TOTO "Without Your Love"



GWも終わりましたね。

地元 山陰 江津市は今日も快晴でした。

今まであまり干せなくていた布団を 昨日・今日と天日に当てることが出来ると気持ちが爽やかになります。


PMなんちゃらも 最近 あまり気にならなくなってもきてるのですが、そうはいっても干した布団はしっかり埃をはらって取り込んでいます。
そして、外出時はマスクは常時携帯しています。


話を変えて

ペットを飼っておられる方は愛犬・愛猫など 愛するパートナーとのお別れを体験された方も多いのではと思います。
ももPAPAは一人身になってから5年の間 可愛がっていた愛犬を2頭亡くしました。

今日はそのことについてお話したいと思います。

以前も何度か記事で書いたことがありますが、今の家に住んで2年目(2009年5月)室内犬として初めて迎えることになったモモ
それからほどなくして2頭目のワンコ "Q" を迎えることになりました。

今いる "チヨ" と "Q" は同じ年の4月生まれ

ももPAPAは モモを迎えたあと ミックスのワンコをどうしても迎えたくて あれこれと調べているうちに
あるショップで、"Q" のことを知り 迷うことなく迎える決心をしました。

マルチーズ系のミックスで お母さん犬がコッカーという稀なミックスワンコで それはもう可愛いワンコでした。

実は "チヨ" もそのショップから迎えたワンコです。

"Q" は性格はとても温厚で 何ともいえない天然キャラが魅力でしたが 意外に大胆なところもあって、あるとき散歩のため 海辺に行って車から降ろし、首輪をつけている最中、スルっと手を抜けて海が目の前に広がる砂浜方面に走って行き そのまま砂浜に沿ってどんどん走って とうとう姿を見失ってしまいました。

大声で名前を呼びながら探しても見つからず、各方面(警察・市役所・保健所)にも届出をして探していたところ

"探しておられる犬かどうかわかりませんが、似た感じの犬をある方が保護してらっしゃるようです"

という連絡が市役所から入り、その方のことを尋ねると ももPAPAが住んでる所から50キロほど離れた所に住んでおられる人で たまたま Q がいなくなった付近のテトラポット界隈で釣りをしておられたところを Qが人懐こそうに近づいてきたので 車にはねられたりしたら可愛そうだからと 自宅まで連れ帰って保護されている ということでした。

電話でその方と話していて 体の特徴や毛糸 顔の様子などを聞いて
"これはQにほぼ間違いない" ということを直感して 時間を合わせてすぐ "待ち合わせ場所" まで車を飛ばして行きました。

待ち合わせ場所は "道の駅 因原 コンビニ "ポプラ"
"そこにあるベンチで犬を抱いて座っています"

ということで 行ってみると 間違いなく"Q" でした。 あのときの気持ちは今でもしっかりと記憶に焼きついています。

嬉しさと感謝でいっぱいのももPAPAは 何度もお礼を言って もう二度とこんなことにならないようにと Qを抱きしめて家路につきました。

それから1年半後の1昨年の10月末の夜、Qのいるサークルのトイレの掃除をしているとき、ブロック塀で囲まれた裏庭へ一時的に Qを待機させて掃除を続けていてふと見たら Qはもうそこにはいませんでした。

その夜から明け方くらいの時間帯に 近くの歩道に出てしまったんでしょう。

隣りの 義理の弟の妹夫婦の旦那さんから "朝方 夜勤帰りに、車にはねられている白い犬を見た" ということを聞いて 隣市にある "国道維持管理事務所" に電話で問い合わせ 写真があるということで見せてもらったところ 遠くから撮影されていてはっきりと判別はできませんでしたが 飼い主の直感で "Qに間違いない" とわかりました。

あれからもう1年半が過ぎようとしていますが 今も あの子のしぐさや姿が瞼に浮かんで無性に "Qとまた遭いたい" という思いに駆られます。

2年と3ケ月という期間でしたが 自分にとってはかけがえのない大切な、大切なパートナーでした。

ワンコやニャンコは 飼っている頭数とか関係ありません。

みんな同じ重さの、かけがえのない命です。 Qは、飼い主のほんのちょっとした油断が 命取りになるということを身をもって教えてくれたのかもしれません。


今でもQは、心の中にしっかりと生き続けています。


s-IMG_0004_20130507203241.jpg



s-IMG_0007_20130507203318.jpg



今日はお昼過ぎに近くにある運動公園に 3ワンズ(チヨ モモ まる)を連れて行ってきました

s-IMG_4094.jpg



s-IMG_4100.jpg



s-IMG_4102.jpg



今日も チヨちゃん 速いです;^^ もうスタコラ
ここは車は通らないので安心です 



また その様子をミニ動画で・・

チヨちゃ~ん 速いってばさ;^^

 


今回のミュージックは・・


この曲ももう何度も登場したナンバーになりますが・・

数ある "Luke" のVocal とギタープレイの中で これがいちばん好きだったりします♪

特に 間奏で入るギターフレーズのセンスには もう脱帽のももPAPAです



s-Toto-Africa_20130507211548.jpg




Toto - Without Your Love
スポンサーサイト

theme : 洋楽
genre : 音楽

line

comment

Secret

No title

おはようございます。

今朝はまた寒い朝です。。。
5月って、気温、6℃とかになりましたっけ。。。

Qちゃんと確信されて。。。
見に行かれて分かったときのお心。。。
お辛かったでしょうね。。。

No title

ももPAPAさん、こんにちは。
読みながら涙してしまいました。
ペットも大切な家族...パートナーですよね。
私も3年前の5月...大切なパートナーを心不全で亡くしてしまいました。一緒に暮らしたのは7年間...
今でもあのときのことは、覚えています。
最初はもっともっと一緒にいてあげれば良かったと悔やみました。
でも今は我が家の子になってくれて、幸せを運んできてくれてありがとうの気持ちでいっぱいです。
今でも私たちの心の中に生きています。
QちゃんもももPAPAさんたちを見守っていることとと思います。

