スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

松岡直也グループ "A First Flight"



前記事に続いて 学生の頃の話ですが・・


地方の田舎町から初めて都会に出て生活することになる その1年前

富士の姿が見える伊豆箱根鉄道沿線沿い とある町の下宿にお世話になっていました。

8人の学生が同じ釜の飯を食べる生活

驚いたことに、その8人というのが全員 出身県が違ってて、北は北海道から南は九州 鹿児島まで・・
こんなことってあるんですね。


s-IMG_3285.jpg


夕食も一室に集まって食べるのですが、みんな食べるのが早いこと早いこと!

おかわりしようと思っておひつを覗くと大体いつも空っぽ

そこで考え出した作戦?が、最初の盛り付けのとき、それこそ茶碗にあふれるくらいご飯をぎゅう詰めにして量を確保するというもの 
これは我ながらいいアイディアだったと手ごたえを感じて喜んでいたものでした^^
でも、おかわりにはなかなかありつけませんでしたね。

その頃は何せ食べ盛り・・夕食後、しばらくまた間があくとお腹がすいて近くのコンビニで肴になるようなものを買い出して夜は1室に集まってよく飲んだものです。
(勿論、勉学と遊びのけじめはしっかりつけていましたが・・怪しい^^;)


2年目からは東京へ出て行ったわけですが、当時の生計は、仕送り半分 アルバイト半分

ビル内の事務所の引越し手伝い、競馬場のビラ配布(車のワイパーにチラシを挟み込む仕事)、ガス敷設工事現場での交通整理、ゴミ処理場の仕分け作業、バーテンダー・・それぞれ短期間ではありましたがいろんなことをやりました。

あの頃の仲間たちのうち、2人の友と 一昨年・昨年と続いて海外アーティストのLIVE参戦した折に東京・金沢で飲む機会があり、ほんとに懐かしく当時の頃を思い出しながら語り合いました。


もともと大学の本学部が東京にあったわけで、2年目からはそこが生活の拠点になるわけですが・・


東京に出てすぐ住み込んだのは、2食賄いつきの下宿
OLさんやサラリーマンなどなど合わせて5人ほどで同じ釜の飯を食べていたのですが 家賃がそれ相応にしてたこともあってそこはひと月ほどで引き払い、財団法人経営による学生寮に入ることになったわけです。

学生食堂があって、理髪店や売店などもあって
ひと月の費用が当時 800円  マックバーガーが1こ120円  コカコーラが1本 70円
セブンスターが1箱 200円ほどでした。
         
場所は新宿から出ている西武新宿線沿い 
建物は6階建てほどで部屋数は相当数あったように思います。

部屋は4人相部屋になっていて、両サイドにそれぞれ2段式ベッドが2つ  ベッドを降りたフロアーは8畳間ほどの広さで、プライベートな空間はベッドのみ


同じ大学の学生4人が1つの部屋で生活するわけですが、自分のいた大学は6部屋くらい部屋があったように思います。

びっくりしたのは深夜2時くらいの時間に突然部屋でギターの音がしだしたり  他大学の学生で、飲んで帰ってきた学生たちが大声を張り上げて歌ってたり・・

さらに唖然としたことは、洗面器に入れておいた石鹸がなくなっていたり 下着がなくなっていたり・・
ベッドの上に置いていた目覚まし時計が行方不明になったり
それは続くことはありませんでしたが、当初は ココにいたら危ないかも・・って真剣に思ったものです。

いちばん気を遣ったのは、お金の仕送りなどがあった場合、ロビーに掲示してある連絡板に学生の名前と "書留が届いています" とかの連絡が書いてあって それを見た同じ大学のメンバーが、・・・にくるわけです。;^^

今日は、○○ちゃんのオゴリで・・飲もう~ なんてことになるとまずいので コソっと窓口のお姉さんに"内緒にしといてもらえますか"  とお願いしてました。

あるとき お金が底をついて 友人のアパートに1週間ほど転がり込むことになるわけですが、窓口で

"ちょっと2~3日留守にしますから"
とひと言伝えて出たにもかかわらず 5日たっても帰ってこないのであとで聞いた話によると なんと "捜索願い" が出されてたとのこと ビックリでした。

その友人もそのとき金欠病で お互い財布はスッカラカン
結局、5日間 200円で過ごすことに・・

うどん玉を買って茹で、それに薄味で醤油とちょっぴりのお酒で味付けしたものを食べて過ごしました。
起きてると腹が減るので寝ようとするのですが、腹が減って眠れず  いやいや大変な思いをしました。


s-うどん玉


その後、お金のほうは何とか工面がつき その日に食べたラーメンの美味しかったこと・・
あの味は今でもしっかりと覚えています。



s-ラーメン



テレビを観てる? "ふぅ"

s-IMG_3284.jpg





さて、今夜のミュージックは・・

前前回の記事に続いて、ジャパニーズ・フュージョンサウンドということで "松岡直也バンド" "A FIRST FLIGHT" をピックアップしてみました。
この曲も、過去 記事で紹介した曲になりますが・・そこはご容赦いただくことにして・・

ここでギターを弾いてるのは あの PRISM のギタリスト 和田アキラ氏ですが、ここでもアラン・ホールズワースも真っ青の脅威の速射フレーズの連射で曲を盛り上げてくれています♪



s-松岡直也バンド


ヘッドフォンで聴くと、より深みと拡がりのあるサウンドで楽しめます♪
 
「松岡直也グループ A FIRST FLIGHT」


スポンサーサイト

theme : 音楽
genre : 音楽

line

comment

Secret

No title

たくましい!
この経験があれば、何をやっても生きていけますね~

No title

おはようございます。

コーラ70円。。。
そういえば、子供の頃、それくらいでしたね。
マクド120円は。。。
今の方が安かったりしますね。
まあ、バーガーによりますか。。。

No title

こんにちは
いつもどうもありがとうございます♪

皆さんいろいろな思い出というか,想い出がありますよね♪
竹馬の友とでも言うのでしょうか、自分はそういったような
半集団的生活はなかったのですが、お金のないとき
知り合いの八百屋からキャベツの残り葉分けてもらって
塩で食べたりしたときのことを思い出します(苦笑)

