~Jimi hendrix's song cover~



ジミ・ヘンドリックスのナンバーは今も多くのギタリストがカヴァーしていますが、この"Little wing" ほんとに名曲ですよね。

カヴァーナンバーでの演奏となると、原曲を再現しつつ、そこにどうそのプレイヤーの個性・持ち味を出していくか~言葉を換えれば、聴き手のハートをグっと惹きつける"光るフレーズ"を要所に
ちりばめながら どうその曲をアレンジしていくか・・

これが重要な要素になるのかなって思います。

そういう点で、特にこの2人のギタリストによるカヴァーは珠玉といっていい演奏だと思います。


「Little Wing - Stevie Ray Vaughan」


「Little Wing - Steve Lukather (Toto Live in Paris 1990)


~補足記事になります~

36歳の若さで飛行機事故により急逝した天才ブルース・ギタリスト "Stevie Ray Vaughn"

SRVのロゴが刻み込まれたストラトキャスターから弾き出されるフレーズは、ブルースそのもの

繊細でありながらそのパワフル&ブルージィなサウンドは、彼が逝去して20年たった今も、夜空にまたたくキラ星の如く、聴く者のハートに響いてきます。

この曲も、過去一度記事で取り上げています。



「stevie ray vaughn - leave my little girl alone」



~Steve Lukather~ 

David Pichとのピアノとギターによるインストゥルメンタルナンバーから1曲
(この曲も2度目になります)


「David Paich and Steve Lukather」
スポンサーサイト

theme : ギター
genre : 音楽

line

comment

Secret

No title

”音楽との出会い”で
ギターに関する興味がふつふつと復活してきましたv-162
今からまた弾けるかどうかは別として・・・(^▽^;)

ギターって弾き方や
エフェクターなどの音質への技巧など
果てしなく奥が深いですね~

色んなギタリストの演奏を聴き比べると
あらためて感心しちゃいました~v-266

みんな凄すぎて
甲乙は全くつけれませんが・・・(゚_゚i)

No title

オーメンさんへ

いつもコメントありがとうございます☆

"楽器"って それぞれにその楽器固有の音色や雰囲気があっていいですよね。
それにプレイヤー独自の味付けなどが加わると、その世界に惹き込まれていきます。

ギターひとつにしても、ほんとに奥が深いですね。

音楽ってステキですね♪
line
line

line
プロフィール

ももPAPA

Author:ももPAPA
ももPAPAのブログへようこそ
写真はチヨ(チワワ&ヨーキー)です



おきてがみ 設置しました
ポチっとしていただければ、のちほど必ずうかがいます

おきてがみ


初めまして

ももPAPAと申します。


1953年生まれの獅子座(乙女座に近い獅子座です)

さすがに体力の低下は否めませんが、気持ちはまだまだ20代のつもりです。

血液型 O型

年はとっても気持ちは若く、ハートは熱いです。

大らかな面と、これは! とこだわる面もあって 部屋が散らかっていると気になって1日に2回は掃除をしています。
(ワンコの毛が舞い落ちることもあって そうしています。)

もともと好きだったことと自分の健康維持も兼ねて、4年ほど前にワンコを迎え、毎日元気と癒しを分けてもらっています。

"成せばなる 成さねばならぬ 何事も!"

"自分を信じ、未来を見据え、ブレない心で取り組めば、結果は必ずついてくる"
ももPAPAのモットーです。

line
最近の記事
line
最近のコメント
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
フリーエリア

現在の閲覧者数: アクセスカウンター blogram投票ボタン

line
フリーエリア

line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
sub_line