FC2ブログ


ここ数日、春の気配を感じる穏やかな天気が続いたと思ったらやはり寒波が来ましたね。


予報によると山陰は積雪ということでしたが、今のところ雪がときどきちらつく程度で推移しています。 ただ風が強いです。



チヨ坊が元気でいた頃、2019年の9月末頃まで 日々の糧の足しにできたらと思ってやっていたのが バイナリーオプション

あれからしばらくチャートを開くことをしていませんでしたが、1年4ケ月ぶりに少しだけ資金を投入して再開しました。


資金を投入すると2万5千円のキャッシュバックが使えるということも理由のひとつです。

これは投入した資金に直接加算されるというものではなく、エントリー(取引)時に利用できるというもので、例えば 千円エントリーで負けたとき、投入した資金から差し引かれるのではなく、キャッシュバック額(2万5千円)から負けた額が差し引かれる千円エントリーで勝った場合はペイアプト1,980円に千円加算される というものです。
勝った場合は、ペイアウト率1.95倍なので千円エントリーだと1,950円が戻ることになります。


バイナリーオプションは、長半博打 いや・・とてもシンプルな投資ですが、ただ 感覚だけに頼ってやってしまうと大切な資金を失ってしまうリスクもあります。 できれば、 生活に差しさわりの無い 余剰資金でやってみるのがベターです。

始める前からわかっていたことですが、 いざ、資金を投入してエントリーするとなると 相当なプレッシャーがかかります。

だって、大切なお金を使っているわけですから(^^;


"上か下か" ですから理論上 勝率2分の1 50%になるわけですが、予想が当たったときのペイアウトが エントリーした金額の1.95倍なので勝率5割では資金が減ってしまうことになります。 

勝率6割出せればトータルでプラスになるわけですが、 いやいや それが一筋縄ではいかないんです。


o0400022914254125114_2021021717454011d.jpg



これまでの経験で "負けるパターン" というのは 大体 次のような場合が多いです。

2連勝  3連勝して  "よし、もう一度" という感じで エントリーをしてしまう
それで負けてしまい  "取り返すぞ~!" とエントリー額を上げてエントリーしてしまう

2回  3回 勝ったところで勝ち逃げする  これをしないでつい欲を出して続けてしまうとほぼ必ずといっていいほど負けを拾ってしまいます。

負けるとつい気持ちが熱くなってしまい、本来であれば冷静な判断でエントリーするところを "たぶんいけるはずだ!" みたいなところでエントリーしてしまう

こうなると この時点ですでにメンタルは崩壊してますから 即刻チャートは閉じてしまって取引を終えるのが正解です。

このメンタル の部分がくせもので、投資では最も重要です。


s-メンタル


知られざる80:20の法則!バイナリーオプションで勝てる方法はこれ!勝てない人の共通点<メンタル管理>


仕事、スポーツ、あるいは趣味などなど

何をするにしても あるひとつのことを より極めようとすれば探求心と自己練磨は不可欠ですね。

バイナリーについては、楽しみながらお金を増やしていけたら いうことなしですね^^

とはいっても、今日は調子いまいちだな ってときには深追いせず、その日はチャートを閉じて取引をやめる ということもまた大切なことです。



今日は資金12,000円投入 4回エントリーで3勝1敗  利益は5,700円でした。

その中の1エントリーをスクショで撮ってみました。 通貨ペアは ポンド/円  1分取引
エントリーポイントは赤い縦ラインです。

画像をクリックすると拡大表示されます。



エントリー1



そして、あれから数回取引  
これまで  18エントリー  11勝7敗   資金12,000円 投入で 残高 32、900円
利益 2、0900円でした。 



こちらは最終エントリー時のスクショです。 通貨ペアはユーロドル/USドル
1分取引  画面クリックで拡大表示されます。



エントリー6








さて・・・  今回はこの曲を♪


この曲も これまで数回 ピックアップしてきましたが・・

間奏でのルカサーのシャープなギターフレーズが最高にかっこいい1曲です♪ 



202008221843193f2_202102171805076a3.jpg


TOTO - Can You Hear What I'm Saying
line


2月も半ばにさしかかってきました。


ここ2~3日 春を感じさせる穏やかな天気が続いていますが、そうはいっても2月 風はまだ冷たさを感じます。

空を見上げると、この時期によく見られるすじ雲が・・ でも気持ちいい青空です。


s-IMG_5428.jpg



裏庭の片隅の水仙の芽が顔を覗かせていましたが、あれから少し大きくなりました。

s-IMG_5429.jpg





数日前から風が吹くとパタパタと玄関横の倉庫の屋根の波板が音を立てるので様子を見たら留め金のビスが緩んでいたので、打ち込む場所を変えて新たにビスを打ち込み直しました。


