救援物資 何が求められているのか


このたびの震災で被災された方々へお見舞い申し上げ、亡くなられた方のご冥福を心よりお祈りいたします。
震災の状況を知るたびに、胸が詰まる思いでいっぱいになります。

この危機的な状況の中で、自衛隊や消防隊、そして海外からのレスキューチームにより懸命の人命救助が行われているところですが、一人でも多くの尊い命が救われ そして、被災されたすべての方々に、1日も早く平穏な日々がまた戻りますことを心から願っています。

余震が続き、まだ予断を許さない状況の中での不自由な生活 お疲れのことと思います。
特に、病気を煩っておられる方、赤ちゃん、ご老人が暖かく安心して過ごせることを願ってやみません。


マスコミは何度も何度も同じ画面を見せつけるのではなく、支援作業や被災地で求められていることを的確に報道してください


※この情報のリンク元は Bitter&Sweetさんのブログです。→ 【http://ameblo.jp/gather1jp/】
  
地震情報(過去記事と重複する項目あり)

※よろしければ転載お願いいたします
 連絡は不要ですが情報が間違っているなどの理由で訂正されることもあります。
 できましたらリンク元を明記してください。



地震情報(過去記事と重複する項目あり)

総務省ホームぺージ
http://www.soumu.go.jp/menu_kyotsuu/important/kinkyu01_000096.html
東北地方太平洋沖地震に関するチェーンメール等にご注意ください。
東北地方太平洋沖地震に関連して、チェーンメール、電子掲示板、ミニブログ等で
誤った情報が流れています。
報道や行政機関のウェブサイト等の信頼できる情報源で真偽を確かめ、
これらのチェーンメール等に惑わされないようにしましょう。
また、チェーンメールを転送することは、いたずらに不安感をあおることにつながります。
チェーンメールを受け取った時は、すみやかに削除して転送を止めて下さい。


【地震に遭遇したときの対応マニュアル】
http://matome.naver.jp/odai/2129850837113580401
【災害情報をまとめたページ】
東北地方太平洋沖地震(Google)
http://www.google.com/intl/ja/crisisresponse/japanquake2011.html
【総務省消防庁(@FDMA_JAPAN) 】


【募金情報まとめ】
毎回の事ですが、こういった災害に乗じて募金と称した詐欺が出ますから
募金を予定している人は十分注意してください。

http://sites.google.com/site/quake20110311jp/bokin

日本赤十字社の義援金の受付が始まりました。
http://www.jrc.or.jp/contribution/l3/Vcms3_00002069.html
日本赤十字社では、今回の震災の被害が甚大かつ広範囲に及んでいることから
被災県組織に代わり、皆さまからの義援金を受け付けております。

義援金窓口1  郵便局・ゆうちょ銀行
口座記号番号   00140-8-507
口座加入者名   日本赤十字社 東北関東大震災義援金
取扱期間     平成23年3月14日(月)~平成23年9月30日(金)
※郵便局窓口での取り扱いの場合、振替手数料は免除されます。
※郵便窓口でお受取りいただきました半券(受領証)は、大切に保管してください。
※通信欄にお名前、ご住所、お電話番号を記載してください。

救援金窓口2
■ クレジットカード・コンビニエンスストア・Pay-easyによるご協力
詳しくは、こちらをご覧ください。
※「寄付目的」の選択項目で、救援金名を指定してください。
※寄付金額は、2,000円以上から受け付けています。
[担当窓口]日本赤十字社 東北関東大震災義援金担当
Tel: 03-3437-7081  E-mail: info@jrc.or.jp



個人からの支援物資 辞退
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110314/t10014664472000.html
3月14日 16時20分 NHKニュース

