FC2ブログ

ホワイトアウトは怖い! ワンコの癒しって偉大だ!



7日夜からの強力な寒波もようやく落ち着いて、きのう(11日)はお日様も顔を出す天気になりました。


雪が降っている中を車で走っているとき、"怖い" と心底実感するのが "ホワイトアウト"


3年ほど前、久々にワンコ(チヨ坊)をペットサロンでトリミングしてもらおうと車に乗っけて出掛けたのですが・・ 

出発して間もなくは雪もちらついてはいましたが、途中で本格的に降り始め、目の前はまさにホワイトアウト状態

ペットサロンに到着する5分前くらいでは、どこを走っているかもわからないくらいに視界が悪く、危険なので左に寄って停車して様子を待ちました。

そして少し小降りになった頃を見計らって車を走らせ、無事サロンに到着


"午後4時くらいにお迎えに来てください"

ということで、 夕食の買い出しを終えて行きつけの喫茶に立ち寄って ママさん特性のコーヒーを頂きました。

何もこんな寒い時期にトリミングしてもらわなくても・・ と思ったんですが 相当モフモフ状態になっていたので思い切って連れていきました^^



ももPAPA  ちょっと寒いんだけど・・

ちょい長かったからね~  すぐまた伸びてくるから♪


s-IMG_5005_202001290002390e2_202101121338424b7.jpg


あのときはほんとうに怖かったです。

道路に積もった雪が強風で舞い上がって前方 10メートル先も見えず "地吹雪" の怖さを肌で体験しました。




純血種 たとえば ダックスやコリー マルチーズなどといった犬種の場合 遺伝的特質がある程度限られてくるので どんなふうに育っていくか その成長過程を予想することは比較的容易な面もあるわけですが、ミックス犬とカテゴライズされたワンコの場合 両親が全く異なった犬種なため、そのあたりの予想がつきにくい といったことが挙げられます。

両親から引き継いだ遺伝的特質が プラス方向に出てくるか マイナス方向に出てくるか 良い面だけ あるいは悪い面だけ 果たして?? という 見えない部分があるだけに 迎えるオーナーにとってはそのあたりが不安要素ではあります。 逆に言えば それが楽しみ? でもあったり・・

でも、純血 ミックスとかを超えて言えることは、生まれてきた命は奇跡の確率で今世に誕生し、同じ命は地球上に二度とないもの

そのワンコと巡り合えた縁 それも奇跡

だからこそ、この子たちに自分ができる精一杯の愛を注ぎながら その命の育みを優しく見守っていきたいと思います。


と いつだったか記事で書いた記憶があります。その チヨも 今年の4月には12歳になる予定でしたが 人生にも 犬生? にも何があるかわからないものだということを 改めて痛感しました。


ここは親バカ を承知で敢えて言うんですが

チヨは それこそ この子だ””  って直感が電流のように体を走ったんです。

それまで、保護犬やブリーダー犬、ペットショップなどを検索してチェックしていて 心のスカウターが大きく反応したワンコでした。

可愛さとか ただ単にそんなことだけではなく "小さいけど 全身から感じられる命の輝き 表情から伝わってくる内面的な部分" それがどのワンコより ビビっていう感じで刺さってきた そんな感じでした。

それと、 "チワワ と ヨーキー" というレアなミックス ということもありました。

なので、どんなふうになっていくんだろう と成長が楽しみなワンコでした。

"チヨ" って名前は、その すごく人間的なイメージ 見た目から直感でつけた名前で、チワワとヨーキーのMIXだからってことではないんです。
結果的に "あ! 偶然って面白いな~" って あとになって思って そのときは思わず笑ってしまったももPAPAです。 


そんな未知の魅力を持つMIX犬 ですが、 反面 健康面で 両親である純血腫のパパ犬 ママ犬両方からマイナスファクターをもらうリスクもあって、チヨの場合 たまたまそれが 先天性の心臓疾患 "僧房弁閉鎖不全" という形で出てきてしまったのかもしれません。 


