはよくいったもので、技への恐怖心(失敗したときのこと)が拭いきれず なかなか先へ進めないってことが
特に体操の場合はありますね。

また 練習時に、イメージ通りにさばけたときって あるとき突然って感じで来ることよくあります。
進歩がないように見えても 隠れたところで成果は草の根のように体の中で大きくなっていってるんだと思います。

雨降りのカフェテラスで国道を行き交う車を眺めながら ・・

ナイスなシチュエーションですね! それ 絶対いいと思います♪

 

No title

今晩わんこ    ももPAPAさん

私、昔から体が硬かったゆえバック転など、一度もやった事ございません。

小学校の時、鉄棒の逆上がりってありましたでしょう。私あれもテンデ駄目でした。

で、体育の授業での検査の時、私の番がやってきて何故か心がすぅ~っと落ち着き、ものの見事1発でできました。あれ以来やってません。本番に強い自負は、あれから出来上がったのでした。

No title

さすらいさん


いつもありがとうございます!

なかなか超えられない壁に突き当たる・・スポーツでも またその他の場面でも あることですね。

殻を打ち破るのは本人なわけですが 歩めずに苦しんでいるとき 指導者は何をすべきか

"啐啄(そったく)の機" という言葉があって 
それは 雛が殻を突き破って出てこようとしている まさにそのとき 親鳥が軽くくちばしを殻に当てて "もうすぐだよ"
って 波動を送る

指導者のあるべき姿なのかなって 思います。

また1週間 お互い元気でやっていきたいですね♪
 

No title

Keithさん


こんばんにゃんこ♪

いい話ですね!

自分も体 硬いほうです。

逆上がりができたときって 他のものにかえがたい喜び
がありますよね。
Keithさんが すぅ~ っと気持ちが落ち着いたとき たぶん
イメージが描けてたんでしょうね きっと・・



こんばんは☆

実は。。体操部の顧問でもあった担任の先生から強く勧められて
中学の1年の2学期から体操部に入部しました。
階段も上がれないほどの部活の厳しさだけが
思い出として残っていますが
もともと体育会系ではなかった私には
今ではいい思い出になっています。

ももPAPAさんが体操部の指導員をされていらっしると知り驚いています(^^
私のところに訪問して下さったのはそれをご存じだったからでしょうか??

あり得ないような偶然にビックリしてコメント致しました^^

前回の曲も今回の曲もとてもステキでした♪

No title

お名前がわからないのすが・・

ご訪問・コメントいただき ありがとうございます!

中学時代の部活・・懐かしいです。
自分も本格的に始めたのは中学からですが、まだ体ができあがっていない時期
体操って、部分的に極端な負荷がかかるスポーツなので そんな時期の練習 ハードでしたね。

今は週3回ペースで 近くの中学校へ行って指導にあたっています。 無理な負担をかけないようにってなかなか難しいですが、生徒たちが少しでも自信を持って取り組めるようにサポートしていきたいと思っています。

曲・・聴いてくださってありがとうございました♪
line
line

line
プロフィール

ももPAPA

Author:ももPAPA
ももPAPAのブログへようこそ
写真はチヨ(チワワ&ヨーキー)です



おきてがみ 設置しました
ポチっとしていただければ、のちほど必ずうかがいます

おきてがみ


初めまして

ももPAPAと申します。


1953年生まれの獅子座(乙女座に近い獅子座です)

さすがに体力の低下は否めませんが、気持ちはまだまだ20代のつもりです。

血液型 O型

年はとっても気持ちは若く、ハートは熱いです。

大らかな面と、これは! とこだわる面もあって 部屋が散らかっていると気になって1日に2回は掃除をしています。
(ワンコの毛が舞い落ちることもあって そうしています。)

もともと好きだったことと自分の健康維持も兼ねて、4年ほど前にワンコを迎え、毎日元気と癒しを分けてもらっています。

"成せばなる 成さねばならぬ 何事も!"

"自分を信じ、未来を見据え、ブレない心で取り組めば、結果は必ずついてくる"
ももPAPAのモットーです。

line
最近の記事
line
最近のコメント
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
フリーエリア

現在の閲覧者数: アクセスカウンター blogram投票ボタン

line
フリーエリア

line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。