またよろしくお願いいたします♪

No title

こんばんわ~

学生の頃って、動きも活発なせいか
食べても、食べてもすぐお腹空きましたよね(^▽^)
お腹空き過ぎて眠れないときありますよね
何しても楽しかったような気がします(^-^)
ふぅちゃんテレビ観るのですね♪
映像に興味あるのでしょうか(^。^)

和田さんのテンポの良さは聴いていて
とても良いですね♪

もしかして

こんばんは。

その寮って、もしかして下落合にある寮ですか?
そこでしたら、学生時代アルバイト探しに何度か行きました。
アルバイト募集の紙がズラッと貼ってあって、希望する番号の箱に申込用紙を入れ、結果を待つというしくみでした。
学○援護会ですけど、違っていたらすみません。

No title

ビターさん


いつもありがとうございます♪

いろんなことをやりましたね。 怖かったことも 楽しかったことも数々あって ほんとに充実?した学生時代でした^^

No title

トトパパさん


いつもありがとうございます♪

そうそう・・
マクドは今と大体似たような価格でしたね。

値段があまり変わってないものといえば、レコードなどもそうでした。今はCDですが・・
冬の寒い日など、近くにあった自販機でバーガー買ってよく食べたものです。

No title

スーパーサイドバックさん


いつもありがとうございます♪

学生時代のほとんどが集団生活だったこともあって、自分だけの部屋で一人生活もしてみたいって思いましたね。

苦しい?ときの友頼みで得をしたこともありますが、友(伴)倒れになったことも(笑)
今回の記事のものは後者でしょうか^^ 

No title

あめしすとさん


いつもありがとうございます♪

ほんとに あの頃は何を食べても ちょっと時間たてばすぐお腹減ってましたね(笑)
いったいどこへ入っているんだろうって思ったり・・

お腹すいた~って感じたときって なかなか寝付けなくて冷蔵庫の中身を物色したりってこともありましたよ。
怖かった体験でさえ スリルも感じたり、ドキドキハラハラ ワクワクの学生生活でした。

"ふぅ" テレビつけてると、そっちを見てチョコンと座ってることあります。 "ん? 何だこりゃ?" って感じですね^^

和田さんのギター ほんとによく聴いてたものです。
カシオペアとかも好きでした♪
 




No title

まみこさん


いつもありがとうございます♪

ズバリ・・当たりです。

下落合駅から歩いて3~4分のとこでしたね。
ほんとに懐かしいです。
アルバイト 自分もそこで ガス管敷設工事の車両誘導のバイト(通称:ラットパトロール)をよく友人とやってました。

警備会社がすぐ近くにあったこともありますね。

そうそう 学○援護会です。

No title

こんばんわ。
当時は辛い?体験だったと思いますが、今になると良い経験&思い出ではないでしょうか!?
僕は高校卒業してすぐ就職したので、そのような経験をしていないのでなんか羨ましいです。
でも、実際に体験したら辛くて大変なんだろなぁ・・・。

ふぅちゃん、テレビ見てますね~。我が家のわんこも時々じ~と見てます。
特に音楽番組を(笑)僕と同じく音楽好きなのかな(笑)

昨日、和田アキラと津垣博通のコラボ作「A POINT OF BLUE」を聴いていました!
松岡直也での和田さん良いですね!それにしても凄いテクニックです!

No title

ぶらうん佐藤さん


いつもありがとうございます♪

当時を振り返ると、よくもまぁ あんなことをしてたもんだ などとあらためて驚いたり、感心?したりするのですが・・

集団生活・・どんなにビックリするような環境でも、慣れてしまえば不思議と違和感を感じなくなるものですね。
今だったらとてもできないでしょうね。

ぶらうんさんとこのワンちゃんもそうなんですね。
そうそう 音楽番組によく反応してますよ^^

和田さんのギターはシットリ系から疾走感たっぷりのものまで幅広いですね。
"A POINT OF BLUE" 聴いてみますね♪





line
line

line
プロフィール

ももPAPA

Author:ももPAPA
ももPAPAのブログへようこそ
写真はチヨ(チワワ&ヨーキー)です



おきてがみ 設置しました
ポチっとしていただければ、のちほど必ずうかがいます

おきてがみ


初めまして

ももPAPAと申します。


1953年生まれの獅子座(乙女座に近い獅子座です)

さすがに体力の低下は否めませんが、気持ちはまだまだ20代のつもりです。

血液型 O型

年はとっても気持ちは若く、ハートは熱いです。

大らかな面と、これは! とこだわる面もあって 部屋が散らかっていると気になって1日に2回は掃除をしています。
(ワンコの毛が舞い落ちることもあって そうしています。)

もともと好きだったことと自分の健康維持も兼ねて、4年ほど前にワンコを迎え、毎日元気と癒しを分けてもらっています。

"成せばなる 成さねばならぬ 何事も!"

"自分を信じ、未来を見据え、ブレない心で取り組めば、結果は必ずついてくる"
ももPAPAのモットーです。

line
最近の記事
line
最近のコメント
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
フリーエリア

現在の閲覧者数: アクセスカウンター blogram投票ボタン

line
フリーエリア

line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。