被災地に向け全国の自治体や企業などから食料や日用品など多くの支援物資が送られていますが、
被災地の自治体では混乱を避けるため
「個人からの物品は受け付けていない」としてホームページなどで呼びかけています。
今回の地震や津波の被害を受けて全国の自治体や企業、
それにボランティア団体などでは食料や水、それに毛布などを被災地に届ける動きが始まっています。
こうしたなか、被災地の自治体では今のところ個人からの物品の寄付は受け付けていないところが多く、
このうち福島県はホームページに、個人からの支援物資について
「混乱を避けるため、辞退させていただきます」と記載しています。
福島県では、企業などの団体がある程度まとまった数の物資をそろえた場合に受け入れをするとしています。
福島県の担当者は
「善意は大変ありがたいが、保管場所も限られており、必要な物資を備蓄できなくなる可能性も出てくる。
受け入れ態勢も整っていないため、今は控えてほしい」と話しています。
このほか、青森県や岩手県、茨城県なども個別に食料や衣料品などを被災地に送らないよう呼びかけています。
一方、義援金の受け付けは順次、始まっていてNHKや日本赤十字社、
それにユニセフ=国連児童基金などを通じて募金を受け付けています。


被災地ボランティア・支援物資送付について
日本赤十字社 http://www.jrc.or.jp/
東京ボランティア・市民活動センター http://www.tvac.or.jp/page/urgent_guideline.html
全国ボランティア・市民活動振興センター http://blog.goo.ne.jp/vc00000/
京都府災害ボランティアセンター http://fu-saigai-v.jp/saigaiv/cgi-bin/saigaiv.cgi?template=about.html

* * * * *

Bitter&Sweetさんは、阪神・淡路大震災を経験しておられ、その体験から得た貴重な感想も述べられています

着の身着のままで逃げ出してやっと落ち着いた避難所は人であふれかえり
「衣・食・住」どれをとっても満たされない状況に置かれている。
やがてさまざまな救援物資が届くが
何が役立ち
何が喜ばれるのだろうか。

地震発生直後は水・食料・毛布を挙げる人が多かった(阪神淡路大震災時)。
それに応えて全国から水と食料が寄せられたが
道路が大混乱したため輸送に手間取り、物資が届いても各避難所への振り分けに手間取った。
パン・おにぎり・牛乳など賞味期限のあるものは泣く泣く捨てられるケースもあった。
食べ物は加工しないでもそのまま口に運べて日持ちのするものが望ましい。
乾パンは評判が良くなかった。
非常用の持ち出し食品としては最適なのだが、救援物資としてわざわざ送って喜ばれるようなものではなかった。

防災対策の第一に水の確保が挙げられる。
バスタブや洗濯機に水を張っておけば、数百リットルの水の利用が可能だといわれた。
アウトドア用の濾過器を使えば入浴済みの水も飲み水になると。
バスタブにお湯がいっぱい張ってあったのに揺れが激しすぎて水は湯舟からほとんどこぼれた。
洗濯機も倒れれば水槽に水を張っていてもやはりこぼれてしまうだろう。
意外に重宝したのはやかんの水だった。

断水になった地区でも比較的新しい公共施設は耐震設計にすぐれていて貯水タンクも備えている。
水に関しては、水そのものと併せてそれを蓄える容器の需要が高かった。

しかしそのような公共施設が近くにない場合、もっとも困ったのはトイレだった。
一回流すのに8リットルの水がいる。
だから水洗が使えたトイレでも、ある程度の量が溜まってから流した。
トイレの処理がうまく出来なくなるのも災害の恐ろしさだ。
紙おむつと生理用品が不足した。
非常時の持ち出しといえば水や食料を真っ先に考えがちだが
非常持ち出し袋の中にこれらを用意しておくべきだ。

避難所となった校庭に穴を掘り、その上に木を渡し、周りをビニールシートで囲っただけのトイレ。
しかし日ごとに増える汚物を完全に処理する能力はない。
当座は新聞紙や布で包み、ビニール袋に入れておくことはできるが
仮設トイレの設置が望まれた。