チヨには、私の気持ちがリラックスしているときとか いい気分でいるときとか  それがとてもよくわかるようで そんなときには何ともいえない まるで人間のような笑顔をしたり 進んでスキンシップをおねだりしてきたり・・

そんなチヨと接してると この上ない癒しを感じて  "そんなチヨとも いつか別れのときが来るんだな"  と思うと なおのこと この幸せな日々がずっと続いてほしい っていう思いを そのたびに感じてました。

でも、人生も  犬生も いつどんなことが起こるかわかりません。
ほんとに 1分先のことだってわからない   このことを実感しました。


なので、ワンちゃん ネコちゃんのオーナーさん

今 そのときを大事にしてワンちゃん ネコちゃんとご自分のケアをしてあげてください。 



s-IMG_2402_20200227063949f2c_20210112140356128.jpg



さ~て   ご飯前に ちょっと 出してこよう~っと

s-DSC00348_20110121231702_202002041822034b2_2021011214082775e.jpg




パパ~  お腹空いてきちゃった~  もうすぐだよね

よし!  じゃそろそろ用意すっか^^


s-IMG_4249_20200204185908037_20210112140948c5b.jpg



この日常が ついこの前だったような そんな気がします


実は サスケどん  ちょっと前にも書きましたが、あれから今日まで 一度も車でおしっこ ウンチしなくなったんです。
凄い変化でももPAPAも驚いてるんですが・・


チヨ坊が ソっとサスケどんに


"サスケ~  出かける前におしっこ うんち出しとくんだよ~"
それしなきゃ 車で出て パパに叱られちゃうからさ^^


ってアドバイスしてる    そんな気がするんですよね





さて、今回のミュージックは・・


邦楽からと洋楽からそれぞれ1曲


まずは、藤 圭子さん の懐かしい歌声を♪


あの、美空ひばりさんでさえも霞んでしまうほどの歌唱力 そして あの独特のハスキーヴォイス

73年に、八代亜紀さんの 「なみだ恋」 がヒットした頃、ちょうど自分が学生時代 西武新宿線沿線の "下落合" の学生寮にいた頃で、 よく新宿まで出て 夜、友人と一緒に飲んだリ一人飲みしてました。

通りを歩いていると、よく彼女の曲がかかっていて・・  あの頃を懐かしく思い出します。 

中でも、、"涙の酒" なんか聴くと 滲みて滲みて ほんとに "涙の酒" になっちゃうんですよね。


20181216142952623_20210112142326c21.jpg



藤圭子 熱唱!





続いて、洋楽から1曲

Steve Gadd(Ds) Richard Tee(P) Ralph MacDonald(Sax) Will Lee(B)
John Tropea(G)


という垂涎の布陣による 1990年 "BOTTOM LINE Live" より

"STROKIN'" をピックアップしてみました。



s-richard_tee-the_bottom_line_2021011214282361b.jpg



Richard Tee [ STROKIN' / Live Video ] Steve Gadd ' 90
スポンサーサイト



line

comment

Secret

そうなんだ。
ウチはトイプードルのシーズのミックスです。仕事仲間が常連の浅草にある飲み屋のオネーサンから子犬沢山生まれて困ってるというのを縁に頂きました。
とびきり可愛い子を貰ったんですが、
もう10歳になりますよ。
でもめっちゃ元気です^ ^

No title

onorinbeckさんへ


こんにちわ♪
いつもありがとうございます!

onorinbeckさんところもミックスちゃんでしたか。
トイプードルのシーズのミックス  なかなかない珍しい組み合わせですね。

つい数年前まではまだ3歳くらいだったのが気がついてみるとシニア期の10歳 早いもんです。
サスケどんがこの10月で12歳になりますがまだまだ元気でいてほしいです。

No title

そうですね。いつか別れが来るんですよね。
その日が来た時の悲しみを想像すると,飼わなきゃよかったのに。なんて思うこともあります。
でも,毎日,僕らを癒してくれる,可愛い姿を見ると,別れの日が来るまで,最大限の愛を注ごうと,気を取り直しています。

No title

ハナぱぱさんへ


こんばんわ♪
いつもありがとうございます!