これは内側から見たところですが、風雨でどうしても木枠が傷んでくるんでしょう。


s-IMG_5431.jpg




ここは元々、風雨が入らないように密閉状態の倉庫でしたが、ガス給湯器が壁面にセットしてあるため、それはよくないということで10年ほど前、両壁面をとっぱらってしまったんですが そうすると風が入り込んで内側から吹き上げるため 波板が下から押されてビスが緩んでしまうんですよね。


s-IMG_5430.jpg





昨夜のメニューは、"豚肉のにんにくバターしょうゆ丼" "れんこんのゴマあえ" そして
"和風根菜スープ" でした。


s-IMG_1655_20210213170554119.jpg


そして今日は手抜きで・・

いつも立ち寄るスーパー(ゆめタウン) の惣菜コーナーに、大好きな "鯖の照り焼き弁当" が鎮座してたので迷わず即買い
この鯖が何とも美味しくて、これを初めて食べて以来ヤミつきになってるんですよね。(笑)



s-IMG_5433.jpg







さて、今回のミュージックは


比較的最近知ったギタリストの中で、その印象的なフレーズがとても心地よくていいな と思ったアーティストを一人ピックアップして紹介してみたいと思います。


201402061259155dc_20210213155317206.jpg


まずは1曲聴いていただいて・・


Jess Lewis 'Emotive Ballad' at JTCGuitar.com



"Less Lewis" はというと・・

17歳でイギリスのテクニカルギタリストフェス、Monkey Fest2011に出演し、YouTubeにUPしたその卓越したギタープレイが話題を呼び、一躍その名を世界に轟かせた人です。

その洗練されたサウンドは海外ギターサイトJamtrackcentral.comで名も知れている "Alex Hutchings" に大きく影響を受けたようなジャズアプローチが見え、ロック、メタル、ブルースなどのジャンルも香るオールラウンドなプレイスタイルが持ち味ですね。

ギターの歌わせ方のツボをよく知ってるというか 耳が肥えてるというか・・アプローチはジャズ的ですが そのフレーズはよどみなく滑らかでいて適度に歯切れよくて 何よりギターがよく歌ってます。
25歳の若手注目Female ギタリストです。


line


きのう(2月4日)は関東地方で 例年よりも15日も早く "春一番"が吹いたとのこと


これは嬉しいニュースです。 そうなるとここ山陰でも "春一番" が吹くのはもう時間の問題でしょう。

2~3日前の穏やかな天気でようやく春の気配を感じたと思ったら、またグッっと冷え込んで まだまだ冬がバトンを渡すまいと踏ん張る

"三寒四温" この時期の天気を実によく言い表した言葉だなって思います。

ただ、これは元々中国北東部や朝鮮半島におけることわざで、シベリア高気圧の勢力がほぼ7日の周期で強まったり弱まったりすることから言われるようになったようです。

冬がない国で暮らせたらいいだろうな なんて思ったりすることもありますが こうして季節の移り変わりがあるから四季折々の自然の装いや香り、雰囲気を五感で感じ取ることもできる・・
そう思うと、この日本という国で生まれ育ってきたことに感謝! って気持ちになります。

それにしても、1年の季節の中で "冬" がいちばん長く感じます。ワンズたちといっしょに、春の到来を心待ちにしているところです。


がやってきそうで、まだもう少し時間がかかる このじらしというか、今か今かと待ちわびる時間があるからこそ、春を迎えたよろこびも大きいんでしょうね。

"春" は今までその到来を待ちわびていた植物や動物たちにとっても、その輝く命を精一杯に表現できる季節

土の中で待ちわびていたカエルたちも、池の底で眠っていたフナたちも コオイムシも・・
その芳しい空気を思い切り吸い込むために、活動を始めてるかな?

