Foever Gary!



今回は音楽ネタのみで・・

幅広く曲をとりあげていけたらって思いつつ、管理人の嗜好に偏った選曲になっているこのブログ
でも、どうしてもそうなっちゃうんですよね。

70年代~80年代にかけて聴いてきた曲の中からの選曲がメインになってますが、当時 ネットはまだ今のように浸透してたわけではなく、聴くきっかけになるのは音楽雑誌による情報か FM放送でオンエアされた曲にインスパイアされてといったパターンがほとんどでした。

そして、その時代の洋楽ロックシーンの旬なナンバーやアーティスト情報を手早くゲットできる情報源が、
 音楽情報誌 "ミュージック・ライフ" でした。

中学生の頃ビートルズを聴いて衝撃を受け、その後ベンチャーズ・ビーチボーイズなどといったサーフィンサウンドなどにも触発されて地元の同級生の友人たちとバンドを組んだ時期もありました。パートはギター

レパートリーはビートルズやベンチャーズなどのカヴァーがメインで、ときどき サイモン&ガーファンクルのナンバーなども取り入れていましたが ブラスパートを入れてみようということになったあたりから音楽的な方向性がはっきりしなくなって自然消滅してしまいました。

グルーヴ感溢れるビートを創りだすリズムセクションにのってギターが要所を締め、ヴォーカルで曲の雰囲気を出す・・
そんな感じでいけたらいいなぁ・・などと思いながらも月日は流れていったのですが


魂を揺り動かされる 彼のギターを初めて聴いたときの感覚は まさにその言葉がぴったりでした。
それまでも、素晴らしいアーティストのアルバムを聴く機会はたくさんあったのですが・・

ときに激しく そして限りなく繊細にレスポールから紡ぎ出されるフレーズに魅了され続けてきたアーティストでした。
RIP Gary


s-garymoore_20110402143914.jpg

今回は欲張って4曲 掲載させていただきました かなりサイト表示が重くなっていると思いますが、ご容赦ください。

「Gary Moore Separate Ways - Intro」


「Gary Moore - Separate ways LIVE」

途中からの珠玉のギターフレーズ 輝々にとっては涙ものです
「Gary Moore - Story of the Blues LIVE」

名曲 "the Loner Live ヴァージョンです。
「The Loner - Gary Moore Live in Stockholm 1987 (RIP Gary)」



※動画や貼り付けバナー等でサイト表示が重くなって開きにくくなっていることと思います。いつもご訪問していただいているブロガー様にはご迷惑をおかけしています。
スポンサーサイト

theme : 音楽
genre : 音楽

line

comment

Secret

こんにちは

歌や音楽は、やはり素晴らしいですよ。
その当時、大好きだった曲を聴くだけで
疲れきった精神も蘇るようです。
青春(死語?)時代の頃の記憶も
頭に浮かんできます。
私にも・・・・聴くだけで号泣してしまう歌が
何曲かありますが、大切な心のビタミン剤だと
思ってます。

そうですね!

こんばんわ、諸星輝々さん。。

昔は懐かしいですね。
そうネットもなかったし・・
ラジオやLPとかで一生懸命に聞いていましたね。
ほんま懐かしいですね!
いつも懐かしい音楽♪ありがとうございますね!

No title

かかずユキさんへ


いつもありがとうございます。

インスト曲にしても、歌にしても 音楽って私たちの生活に欠かせないものだなってしみじみ感じます。
落ち込んでいるとき、気分がハイになってるとき どんなときでも、つかの間 その音世界に浸ることができる

言葉は通じなくても、音で 歌声でハートを伝えることができる 素晴らしいなって思います。

No title

こんにちは。

その当時は、ほんとそうですよね。
レンタルCDもなかったですもんね。
わたしが中学くらいの時にレンタルレコードが出始めました。
レンタルレコードは大きいので、今みたいにたくさん借りれなかったです。
たしかにその頃はテレビかラジオしか情報源がなかったですね。。。

No title

さすらいの阿呆鳥さんへ


いつもありがとうございます。
レコードからCDに変わったときは便利になったものだって感じた反面、寂しさもありました。
あの、レコードに針を落とす瞬間の シャリっていう音も好きでした。
懐かしい音楽 これからも取り上げていきたいって思っています。

No title

トトパパさんへ


いつもありがとうございます。

その頃、なけなしのお小遣いからお目当てのアーティストのLPなど手にしたときは それはもうレコードに針を落とすまでワクワク・・ドキドキって感じでした。

試聴できるレコード店は少なかったので、前もってじっくり情報をつかんで いざ っていう状況でしたね。
FM放送でオンエアされるアーティストの曲を8トラオープンデッキのテープに録音し、それを聴きながらフレーズコピーしたりしてました。
レンタルレコードは確かに便利でしたね。

No title

お久しぶりのコメントです。
今思い返しても惜しい人が早々といなくなってしまいましたよね・・・・
自分はブルースなんかも好んで聞くのでソロのキャリアも好きですよ。結構ハードロック畑の人は批判する人多いですけど。
このライヴもいいですね。彼の感情が伝わってくるようです。
ギターが歌うってこういうことなんでしょうね。

Thin Lizzyのライヴ盤もすごくいいですよね。

No title

dahliaさんへ


いつもありがとうございます。

まだ彼は健在で、またあの"タメ"と"こぶし" が効いたフレーズを聴かせてくれるんじゃ・・そんな気がしています。

ギターで人生を謳歌した、まさにLegendなプレイヤーでした。
line
line

line
プロフィール

ももPAPA

Author:ももPAPA
ももPAPAのブログへようこそ
写真はチヨ(チワワ&ヨーキー)です



おきてがみ 設置しました
ポチっとしていただければ、のちほど必ずうかがいます

おきてがみ


初めまして

ももPAPAと申します。


1953年生まれの獅子座(乙女座に近い獅子座です)

さすがに体力の低下は否めませんが、気持ちはまだまだ20代のつもりです。

血液型 O型

年はとっても気持ちは若く、ハートは熱いです。

大らかな面と、これは! とこだわる面もあって 部屋が散らかっていると気になって1日に2回は掃除をしています。
(ワンコの毛が舞い落ちることもあって そうしています。)

もともと好きだったことと自分の健康維持も兼ねて、4年ほど前にワンコを迎え、毎日元気と癒しを分けてもらっています。

"成せばなる 成さねばならぬ 何事も!"

"自分を信じ、未来を見据え、ブレない心で取り組めば、結果は必ずついてくる"
ももPAPAのモットーです。

line
最近の記事
line
最近のコメント
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
フリーエリア

現在の閲覧者数: アクセスカウンター blogram投票ボタン

line
フリーエリア

line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
sub_line