命を預かるその間の責任を、精一杯の愛情を注ぎながら果たし見守っていこうと思いつつ、必ず訪れる日のことを思うといたたまれない思いになりますが でも、お互いが幸せでよかったって言えるようにしていきたいですよね。

ワンコってほんとに愛らしくて可愛いものですね。

No title

今晩は。
そうだったんですか・・・。
ホワイトアウトと愛犬にそんな思い出があったんですね・・・。

ちなみに、私も隠れ藤圭子ファンです(笑)。
「はしご酒」は酔っ払うと必ず歌う愛唱歌です(笑)。

No title

さえき奎(けい)さんへ


こんばんわ♪
いつもありがとうございます!

普段は自分がカットすることが多いんですが、けっこう伸びてたので雪が降る日でしたがペットサロンでカットしてもらいました。
まさかあんなに激しく降るとは思いませんでした。
でも綺麗にカットしてもらってよかったって思っています。

藤圭子 はしご酒 いい歌ですよね!
粋な歌いっぷりにシビれます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

リチャード・ティー

リチャード・ティーは、スタッフの演奏も見事ですが、あちこちのセッションに顔を出していて、スティーブ・ガッドと一緒のやつでも、ポール・サイモンからグローバーワシントンJr.など幅広いですよね。

FM東京の番組のテーマ曲で、いかにもリチャード・ティーというピアノイントロから始まる曲があり、ソロ作、スタッフ、さらにエリック・ゲイルのアルバムまで当たっても見つからず、あとで、ジョン・トロペイのアルバム収録だと知りました。

そのトロペイも参加している、このライブ音源はすごく心地よいです。

おはようございます。

ホワイトアウト怖いですよね。私も何度か経験があります。道もわかりませんので無駄に動かいないようにしますが自分も恐怖だし、他がぶつかって来ないかも恐怖です。

No title

ギターマジシャンさんへ


おはようございます♪
いつもありがとうございます!

リチャード・ティーはセッション・キーボーディストとしてスティーヴ・ガッドとのコラボは勿論、他の名だたるプレイヤーとのセッションがほんとに数多くありますね。

FM東京の番組のテーマ曲は、スタッフでの演奏で確か、my sweetness って曲だったと思います。
https://www.youtube.com/watch?v=Pi2IG1EmNlI

煌めくようなフェンダー・ローズに魅せられる珠玉の名曲ですね。
ジョン・トロペイもまた、数多くのセッションに参加している凄腕ギタリストですよね。

No title

MTさんへ


おはようございます♪
いつもありがとうございます!

ホワイトアウト
確かに それもありますよね。

その最中に車を走らせるのは目をつむって運転しているようなもので、自分が気をつけていても、どこかから突っ込まれてくる危険性もあるので、雪が小降りになるまで待機するのが安全ですね。

ホワイトアウト

 昔、スキー場で経験したことがありますけど、
その場から動けなくなりますよね。v-356
僕らはゲレンデでしゃがみ、体を小さくして言葉も発せられず、
もしかしたら死ぬのか?位の恐怖だったのを覚えています。v-12

No title

直感馬券師さんへ


こんにちわ♪
いつもありがとうございます!

ゲレンデで遭遇するホワイトアウトも怖いですよね。

ナイター直前の夕刻間近、滑ってる途中で降雪と巻き上げる雪で目の前が真っ白になって焦ったこともあります。
そのときは滑るのをやめてその場でおさまるのを待っていたものです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

こんにちは。先程はコメント有難う御座いました。
私は四国の出なのでホワイトアウトの恐怖は想像が出来ませんが
台風の比じゃ無いんでしょうね。
そもそも台風と比べる物じゃありませんね。

犬生についてのお話。いつ どうなるのか何て本当に分からないですね。
そしてどんな医師に巡り合うの何てのも分からないです。
現在痛切に感じてます。でも精一杯の事したいと思います。

