fc2ブログ


ももPAPAです。


もともと車にはそれほど興味はなかったのが

振り返ること18年前、それまで乗っていた車が耐用年数の限界近くなってきた折り、その頃赴任していた学校の父兄の方がスバルの販売店のセールスをやっておられて強く勧められ その車に乗ることになってから車に対する認識が少し変わりました。


"走り" にウェイトを置いたセダンは近年グっと少なくなり、クリーンな排気 静かなエンジン 低燃費 を前面に押し出したモデルがメインの状況になって久しいですが・・

過給機(ターボ)搭載で4駆 低重心で水平対向エンジン 富士重工伝統のエンジンシステム

それまでいくらかは知っていましたが これに実際乗ってハンドルを操ってすぐに感じたのは・・

ハンドルの軽さ コーナリング性能(ハンドルを切り込むと、その分だけススっとノーズが入ってイメージ通りの軌道を描いてタイヤが路面をトレースしてくれる)

その感覚にいつしかハマってしまって それ以来 3代に渡ってスバル車に乗り続けました。

ただひとつ、

高速を運転してて追い越し車線に入ってアクセルを踏んでいくような場面で、加速時 ツインターボ特有の
 
"プライマリータービンからセカンダリータービンに切り替わるときのラグ

があるため、一瞬つっかえたような "加速の谷間" があって それがゆえに走り屋と呼ばれるドライバーはシングルタービンに交換するケースも多いとか

逆に、それが個性的で好き というドライバーさんも多かったようです。

インプレッサの過給機(ターボ)搭載モデルは当時(平成13年頃)シングルターボで車重もB4よりかなり抑えてあり、試乗で乗った感触は、より戦闘的で尖った印象でした。

インプレッサも魅力的な車でしたが あの "如何にも走り屋の乗る車" 的な外観はちょっと乗ってみようという感覚になれず マイルドな味わいがあるB4のほうを選びました。

今の軽4の前に乗ってたB4は 先代のワゴンの調子が悪くなって仕方なく中古で買い換えたのですが、これが、掘り出し物的なもので 前オーナーが生粋のスバリストだったのか 何と純正のビルサス(ビルシュタインサス)まで社外品に交換 エキゾーストも触媒ごと換えてあり エンジンはライトチューンが施されているうえにローダウン

さぞかし乗った感じはジャジャ馬的な車なんだろうと思ったところが何ともしなやかで 乗れば乗るほどに味が出る スルメみたいな感触に "これはもう乗り潰すまで乗ろう" と初めは思ったものです。

納車されたときは、千葉県にある販売店からの納車ということで 1000キロ以上ある道のりを販売店のスタッフさんが乗って来られたときは驚きました。

s-ktspartsshopvssb6c1ss3qqe05151.jpg

また 水平対向ボクサー 操ってみたいなぁ

gi0402legacybey_2020020818034983a.jpg




マン島で最速ラップ挑戦中のWRX-STI

日本が誇る スバルWRX STI

エンジンパワーをがっちりと受け止めるサスペンションが生み出すコーナリングの素晴らしさ そしてストレートでの伸び
さすが、世界最高のマシン と唸ってしまいます。

コーナリング時、四駆特有の、タイヤがロック状態で横滑りしながら鳴く音がまたたまりません

コックピット内のドライバーの心拍数 呼吸数のデジタル標示がまたトップスピードで走行中の緊迫感をいっそう盛り上げています

速度計が直線で160マイルに届こうとしているので、時速260キロくらい出てるんでしょう。  新幹線のMAXスピードの速さで走ってるとは  心臓に毛が生えてるドライバーでないと制御できないですねw

スバルWRX STI の足回りに感嘆!




それにしても 車に命をかけている人々の飽くなき記録へのチャレンジスピリットには頭が下がります。

この動画を発見したのはもう6年前
あの、"スープラ" を 2000馬力までチューンナップしたモンスターマシン

何と 0⇒400メートルダッシュで 6秒15というとんでもない記録を樹立

ゴール時の速度が 370キロを超えているということは・・

ゼロ ⇒ 100Km加速は おそらく2秒を切っている   恐ろしい加速Gだと思います。


622120_2020020817283032c.jpg


トヨタ スープラ の2000psドラッグレーサー、0-400m加速で新記録…6秒15[動画]






さて、今回のミュージックですが・・


このブログでは初めてピックアップするバンド "Yes" の Owner of a Lonely Heart を♪

この曲は、1983年に発表されたイエスのアルバム "ロンリー・ハート" にクレジットされたナンバーで、アルバムとしては、それまでの "こわれもの" "危機" といったプログレッシヴなアルバムと比べて大きくサウンドが異なり、ポップでモダンなロックに仕上がっています。


s-2pT2bHDqnumBPaaWNcYbEC.jpg



YES - Owner of a Lonely Heart

スポンサーサイト



line

comment

Secret

line
line

line
プロフィール

ももPAPA

Author:ももPAPA
ももPAPAのブログへようこそ
写真はチヨ(チワワ&ヨーキー)です。




おきてがみ 設置しました
ポチっとしていただければ、のちほど必ずうかがいます

おきてがみ


初めまして

ももPAPAと申します。


獅子座(乙女座に近い獅子座です)

血液型 O型

もともと好きだったことと自分の健康維持も兼ねて、4年ほど前にワンコを迎え、毎日元気と癒しを分けてもらっています。

"成せばなる 成さねばならぬ 何事も!"

"自分を信じ、未来を見据え、ブレない心で取り組めば、結果は必ずついてくる"
ももPAPAのモットーです。

line
最近の記事
line
最近のコメント
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
フリーエリア

現在の閲覧者数: アクセスカウンター

line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
アクセスカウンター
line
sub_line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
sub_line