スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

"小さな命の重み"



ワンコの話ばかり続いてすみません。

ペットショップから迎える ブリーダー直販から迎える  前飼い主から譲渡してもらう 保健所から引き取る・・

迎えるかたちは違えど、ひとつの命を預かったからにはそれを途中で放棄することは許されないこと  

それを、途中で飼えなくなったからという理由で保健所に持ち込んだり・・
その飼い主がどんな飼い主であっても、それでもワンコたちは飼い主がまた迎えに来てくれると信じて待っている

飼い主の家族のもとで幸せに暮らしているワンコたちの影では、生死の淵で不安におびえながら夜を明かしているワンコたちもいる。 そんな胸が痛くなる現実があることを自分も含め、私たちみんなが知っておく必要があることだって そんなことを思います。

ひとつのかけがえのない命を預かる・・その場合の選択肢はいろいろあってもいいと思うけど、"命の重さ" をしっかりと飼い主自身が認識しておくことがペットにとってもペットと暮らす家族にとっても大切なことのように思います。



ワンコとは直接言葉は交わせないけど、そのまなざしやしぐさ 鳴き声 ボディアクション 尾の動きなどから彼らの気持ちにしっかりと寄り添うことができる 自分だけの思い込みかもしれないけど・・ 



前回の記事でUpした "Bonnie Raitt" の "Pride & joy"
この曲は、故 "Stevie Ray Vaughan" のオリジナルでもあり、Raittは彼のトリビュートナンバーとして このとき演奏したもののようです。

逝去して20年経った今でも彼の残したナンバーはいささかの光も褪せることなく、今こうして聴いてみると、
Stevieの熱いブルースへの思いが深く滲みてくるようで ほんとうに芯からのブルースマンだったんだなぁって思います。



s-レイボーン


「Stevie Ray Vaughan - Live in Austin」
スポンサーサイト

theme : 音楽
genre : 音楽

line

comment

Secret

No title

こんにちは。

ほんとですね。。。
飼い主に見捨てられたワンコの気持ちを思うと。。。
いつまでも信じて待ってるんですもんね。。。

No title

トトパパさん

いつもありがとうございます。。

ワンコを見捨てるなんて、ほんとに自分にはそんなこと絶対できないです。
この子のためにずっといっしょにいたい・・
Qももちろんそうでした。
line
line

line
プロフィール

ももPAPA

Author:ももPAPA
ももPAPAのブログへようこそ
写真はチヨ(チワワ&ヨーキー)です



おきてがみ 設置しました
ポチっとしていただければ、のちほど必ずうかがいます

おきてがみ


初めまして

ももPAPAと申します。


1953年生まれの獅子座(乙女座に近い獅子座です)

さすがに体力の低下は否めませんが、気持ちはまだまだ20代のつもりです。

血液型 O型

年はとっても気持ちは若く、ハートは熱いです。

大らかな面と、これは! とこだわる面もあって 部屋が散らかっていると気になって1日に2回は掃除をしています。
(ワンコの毛が舞い落ちることもあって そうしています。)

もともと好きだったことと自分の健康維持も兼ねて、4年ほど前にワンコを迎え、毎日元気と癒しを分けてもらっています。

"成せばなる 成さねばならぬ 何事も!"

"自分を信じ、未来を見据え、ブレない心で取り組めば、結果は必ずついてくる"
ももPAPAのモットーです。

line
最近の記事
line
最近のコメント
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
フリーエリア

現在の閲覧者数: アクセスカウンター blogram投票ボタン

line
フリーエリア

line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。