ももPAPAが好きな草野心平さんの詩の中に "春のうた" という詩があります
今まで、土の中で春の到来を待ちわびていたカエルが、春を感じて地表に出てきたときを カエル目線でうたったほのぼのとした詩で この時期になると思い浮かびます。 


春のうた    草野心平

ほっ まぶしいな
ほっ うれしいな

みずは つるつる
がぜは そよそよ
ケルルン クック
ああいいにおいだ
ケルルン クック

ほっ いぬのふぐりがさいている。
ほっ おおきなくもがうごいてくる。

ケルルン クック
ケルルン クック



20110304140543d3c_20210205172722658.jpg




ももPAPA 春になったらいっぱい散歩しようね

s-IMG_0400_20110304135751_2021020517341879c.jpg


この時期になったら、散歩するのを楽しみにしていたチヨ坊
もっともっといっぱい散歩させてあげたかったです。





昨夜のメニューは
"ガーリック風味のステーキ" "備長マグロの刺身" そして "温玉きんぴら肉うどん" の3品でした☆
この中で、手作りは ステーキのみです



s-IMG_1684_202102051721377a6.jpg







今回のミュージックですが

ウエストコーストの爽やかな風の香りとともに 1972年にデビュー以来、名曲を数多く残し 今もなおその名が輝き続ける
 "EAGLES"    彼らの残した佳曲の中から この曲を

惹き込まれるイントロ  ドン・ヘンリーのハスキーでメロウなヴォーカルに絡む絶妙のハーモニー 要所で曲を引き締めるドン・フェルダーのメローでスタイリッシュなギター
初めてこの曲を聴いたときの衝撃は今も鮮烈にハートに刻まれています。



2011030421410667d_202102051739517f6.jpg



EAGLES - ONE OF THESE NIGHTS (LYRICS)



そして・・

なんと・・山下達郎のLIVE音源

それも、1999年2月11日の大阪フェスティバルホールのライブがほぼ丸々収録されている高音質な音源がYouTubeにアップされていて驚きました。
青山純(Drums)、伊藤広規(Electric Bass)のリズム隊でのLIVE音源ですが、いつまで聴けるかわかりません。


s-達郎


Tatsuro Yamashita - Live Osaka
line

今日 2月3日は立春


暦の上では春の始まり ということになるわけですが 1年で最も寒い時期で、春にはもう少し時間がかかりそうです。

例年、節分の前後あたりに寒波がやってくることがよくあるのでまだ油断はできません。

昨日はこの時期にしては割合暖かな日でした。
でも、夜になると気温はガクっと下がり、暖房はまだまだ欠かせません。

ファンヒーターは点火時と消火時の匂いが苦手なので、反射式の石油ストーブを併用して使っています。


昨夜は、長いものまろやかさと豚肉のジューシーな味が絶妙にブレンドされた "豚肉巻き長いものステーキ" にチャレンジしてみました。
合わせ調味料で絡めたその味がヤミツキになりそうです。
色どりに何か添えればよかったですね



s-IMG_1097_2016013111511578c_20210203175714338.jpg






米と野菜と肉を主な素材とした、アメリカ ニューオーリンズの庶民的な料理  "jambalaya"

他に、燻製ソーセージ(andouille)、玉ねぎ、ピーマン、セロリ、ニンジンといったものを入れ、ソーセージのほかにさらに豚肉や魚介類(海老やイカ)を入れる場合もあるようです。
ケイジャン風のジャンバラヤはルーで作るのに対して、クレオール風のジャンバラヤはトマトベースの味付け

その大まかな作り方は

1.米をざっと洗ってざるにあげ、水気を切っておく。

2.鍋に油を熱し、鶏肉とソーセージを炒めて取り出す。

3.同じ鍋にタマネギ、セロリ、ピーマンを入れ、塩、コショウ(唐辛子)を加え、中火でかき混ぜながらタマネ  ギが柔かくあめ色になるまで炒める。

4.ニンニク、トマト、タイム、タバスコを加え、さらに5分ほど炒める。鶏肉とソーセージを鍋に戻し白ワイン  を入れよく混ぜる。フタをして弱火で15分から20分煮込む。
 米を加えよく混ぜ、半透明になるまで炒める。
 ブイヨンをお湯で溶いたチキンスープを加えてよく混ぜる。
 炊き上がったらフタをしたまま10分ほど蒸らす。