リチャード・ティーのこの映像、良いですね。私も大好きです!
そしてウィル・リー!いつも楽しそうに演奏しますよね、大好きです。
ナベサダのライヴで、演奏中に弦を切ってしまい、ローディが代わりの
ベースを持って来たのに「いや、今日はこのベースで弾きたいから
今ステージ上で弦を取り替えてくれ!俺は踊ってるから」と言われ
「ステージ上で初めて弦を取り替え、参ったよ」と言ったローディさんの
話を思い出しました。

No title

コタパパさんへ


こんにちわ♪
こちらこそ、ご訪問・そしてコメント頂き、ありがとうございます!
今年もまたよろしくお願いします。

地元県(島根)は日本海に面して東西に延びているため、冬季はどうしても大陸からの季節風をモロに受けるので特にこの時期は強風に悩まされます。

海沿いは雪が道路に降り積もることはあまりないですが、18年のときは雪が多く、市街地でホワイトアウトを体験したのは初めてでした。 視界がほぼゼロ状態で車を走らせるのはほんとに恐怖です。

チヨの笑顔の写真に向かって
"チヨは幸せだったかい?" パパはチヨの幸せそうな笑顔を
見て、きっとそうだったんだって信じてる パパも幸せだったよ"
って 話かけています。

このリチャード・ティ  ウィル・リー  ジョン・トロペイ
トム・スコット  スティーヴ・ガッド・・ のセッション
みんな伸び伸びと楽しそうに演奏してますね。

ウィル・リー そんなエピソードがあったんですね♪
私も彼らの奏でる音楽 大好きです。

No title

ホワイトアウトこわいですね。
 
 20年ほど前、北海道へスキーをしに行ったときに遭遇しましたが、地元の人たちが怖いと言いながらも、運転していたのには驚いた記憶があります。

No title

るどるふくんさんへ


こんばんわ♪
いつもありがとうございます!

ホワイトアウトは本当に怖いですね。

ホワイトアウトの状態での運転はとても危険なので、少しおさまるまで車を道の脇に寄せて止まったほうがいいですね。
自分がぶつけるのも、ぶつけられるのも怖いですから

No title

何度かきてはいるのですが、書き込むのは初めてです。
とある掲示板から来ました。わかりますかね?

藤圭子いいですよね。昔の曲の方が良いという意見をよく耳にしますが私もその一人。
魅力的な声、声量、歌唱力を兼ねた歌い手はなかなかいないような気がしてます。美空ひばりもそうですが、映像付きでその熱唱を聞いていると引き込まれるものがあります。個人的にはテレサ・テンなんか、涙が出そうになります。

15年連れ添った愛犬の「モコ」と昨年の5月にお別れをしてまだまだペットロスの真っただ中。あまりの寂しさに先日マメルリハというインコの種類の雛を向かい入れました。お別れが辛く、もうお迎えするのはやめようと思っていたのですが。
あまりの可愛さに、「モコ、ごめんね」という気持ちも頭をかすめます。モコを忘れるつもりなんてないのですが、ピーちゃんを可愛いと思えば思うほど、モコに対して申し訳なさが・・・。
でも神様から預かった命なので、ピーちゃんのことも精一杯可愛がってあげるつもりです。

No title

tetuさんへ

拙いブログへのご訪問・コメントありがとうございます!

もちろんわかりますよ。 嬉しいです。(^-^)

藤圭子さんは演歌 というか 怨歌というか、太く力強い声で、あの独特のハスキーヴォイスで歌う歌が自分も大好きです。
そしてあの美貌  歌と彼女と丸ごと一緒にして惚れた歌い手さんですね。

テレサテンさんも大好きで "時の流れに身をまかせ" なんか聴くともう涙が出るほど滲みて・・
ご両人の生歌がもう聴けないと思うと切ないですね。

ワンコといるといつかは訪れるお別れの日

自分は昔、子どもの頃 ポピーという名の芝系の雑種のワンコを飼っていましたが、最後にあの子が亡くなったとき 家族みんなで泣いて もうあんな悲しい思いをするならこれからは飼わないようにしようと思っていました。

http://hotcafe1025.blog114.fc2.com/blog-entry-616.html

それが数十年経って またワンコを迎えて・・
彼らは家族というよりもう我が子のような存在ですね。

モコちゃんとのお別れから悲しみが癒えない中、インコのピーちゃんを迎えられたお気持ち よくわかります。

悲しみを癒やすために別のワンちゃんやペットを迎えるという選択肢もありだと思います。
モコちゃんのことをいつも思ってあげておられるtetuさんなので、モコちゃんに悪い というように捉えられなくても大丈夫だと思います。 ピーちゃんも可愛がってあげてくださいね。 