避難所では常に人の目が気になる。
話し声も泣き声も聞こえる。
夜になっても暗くならず、足音・物音が聞こえる。
車も、帰る家もない。
愛煙家は煙草が欲しかっただろうし、珈琲好きな人は温かい珈琲を味わいたかったに違いない。
好きな曲を聴いて慰められた女子高生もいた。
ゲーム機や絵の道具、ペットフードを希望する人もいた。
求められる物資は日々変化している。
必要とするものは置かれた状況によって異なる。
避難生活が長期にわたればなおさらだ。
必要とするものをはっきりと伝えてもらえれば
救援する側も応えやすくなる。

スポンサーサイト

theme : 地震
genre : ライフ

line

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

救援物資 何が求められているのか

このたびの震災で被災された方々へお見舞い申し上げ、亡くなられた方のご冥福を心よりお祈りいたします。 震災の状況を知るたびに、胸が詰まる思いでいっぱいになります。 この危機的な状況の中で、自衛隊や消...
line

comment

Secret

No title

今晩わんこ   ももPAPAさん

阪神大震災の時は、ボランティアがすぐ入ったはずなんですけどねぇ~。

今回は、そういってないみたいです。現地への交通の問題そして原発の問題がネックなのでしょうか。

No title

Keithさん  コメント Thanks☆* です


あくまで 推察だけど 原発の問題は影響してるんでしょうね多分・・
交通の問題も多かれ少なかれ影響してるかも知れませんね。
それらが大きな要因になっているとすれば、その問題の解消を早急にやっていかねばなりませんね。


難しいですね。

こんばんわ、諸星輝々さん。。

そうですよね、救援物資って一言で言っても多様ですね。
取り急ぎで義援金をさせて頂きました。
少しでもお役にたてれば・・との思いから。
冷え込みも一層厳しいので健康面や精神面のことが心配です。
心からお見舞い申し上げます。

No title

さすらいの阿呆鳥さんへ


コメント ありがとうございます。。☆

今日はこちらも雪が舞っていました。
3月の半ばを過ぎてまた冬に逆戻りしたような天気です。
被災地で避難生活を送っておられる方々にとって、この
寒さはほんとに厳しいことと思っています。

今後、一人でも多くの命が救助され、被災された方々に
平穏な生活が一日も早く訪れることを願うばかりです。


No title

こんにちは。

関西は電池や紙類、水などなくなってます。
そちらはどうですか?

No title

トトパパ さんへ


コメント ありがとうございます☆*

自分が住んでいる所は地方の小さな町で、目だった物資の不足状態というのは今のところみられません。
大きな都市を中心にそうなんでしょうか

こちらにも、時間差があって影響が出てくるのかもしれないですね。
line
line

line
プロフィール

ももPAPA

Author:ももPAPA
ももPAPAのブログへようこそ
写真はチヨ(チワワ&ヨーキー)です



おきてがみ 設置しました
ポチっとしていただければ、のちほど必ずうかがいます

おきてがみ


初めまして

ももPAPAと申します。


1953年生まれの獅子座(乙女座に近い獅子座です)

さすがに体力の低下は否めませんが、気持ちはまだまだ20代のつもりです。

血液型 O型

年はとっても気持ちは若く、ハートは熱いです。

大らかな面と、これは! とこだわる面もあって 部屋が散らかっていると気になって1日に2回は掃除をしています。
(ワンコの毛が舞い落ちることもあって そうしています。)

もともと好きだったことと自分の健康維持も兼ねて、4年ほど前にワンコを迎え、毎日元気と癒しを分けてもらっています。

"成せばなる 成さねばならぬ 何事も!"

"自分を信じ、未来を見据え、ブレない心で取り組めば、結果は必ずついてくる"
ももPAPAのモットーです。

line
最近の記事
line
最近のコメント
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
フリーエリア

現在の閲覧者数: アクセスカウンター blogram投票ボタン

line
フリーエリア

line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
sub_line