ハートを揺さぶるRock Singer



今までギタリストメインな選曲で記事UPしてきましたが、今回はヴォーカリストメインということで

ポール・ロジャース(Paul Bernard Rodgers)

をとりあげてみたいと思います。


ポール・ロジャースといえば、"フリー" "バッドカンパニー" がビビっと浮かんできますが、通算して8枚のソロアルバムも出してるんですね。

その中で、


      1993年の Muddy Water Blues
               (A Tribute to Muddy Waters)
      1996年の Live: The Loreley Tapes
      2007年の Live in Glasgow 

の3枚はライヴアルバムとなっています。

シンプルながらブルース色の濃いロックナンバーを創りだしていた"フリー" から、その音楽性を継承しつつもよりアメリカナイズされた楽曲スタイルで「キャント・ゲット・イナフ」など世界的なヒットを飛ばした"バッド・カンパニー" そしてその後のソロでの活動

その中で、一貫して変わらないのは

"これぞロックだ 俺の歌を聴いてくれ" 的などっしりと構えたヴォーカルスタイル

ほんとに佇まいがロックなヴォーカリストですね。






ポール・ロジャースといえばこの曲がまっ先に浮かんできます
「Bad Company - Ready For Love」


この曲はゲイリー・ムーアもアルバム"Aftere the War"の中でカヴァーしてますね
「Paul Rodgers - Free - Wishing Well」  


こちらは、ゲイリーによるカヴァーです
「gary moore - Wishing Well (Live) - The Collection」







スポンサーサイト

theme : 音楽
genre : 音楽

line

comment

Secret

ヴォーカルは楽器!

以前、雑誌のインタビューに、イアン・ギランが、
「声は最も表現力が豊かな楽器だ」みたいなことを答えてました。
その時、なるほどなぁと思ったのを覚えています♪

No title

YASUさんへ

コメントありがとうございます☆

たしかに・・
いろんな楽器がありますが、人間の声 アーティストの歌声ってどんな楽器よりも勝るものだなって思います。

シンガーの心の内の思いをこれほどまでに表現できる楽器ってないですよね☆
line
line

line
プロフィール

ももPAPA

Author:ももPAPA
ももPAPAのブログへようこそ
写真はチヨ(チワワ&ヨーキー)です



おきてがみ 設置しました
ポチっとしていただければ、のちほど必ずうかがいます

おきてがみ


初めまして

ももPAPAと申します。


1953年生まれの獅子座(乙女座に近い獅子座です)

さすがに体力の低下は否めませんが、気持ちはまだまだ20代のつもりです。

血液型 O型

年はとっても気持ちは若く、ハートは熱いです。

大らかな面と、これは! とこだわる面もあって 部屋が散らかっていると気になって1日に2回は掃除をしています。
(ワンコの毛が舞い落ちることもあって そうしています。)

もともと好きだったことと自分の健康維持も兼ねて、4年ほど前にワンコを迎え、毎日元気と癒しを分けてもらっています。

"成せばなる 成さねばならぬ 何事も!"

"自分を信じ、未来を見据え、ブレない心で取り組めば、結果は必ずついてくる"
ももPAPAのモットーです。

line
最近の記事
line
最近のコメント
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
フリーエリア

現在の閲覧者数: アクセスカウンター blogram投票ボタン

line
フリーエリア

line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
sub_line