一度だけ作ったことがありますが、むちゃくちゃ美味しくて、近いうちにまた作ってみたいって思っています♪


s-untitled_20190128223006040_20210203180325470.jpg




ジャンバラヤは見た目、スペインの "パエリア" によく似ています。
調べてみるとやはり、どうやら起源は その パエリアにあるようです。


s-2bc4798ea2db8f8cfba33d5310f9da2bb1da5288.jpg
 


ジャンバラヤ】とはどこの国の料理?パエリアとの違いもチェック!





今回のミュージックは、そんな ニューオーリンズの庶民的な料理  "jambalaya"   のことを歌った ハンク・ウイリアムス のナンバーの カーペンターズによるカバーをピックアップしてみました♪



s-Carpenters-The_20190128231129e72_202102031809479fa.jpg


The Carpenters - Jambalaya (On The Bayou) • TopPop
line


昨夜から今日にかけて風速20メートルを超える強風に乗って横殴りの雪がフロントガラスを叩く中 気合いを入れて買い出しに出掛けてきました。


帰る途中、いつも通る橋の入り口の温度計は-2℃を表示していました。


節分を前にして やはり寒波が戻ってきました。


s-ホワイトアウト


日本海側で30m以上の強風も ホワイトアウトに警戒を


ただ、今回の寒気はそれほど長居はせず、明日30日には西日本では冬型の気圧配置が弱まって日本海側でも日差しが戻ることから、寒さは早々に和らぐ見込みとのことでホっとしているところです。

北陸 東北 北海道地方にお住いの皆様 十分お気を付けください。





待ち望んだ対戦カード

これまで この二人の対戦が待たれていましたが、どうやらついに実現の方向へと向かうことが決まったようです。

これは素晴らしいことですね。 今 いちばん対戦の実現を望んでいたカードで期待が否が応でも高まります。



s-1111.jpg


武尊vs那須川天心「夢の対決」が6月東京ドームで実現へ!


タケル(武尊)は山陰出身の選手ということで彼を応援したいし、また天心も応援したい思いもありますが、勝敗は全く予想がつきません。
望むのは、両者とも当日ベストなコンディションで、それぞれ全力を出して挑んでほしい それだけです。



武尊 vs 那須川天心





心がホッコリする動画を見つけ、ブログに掲載させて頂きました。
こうして見ると、狐もワンコととてもよく似てるな~ って感じます。


狐というと、あの 新見南吉さんの "手ぶくろを買いに" というお話を思い出すんですが、子ぎつね ほんとに可愛いです。


4323038879_20110418143035_op1.jpg




s-保護された狐の子


救われたキツネは30日で変わりました






さて、今回は ドラムスとのコンビネーションによるスーパーなベースプレイをひとつピックアップしてみました。


20190101175252cf4_20210129164741a98.jpg


MAD BASS SKILLS !
line


きのうは朝から1日雨  まるで梅雨どきのような シトシトジメジメっていう感じで降り続き、買い出しがおっくうでしたが気合いを入れて街まで買い出しに行ってきました。



今回初めてマイナンバーカードとスマホ(iPhone)を使い、e-Taxで確定申告を済ませました。
何事も初めてすることってわからないこともあり、少々手間どいましたが、作業自体は数分で完了しました。

ひとつ あれ?って思ったのは、前回 市の担当者がe-Taxを使って行ったデータの控えにあった利用者識別番号が、今回データを送信した際に違う番号になっていたこと

税務署に確認すると、おそらく今回初めてマンナンバーを使って申告したことで新たに識別番号が付与されたのだと思います。
とのことでした。
やる前はちょっと抵抗がありましたが、やってみると何のことはない 10分もかからないうちにできちゃいました。


s-スマホ申告


スマホ申告(マイナンバーカード方式でのe-Tax送信方法)