改名「チュピ」(笑)

ぴーちゃんって名前にして毎日可愛がっているのですが、
小さな声で「チュピッチュピッ」って鳴くので、いつの間にか
チュピって呼ぶようになってしまいました(笑)。羽も生えそろ
い元気に飛ぶようになりました。
在宅勤務で毎日一緒に居るので、よくなついてくれてくれ
可愛くて仕方がないです。
でもいたずらっ子で(笑)。私のメガネが好きみたいで、すぐ
にメガネに飛びついて遊んでます。爪が痛いし、視界が悪
いし・・・でも何とも言えない幸せな時間です。

No title

tetuさんへ


こんばんわ♪

続いてのコメント ありがとうございます!

チュピちゃん 可愛いでしょうね。
何だか、tetuさんがチュピちゃんと遊んでおられる様子が目に見えるようで微笑ましい気持ちになります。

在宅勤務で一緒に過ごされる時間がしっかりあって嬉しいですね。 きっとチュピちゃんもtetuさんをパパと思っているんでしょうね。 これからもたっぷり愛情を注いであげてください。
ほんとに、一緒にいると もう家族ですよね。

我が家の やっちゃん も大分成長してきました。

https://www.youtube.com/watch?v=_AGucUq4e9g

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

やっちゃん、可愛いですね!
羨ましい!!!

私が迎えたい鳥のNo1はフクロウ、No2はカラス
なんですけど(笑)。妻が絶対に無理です(笑)。
実は数年前に土砂降りの公園でカラスの雛を保護して
一晩だけ玄関に段ボール箱を置いて避難させたことが
あって非難轟轟でした。野鳥なのでそのまま飼う気は
さらさらなかったのですが、カラスは頭がよく、懐くと可愛
いって聞いているので。
私の住む近くの公園で、カラスを手乗りの様に育てて、
公園を肩にのせたまま散歩するオジサンが居たのですが
羨ましかったあ(笑)。

No title

tetuさんへ

こんにちわ♪
コメント ありがとうございます!

フクロウは可愛いですが、やはり猛禽だな~って思うのは強い握力で手などに乗っかってこられると爪が食い込んで痛さが半端ないです。
それと、餌は冷凍のウズラやマウスを捌いて与えるのですが、これは今でも抵抗はありますね。
https://www.youtube.com/watch?v=_AGucUq4e9g&t=6s

カラスは賢い鳥で小さな頃から飼って懐くと可愛いでしょうね。
line
line

line
プロフィール

ももPAPA

Author:ももPAPA
ももPAPAのブログへようこそ
写真はチヨ(チワワ&ヨーキー)です。




おきてがみ 設置しました
ポチっとしていただければ、のちほど必ずうかがいます

おきてがみ


初めまして

ももPAPAと申します。


1953年生まれの獅子座(乙女座に近い獅子座です)

さすがに体力の低下は否めませんが、気持ちはまだまだ20代のつもりです。

血液型 O型

年はとっても気持ちは若く、ハートは熱いです。

大らかな面と、これは! とこだわる面もあって 部屋が散らかっていると気になって1日に2回は掃除をしています。
(ワンコの毛が舞い落ちることもあって そうしています。)

もともと好きだったことと自分の健康維持も兼ねて、4年ほど前にワンコを迎え、毎日元気と癒しを分けてもらっています。

"成せばなる 成さねばならぬ 何事も!"

"自分を信じ、未来を見据え、ブレない心で取り組めば、結果は必ずついてくる"
ももPAPAのモットーです。

line
最近の記事
line
最近のコメント
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
アクセスカウンター
line
sub_line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
sub_line