スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

Steve Lukather "Rest Of The World"



深夜の更新になりますが・・


ももPAPA この連休明けから、中学校の体操部の指導に 週2回のペースで行くことになっています。


部の生徒の人数は10人ほどですが 新入部員の生徒もいるので 初心にかえって基礎からしっかり取り組んでいこうと思うのですが それぞれの技能レベルは当然違ってくるので それに応じた柔軟な指導ができればと思っています。

体操は克服スポーツのひとつでもあり、練習によって個人の技能レベルを向上させていくことがメインとなるわけですが その中で 他の選手の技を見て学んだり 声をかけあったり "ここをこうしてやればいいと思うよ" などとアドバイスをし合ったりすることで上達への糸口が見えてくるという部分も大きいスポーツです。

中学生という段階は、まだ体ができあがっていないこともあって、無理をして筋肉を傷めたりということもあるので そのあたりの配慮と 体操競技の特性的な部分も 生徒たちにわかりやすいように伝えていけたらとも思っています。


体操で技をこなしていくときにいちばん大切なことのひとつに "体の位置感覚" というものがあります。
技をこなすということは 言い換えれば 自分の体を "自己コントロールする" ことで

今 自分の体の頭 腕 腰 脚などがどの位置にあって 終末段階(着地)にもっていくには 体をどうサバいたらいいか という

技の "入り から 展開~終末" に至るまでの 一連のサバキ方を体で覚え それをこなす ということになるわけですが


床の演技を例にあげれば タンブリング技のつなぎの役割りを果たす "バックフリップ(バック転)"

この技は 単独で技を行うことはなく、次にくる技(抱え込みや伸身でのバック宙など)への助走として使われるものですが 初心者が陥りやすいところとして

回ろうとする意識が先走ってしまうために、床を後ろに蹴る前に あごが上がってしまってエビゾリ状態で 膝が抜けた蹴りになってしまって ふわ~ っとした勢いのない転回になる

これがいちばん多く見られるものです。


これですね

バク転練習2回目 アドバイスください 


上の動画でもわかるように 両足で蹴る前に、すでにあごが上がってしまっているために蹴りが効かず、ふんわりした転回になってしまっています。

振り上げた両腕が肩の高さにくるまでは視線は前方 で椅子に座るように重心を後ろにもっていきながら後方へ一気に蹴る

それから 空間局面があって 着手  腰から下のあふりを使った突き放し 着地

といった一連の体のサバキ

この "後方へ蹴る" というのが "カギ" になるわけです。

あごを上げるのは振り上げた両腕が肩の高さになるのと同時くらいで 着地の先読みをしていくために自然と上がるわけですが




これもまだあごの上がりが早いですね 後方へというより上に蹴っていて いわゆる膝の抜けた蹴り になっています

バク転 完璧



この子は小学生ですが、補助つきで これはいい感じです
連続バックフリップへとつなげていくために、後方へ蹴りが効いた転回が理想形です


バク転とその補助III



というようなところで・・



今回のミュージックは


またまたしつこく・・
何度聴いてもシビレる
 "Luke" の最新アルバム "Transition" から・・

"Rest Of The World" を♪

s-Steve20Lukather20-20Transition_20130504032255.jpg



Steve Lukather - Rest Of The World
スポンサーサイト

theme : 洋楽
genre : 音楽

line

comment

Secret

No title

おはようございます。

体操と言っても部活動ともなれば
科目のそれとは違ってかなり専門的なものもあるようですね。
でもこのお仕事、ももPAPAさんご自身の若返りにも
大いに役立っているのでは。
ご指導おつかれさまです。

No title

こんにちは
いつもどうもありがとうございます♪

体操ご指導ご苦労様です。
スポーツはジャンルにかかわらず、
色々な意味で、メンタル、フィジカルが関わってくるので
成長のためにも鍛錬という意味においても
素晴らしいことですよね♪
お疲れ様です

またよろしくお願いいたします♪

No title

こんにちは。

うーん。。。
たいそうのことはよくわかりませんが。。。
さすが先生!!

よいゴールデンウィークをお過ごしくださいね!

体操

こんばんは。

体操って見るのは好きですが、とてもじゃないけど自分ではできません。
スポーツは得意ではないのですが、高校の体育の授業くらいの範囲なら一応できます。
でも体操はどうしてもダメです。
体が硬いんですね。
バック転はおろか、Y字バランスさえできません。
鮮やかな技を披露する体操選手ってカッコイイですね。

ももPAPAさん、いよいよですね。
若い息吹をたくさん吸い取ってきてください。

No title

茶々さん


いつもありがとうございます!

もう昔のように実演することは難しくなってきましたが、子どもたちと接していると元気をもらえるのは確かにありますね。

No title

スーパーサイドバック さん

いつもありがとうございます。

他のスポーツもだと思いますが、体操はフィジカルもですがメンタルの部分で "自信 イメージ 決断力 ・・"といったところが大きな要素を占めているようにも思います。

No title

トトパパさん


いつもありがとうございます!

もう昔のようには体が動かなくなりました。
動かず 効果的な指導法はないものかと模索しています汗;

No title

まみこさん


いつもありがとうございます!

体操はふだん日常の生活の中ではまずやらないことを競技として行う特殊なスポーツともいえますね。

体の柔軟性は体操をやっていくうえでアドバンテージのひとつとはなりますが、決定的な要因ともいえません。

瞬発力(体のバネ)・筋力・;それらに支えられたボディコントロール能力 それに柔軟性があれば十分といったところでしょうか。
あとは日々のトレーニングで技を磨き上げていく これは欠かすことの出来ないものですね。

若い息吹を吸って元気をもらってきたいと思っています。
line
line

line
プロフィール

ももPAPA

Author:ももPAPA
ももPAPAのブログへようこそ
写真はチヨ(チワワ&ヨーキー)です



おきてがみ 設置しました
ポチっとしていただければ、のちほど必ずうかがいます

おきてがみ


初めまして

ももPAPAと申します。


1953年生まれの獅子座(乙女座に近い獅子座です)

さすがに体力の低下は否めませんが、気持ちはまだまだ20代のつもりです。

血液型 O型

年はとっても気持ちは若く、ハートは熱いです。

大らかな面と、これは! とこだわる面もあって 部屋が散らかっていると気になって1日に2回は掃除をしています。
(ワンコの毛が舞い落ちることもあって そうしています。)

もともと好きだったことと自分の健康維持も兼ねて、4年ほど前にワンコを迎え、毎日元気と癒しを分けてもらっています。

"成せばなる 成さねばならぬ 何事も!"

"自分を信じ、未来を見据え、ブレない心で取り組めば、結果は必ずついてくる"
ももPAPAのモットーです。

line
最近の記事
line
最近のコメント
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
フリーエリア

現在の閲覧者数: アクセスカウンター blogram投票ボタン

line
フリーエリア

line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。