No title

ももPAPAさん   こんにちは♪

いつもありがとうございます♪

お天気でお布団を干されて気持ちよく
眠れますね。
Qちゃんは可愛くももPAPAさんに大事にされて
いたことを喜んでいたと思いももPAPAに感謝して
見守ってくれていると思います。

運動公園でサスケどんちゃんとまるちゃんにチヨちゃん
は仲良く散歩してチヨちゃんは今日も元気に歩いて
3わんちゃん達可愛いですね。

わかります

こんばんは。

Qちゃんを失くしたももPAPAさんの気持ち、痛いほどわかります。
私も同じ経験があるからです。
私の場合は、うちで産まれた不具の子です。
3匹いたのですが、揃って脱走しその子だけ連れ帰れなかったのです。
あらゆる手を尽くしました。
動物管理センターにも5日毎にかよいました。
そこの獣医さんに、清掃に問い合わせたら?と言われました。
でも問い合わせはしませんでした。
易者さんが言った「男の子が連れて行った」という言葉を信じることにしたのです。
1年しかいなかった子ですが、忘れられません。

No title

こんばんは。
先日はコメントありがとう御座いました<(_ _)>

私の実家でも昔から犬を飼っています。
別れがつらいので、なるべく飼わないようにしているそうですが、どうしても捨て犬を見つけると放っておけなくなるようです。
犬達が亡くなっても、しばらくすれば悲しい気持ちより「ウチに飼われて幸せだったよね」って気持ちの方が強くなりますが、行方不明になった場合は「生きてるのかな」って、何年も何年もひきずりますね。。。

No title

トトパパさん


いつもありがとうございます!

ほんとに 5月になっても昼夜の温度差があまりに大きすぎて、体調狂っちゃいそうですね。

Qが帰らぬワンコになった って何か 今でも信じられない
そんな思いがするんです。
健康そのもので 病気とか全くない子でしたから・・・

No title

メルママさん


いつもありがとうございます!

メルママさんも わんちゃんを亡くされた思い出がおありなんですね。
いつかは・・と思っていても 突然に というのは飼い主にとってもキツイものがありますね。

Qといっしょに過ごしたのは2年3ケ月でしたが、あの子からたくさんの癒しと思い出をもらいました。
心から "ありがとう" ってQに話しています。
そして 今でもずっと Qは心の中で生きています。

No title

柴犬ケイさん


いつもありがとうございます!

布団干し 今まで黄砂や花粉やらでなかなか干そうという気にまでならなかったのですが あまりにいい天気が続くので
"干すぞ~" って決心しちゃいました(笑)

Qとはもっともっと一緒にいたかったのですが、あの子は自分たちに癒しをくれてまた空に帰ったんだって そんなことをふと思ったりします。
Qとの思い出は生涯の宝物です。

チヨ 大分慣れたんでしょう。
気おくれすることなく しっかりした足どりで歩けるようになりました。
嬉しいお言葉 いつもありがとうございます。

No title

まみこさん


いつもありがとうございます!

まみこさんも そんなことがあったんですね。

行方がわからなくなるって・・ほんの一瞬目を離したときはすでに遅し 
Qの場合 まさにそれでしたね。
裏庭ではなく屋内で待機させておけばって・・そのことをずっと後悔しました。
今はあの子への感謝の思いでいっぱいです。

No title

幸之助さん


いつもありがとうございます!

こちらこそ コメントありがとうございます(*- -)(*_ _)

Qの場合 行方がわからなくなって 写真で真相を確認するまで3日ほどでした。
いなくなってから 車禍にあうまでの実質的な時間経過は6~7時間ほどだったと推定されます。

行方がわからなくなってそのままというのは辛いものがあるでしょうね。
line
line

line
プロフィール

ももPAPA

Author:ももPAPA
ももPAPAのブログへようこそ
写真はチヨ(チワワ&ヨーキー)です



おきてがみ 設置しました
ポチっとしていただければ、のちほど必ずうかがいます

おきてがみ


初めまして

ももPAPAと申します。


1953年生まれの獅子座(乙女座に近い獅子座です)

さすがに体力の低下は否めませんが、気持ちはまだまだ20代のつもりです。

血液型 O型

年はとっても気持ちは若く、ハートは熱いです。

大らかな面と、これは! とこだわる面もあって 部屋が散らかっていると気になって1日に2回は掃除をしています。
(ワンコの毛が舞い落ちることもあって そうしています。)

もともと好きだったことと自分の健康維持も兼ねて、4年ほど前にワンコを迎え、毎日元気と癒しを分けてもらっています。

"成せばなる 成さねばならぬ 何事も!"

"自分を信じ、未来を見据え、ブレない心で取り組めば、結果は必ずついてくる"
ももPAPAのモットーです。

line
最近の記事
line
最近のコメント
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
フリーエリア

現在の閲覧者数: アクセスカウンター blogram投票ボタン

line
フリーエリア

line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
sub_line