裏庭のツツジ
毎年この時期に1輪だけ咲きます。 そして落ちたらまた1輪・・つぼみはいくつか膨らんでいます



s-IMG_5417.jpg



今日も コレ(ダシがうまいチャンコ鍋) を調達
これとソバメシ納豆ご飯で 芋ハイで一杯やろうと企んでます(笑)


s-IMG_5424.jpg



昨夜のメニューは、"ツナと人参・ごぼうの炊き込みご飯" "肉うどん" "水菜とツナの和風サラダ"
肉うどんに入れるネギを切らしてて、代わりに水菜を → うどんに水菜って変ですよね;^^
でもけっこういけました♪
そして、炊き込みご飯に入れる"しめじ"も切れてて代わりにごぼうを・・これもOKな味でした☆


s-IMG_1746_202101271759222e2.jpg




ついに昇段です!  4段から5段  けっこう時間かかりました。


画像をクリックすると拡大表示されます。

やったぜ






ジョン・メイヤー(John Clayton Mayer)
 

現在、世界が注目するギタリスト&シンガーソングライターとして活躍中の彼ですが、初めてその名前を知ったとき、 ん? どこかで聞いたような・・
と色々過去の記憶をたぐってみると ジョン・メイオールでした。

彼も、"John Mayall & The Bluesbreakers" でクラプトンらとブルースを主体とした楽曲作りをしてきた人で、ブルースをプレイの基盤としているという点では、二人に共通点は見い出せるわけですが・・

ジョン・メイヤーについて Wikiにとんで見ると、

8才のときに、映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』で、チャック・ベリーの「ジョニー・B.グッド」をマイケル・J・フォックスが演奏しているのを見てギターに興味を持つようになる。そして、13才のときに父親からギターを貸してもらい、近所の人からスティーヴィー・レイ・ヴォーンのアルバムが含まれるカセットをもらってブルースに夢中になり、大好きなスティーヴィー・レイ・ヴォーンに加え、ジミ・ヘンドリックスやスティングも聞くようになる。

2001年に、コロムビアレコードから"Room For Squares"を発表し、メジャー・デビュー
2004年には "Daughters"でグラミー賞の主要4部門の1つ、最優秀楽曲賞(Song of the Year)を受賞
2005年4月にフェンダー社よりシグネイチャー・モデルのストラトキャスターを発表。同年、ジョン・メイヤー・トリオを結成、活動を開始

若手ながらすでにエリック・クラプトンやバディ・ガイ、B.B.キングなどの大御所ブルース・ギタリストとの競演を果たし、米Rolling Stone誌の2007年2月号ではジョン・フルシアンテ、デレク・トラックスと共に「現代の三大ギタリスト(The New Guitar Gods)」に選定されている。

とのこと

実際に聴いて見ると、サムピッキングを生かしたブルースフィーリング溢れるギターフレーズがヴォーカルに絡んでいく様はなかなか魅力的なものです。



s-JohnMayer_20210127181025727.jpg


John Mayer - Bold As Love (HD)
line
line

line
プロフィール

ももPAPA

Author:ももPAPA
ももPAPAのブログへようこそ
写真はチヨ(チワワ&ヨーキー)です。




おきてがみ 設置しました
ポチっとしていただければ、のちほど必ずうかがいます

おきてがみ


初めまして

ももPAPAと申します。


1953年生まれの獅子座(乙女座に近い獅子座です)

さすがに体力の低下は否めませんが、気持ちはまだまだ20代のつもりです。

血液型 O型

年はとっても気持ちは若く、ハートは熱いです。

大らかな面と、これは! とこだわる面もあって 部屋が散らかっていると気になって1日に2回は掃除をしています。
(ワンコの毛が舞い落ちることもあって そうしています。)

もともと好きだったことと自分の健康維持も兼ねて、4年ほど前にワンコを迎え、毎日元気と癒しを分けてもらっています。

"成せばなる 成さねばならぬ 何事も!"

"自分を信じ、未来を見据え、ブレない心で取り組めば、結果は必ずついてくる"
ももPAPAのモットーです。

line
最近の記事
line
最近のコメント
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
アクセスカウンター
line
sub_line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
sub_line